2017年6月20日 (火)

2017年全英オープン最終日 (エリンヒルズGC)

Bu170619_2

結局朝早めに起きて、最終日を見てしまった。
優勝争いを見ながら、全英オープンと同じ様なコースなのに何故最近の全米オープンは「大味」な感じがするんだろうかと考えていた。
自分なりの結論は、「難度を上げる為にコースの距離を伸ばし過ぎたため」。
距離だけがやたらに長くなって行くため、最近は高さと飛距離の出る「ビッグボール」を打てないとスコアが出難くなってしまった。
全米オープンでは、出場選手のほぼ全員がビッグボールを打ってコース攻略をする。
それが上手く打てた者程好スコアを出す。
面白いのは、全英オープンでもビッグボールを打つ選手が多くなっているが、全英オープンでは全米オープン程ビッグボールを打つ選手が上位に来ない。
この理由は、自分はコース設計に違いがあるから、と考える。
最近の全米オープンは全英オープンのコースの様なリンクス風コースが多いが、アメリカの「リンクス風」コースは全て「コース設計家」が考えて人工的に造成したもの。
地形はそのままでも、バンカーやハザードは設計家が考えて配置する。
その設計家の頭の中にあった「ハザード」や「罠」や「攻略ルート」が、今の選手の体力と道具の進歩に対応出来なくなってしまっているのだと思う。
全てのハザードやらトラブルやらが、ビッグボールに寄って意味を無くすようになって来ているのだ。
つまり「人の頭」で考えたコースは、道具やゴルファーの速い進歩に対応出来ない、と。
それに比べて全英オープンのコースと言うのは、「神に寄って作られた」と言われるように元からあった穴がバンカーになり、生えていた草がラフになり、吹く強風がハザードになった。
だから、とんでもない所に想像を絶するバンカーがあったり、傾斜が不公平にあったり...それらを「神が創った」として、コースに存在している。
天気が特別良ければ別だが、そんなイギリスの荒涼とした荒れ地に造られたコースは、不公平過ぎてまだまだ人と道具の進歩が作りだしたただのビッグボールでは対抗出来ない。
そのイギリスの不公平感満載の荒れ地のコースに比べると、所詮アメリカのリンクス風コースは豊かな土地に作られた(非常にフェアな)リンクスモドキの偽コースなんだと感じられる。
それは置いといて、優勝はケプカ...飛ぶしパットが上手いし、安定感は一番だった。
松山とファウラーは惜しかったが、二人とも調子が一日おきの波になっていたのが残念...ファウラーは1日目と3日目が良くて2日目と4日目が悪かったし、松山はその逆。
まあ、4日とも良ければこの辺のクラスのゴルファーは何時でも優勝出来るんだろうけれど。
レフティーのハーマンはよく振れていた...が、最後に曲った。
それにしても、予選落ちしたD・ジョンソンは、マスターズが前日に階段から落ちて腰を痛めたとか、今回はコースに着くのが遅れて練習出来なかったとか...モテ過ぎや色々と悪い噂が多いので、これからどうなる事か。
マキロイやデイや、スコットやワトソン...世界ランク上位が殆ど予選落ちとなったのは、一体何が原因か?
次は7月に全英オープン、もうゴルフシーズンは終わりに近い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年全米オープン3日目(エリンヒルズGC)

Bu170618

昨日は眠くてテレビを見なかった。
どうもメジャーの試合にしても、「テレビで見よう」と言う事に情熱が自分の中から無くなっているらしい。
3日目の結果も、朝になってからほんの終わりの方を見たくらい。
...「ゴルフは見るよりやる方が百倍面白い」と言う気持ちが年々強くなって来る。
まあ、600yを越えるパー5や500以上のパー4が普通のコースなんて、正直「馬鹿げてる」と言う気持ちだし、「プロこそボールを規制してこんな馬鹿げた飛距離競争なんてやめるべきだ」と言う考えが強くなって来て、メジャーとは言え優勝争いに殆ど感情移入出来ないからなんだろう。
295yの打ち上げをフェアウェイから2オンだと?
それでも3日目が終わって上位に居るのが、皆メジャーを獲った事の無い若手ばかりと言うのは面白い。
特に1位に居るのが170センチも無い様な「レフティの天才」と言われるB・ハーマンなのがいい。
なにしろ平均飛距離が288・2Yで120位、パーオン率64・24%で128位...つまり「飛ばない・乗らない」けれど粘ってまとめるタイプと言う事だ。
しかし、その他の連中はいずれも600Y越えのパー5を2オン出来る飛ばし屋ばかりなので、4日目にどうなるかは全く判らない。
もちろん応援するならハーマンだけど...あまり気合いが乗らないなあ。
松山は本当のパット次第...ただ、「パット次第」でビッグスコアが出る可能性がある様なショットを続けているのは大したものだ。
ゴルフブームやゴルフ熱と言うものが、「普通の人々」からはすっかり去って行ったように思える。
それは、現実に体感したゴルフの自分の飛距離...「ゴルフボールってあんなに飛ぶのか!」と言う感動や驚きが、世界のトップツアーのプロ達と違い過ぎて「あんなゴルフが現実なら自分の感動なんて馬鹿らしいものだったんだ」なんて、失望したんじゃないだろうか。
手の届きそうな先にある「素晴らしいショット」じゃなくて、「馬鹿げた異次元の飛距離」はゴルフと言うスポーツに「やってもしょうがない」と言う絶望感を生む気がする。
さて、明日は最終日...あまり見ようと言う気が起きないなあ...

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年全米オープン 1日目(エリンヒルズGC)

Bu170616_2

2017年のメジャー第2戦、全米オープンがエリンヒルズGCで始まった。
日本からは6人が出場しているが、国内でのこのメジャーに対する盛り上がりは...殆ど感じられない。
マスターズや全英オープンに比べても今一つと言う所。
会場の光景は、テレビで見る限り「これって、全英オープン?」と感じさせるくらい、英国のリンクス風。
ただ、やっぱり距離が我々の感覚で言うと「馬鹿げてる」もので、パー4で500yとかパー5で600y以上と言うのが当たり前に出て来る。
ドライバーでの300yショットは平均以下で、270yをアイアンとか...
だからといって100yちょっとがビシにシピンに絡む訳でもないのがおかしいが、「自分のゴルフの参考に」なんて思うところが全く無い。
その感じは、やはり車のF1を見ていて「凄いなあ」とは思っても「自分とは関係ネエな」と感じる部分と共通している。
個人的に応援しているプロがいれば「がんばれ」とは言うが、所詮「サーカス」。
「さて、こんなの見ているより自分でゴルフの練習した方が面白いや」と感じるゴルファーの方が多いだろう。
ラフの凄さや自然との戦いなら本家の「全英オープン」の方が面白いし、あっちは「夏の終わり」感や、「ゴルフシーズンの終わり」感があってしんみり楽しめる。
以前は「パープレーが優勝」というのが全米オープンの売りだったけれど、今回これだけ距離があっても初日トップが7アンダー...他にアンダーの選手が44人もいる。
今の道具の進歩と選手のアスリート化に、主催者側がもう対応し切れないのかな。
それでも、D・ジョンソンが3オーバーで102位タイ、B・ワトソンも同じ、J・デイが7オーバーで151位、マキロイが6オーバーで143位と、実力者が下位の方に居るのだから、別に易しい訳ではないんだろう。
松山や、「藍ちゃんの兄貴」や谷原・池田も健闘している。
とりあえずは2日目のカットライン通過だ。
まだ自分の気分も特に盛り上がっていないが、3日目になる頃には多分面白くなるだろう、と期待している。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

丁度手術1ヶ月後の宴会

Bu170615

5月15日のカテーテルアブレーション手術から丁度1か月。
そろそろ軽い宴会なら良いか、と昨夜はY氏との復活祝いの飲み会。
N先生の言葉によると、手術の成果が完全に出るのには3ヶ月かかるということなので、1ヶ月後にどのくらい飲めるのかは自分でも具合を見ながらの試し飲みと言う所。
今の心臓の調子と言えば、歩きはじめに少し「息切れ」をする様な感じがあり、しばらくは「ゼイゼイ」と言う感じの呼吸になる。
歩くリズムに体が慣れて来るとこれは収まって行くけれど、何となく心臓が苦しい様な感覚は残る。
それでも、5〜6千歩歩くくらいでは脈は全く乱れない。
今の所、普通の生活では脈の「飛び」や「乱れ」は出ていない。
晩酌は350mlの缶ビールを1本くらい飲むようになったが、この影響はまだ何も無い。
そこで昨日は、退院後初の「居酒屋飲み」。
生ビールや日本酒の冷やで脈に影響が出るかをチェックするつもりで飲んでみた。
飲み相手のY氏とは長い付き合いで、裏や表のゴルフ話は尽きる事が無く、仕事の突っ込んだ話も含めて楽しい酒になった。
日本酒で心臓に影響が出るかは少し心配だったが、まあこのくらいでは全く乱れる事はなく、安心と自信がだんだん強くなって来る(笑)。
〆のラーメン迄含めて、結論は...全く問題無し。
もう少し量を飲んでも大丈夫だろう。
凄く順調に回復しているんだろうと感じる。
と言う事で、今週と来週以降にはもう複数の飲み約束。
この分では、徐々に徐々に体を慣らして行けば、多分2ヶ月くらいで完全復活するんではなかろうか。
これからはゴルフの予定も含めて、仕事も遊びも予定より早く通常営業になりそうだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本当に欲しいのは...

Bu170614_3

やっとお金を貯めたとき、やっと本当に欲しい車を手に入れる事が出来るという時、選ぶ車にその男の生き方が現れて来ると言う。
定年になってまとまった金が入って、家族の為ではなく自分の為に欲しい車を手に入れる事が出来る時、フェアレディZとかスカイライン系のスポーツカーを買った人間を何人か見た。
恥ずかしそうに、でも誇らしげに「昔乗りたかった車」に乗り込む姿は、やっと長い間欲しかったオモチャを手に入れた子供の様で、「男ってのは...」なんて思わず笑ってしまう。
もちろん若いうちから外車のスポーツカーを乗り回す人達も、それはそう言う生き方を出来る人達なので「あり」だろう。
いけないのは「家族の都合」や「経済的な理由」が無いのに、無難なファミリーカーを選ぶ男(これは非難を覚悟の「暴言」です)。
奥さんや娘が頻繁に使うため、「運転がしやすく安全な車」として選ぶならそれはしょうがない。
しかし、「たまに家族を乗せるけれども殆どは自分が運転する」なんて立場の男が、ただ安いだけで無難だと言うだけで、あるいは沢山売れているから、と言う理由で車を選んではいけない。
車を買うと言う事はかなり高額な買い物をすると言う事...そういう場合は少しでもその男の美学なり信条なりが投影されたものを買うべきだろう。
ずっと以前、中古の箱形・パワーアシスト全然無しのランクルBJ44に乗っていた頃、打ち合わせで会った編集者に「初めてお会いするのに、クリエイターであるあなたがファミリアやカローラに乗っていなくて安心しました」「車って高い買い物なので乗る人が判ります」「このランクルにはあなたの生き方や美学が現れています」と言われた事が忘れられない。
自分ではランクルのBJが好きで乗りたくて乗っていただけだが、車に乗ると言う事はそう言う見方をされるものなのかと強く印象に残った。
今、多分人生で最後に乗る車を選ぶにあたって、多くの中高年の男が本音で自分の好きな車に乗ろうとしている(その年で車が買える人達は恵まれた人生の人達なんだろうけど)。
そして、その選ぶ車が二通りに別れているのが面白い。
一つは、そのスポーツカーのように「昔乗りたくて乗れなかった憧れの車」。
そしてもう一つが「ゆったりとしたワンボックスやキャンピングカー」。
これはどう言う人達なのか考えていると、最近道の駅で車中泊している沢山の同年輩の男達が思い浮かぶ。
軽のワンボックスや普通のワンボックスを自分で、快適な眠りを得られるように改造している男達。
キャンピングカーでなくても、自作のベッドや生活のしやすい設備を自分で作っていて、その車で旅をしている。
残念ながらそう言う男達の殆どが夫婦ではなく男一人の旅をしている所を見ると、こんなスタイルの車に乗る事が決して家庭的だとか家族優先と言う訳ではないのが判る。
つまり、男の好みだけで「人生最後の車」を買う時には、「スピードと運転する快感を大事とする男」と「流れて行く旅を楽しむ男」に分かれると俺は感じている。
...面白い。
俺の乗っている2代目のキャンピングカーも、もう10年を軽く越えているし小さく狭く車内の余裕が無いので、もう少しゆったりとした車に買い替えたい。
例えば海辺や山や林の中で、ゆっくりと珈琲を飲む空間が欲しい。
ただ、今の稼ぎではとても買い替える余裕は無いので、ロトが当たるのを待つばかり(笑)。
今の若い人達は、経済的事情で車どころか運転免許も持たない人が増えていると言うので、こんな話も関係ないんだろうけど...。
さて、人生最後の車を買うとしたら、貴男はどっちを選ぶんだろう?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«娘の結婚