2017年3月25日 (土)

ジャパンゴルフフェアで

Bu170325


「ジャパンゴルフフェア」なるものが毎年開かれているのはもちろん知っているけど、毎年色々な能書きで売り出される「新製品」と言うものに興味が無くなってからずいぶんな時間が経つ。
所詮、ボールが同じならヒッコリーもパーシモンもチタンも、殆ど飛距離に変わりはないという事を知ってから、「旧製品より飛ぶ」なんて言葉は信じないし「画期的」な新製品にも興味は動かない。

それにも増して、「人混み」が嫌いなので「OOフェア」なんてモノには全く「行く気」が起きなかったのが...今年はWT54さんの縁で「と阿玉」さんのゴルフ殿堂入りの話に興味を持ってしまったため、彼女の殿堂入りの表彰式の確認をする為に初めてジャパンゴルフフェアに行く事にした。

会場に行って授賞式に立ち会ってみると、もうそこに来ている記者やカメラマン達に知った顔が全くいない事が寂しい。
そう、もし20年前なら雑誌や新聞に編集者や、カメラマン達に知った顔が沢山いたはずなんだけど、もう既にそういう人たちは皆退職していなくなってしまったというのが現実だ。

一応授賞式を見届けて、この業界に関わった一日本人としての「責任」みたいなものを肩から下ろして、港見物でもしながら帰ろうとすると...夢の北海道移住を現実のものとして、MOIマッチングで活躍中のファルコン松原氏と再会。
一緒に「二足のワラジスト」としてプロゴルファーと塗装業の責任者との2足を履き続けているH田氏と、「MOIの神」と呼ばれ、私も黒トップとミズノをマッチングしてもらったK川氏と、更にファルコン氏の弟子という方とで数時間ゴルフ話をする事に。
色々な方向からのゴルフ話は、話が尽きなくてつい長い時間になってしまった。

やっと腰を上げて帰ろうとした時、後ろから私の名前を呼ぶ声が...
振り返ると、そこには私の人生の恩人とも言えるS氏の姿。
少し年上の彼と会うのは、ほぼ15年振りだった。
彼はまだ私がイラストレーターとして仕事を始めた20代前半に知り合い、フリーとなって雑誌のイラストを描いていた頃...30代半ばで「山と渓谷」のイラストを描いていた時に新橋でバッタリ再会した。
そのとき彼は週刊ゴルフダイジェストの編集をしていて、まだゴルフに全く関わった事も無い私に「ゴルフのイラストを描いてみない?」と、無理矢理仕事をくれた人なのだ。
全くゴルフを知らない私に、「描けば判るから」と。
もちろんゴルフがそんなに簡単なものじゃなかったけれど、結局その時から始めたゴルフとの付き合いが仕事も遊びも、その後30年以上...人生迄にもこんなに影響する事になるとは思わなかった。
彼が殆ど無理矢理私に仕事をさせなかったら(実際最初はゴルフのイラストなんて嫌々描いていた)、自分の人生がどうなっていたのか想像もつかない。

S氏は若い頃は超絶のハンサムな男で、優しくユーモアがあって、女から持てる男の典型だった...が、本人に全くその自覚もその気もなかったのが不思議だった(もちろんゲイでもなかったのに)。
個展を通してうちの奥さんも彼の大ファンになり、当時独身だったうちの奥さんの妹が彼を「漫画のアポロンみたい・・・」と見とれていたのが記憶に残る。
ただ、酒を飲み過ぎる傾向があったので、体を壊してしまうのではと心配していた。
ダイジェストの仕事をしなくなってから、付き合いが遠ざかり、そのうちに彼も定年退職で会社からいなくなり、連絡のつけようが無くなって時間だけが過ぎていた。

「恩も返せずに...」と、ずっと気にかかっていた事だったので、奇跡的に再会出来て良かった...彼も退職してからはゴルフフェアに来たのは数年振りとか。

私はゴルフフェアは初めてだったんだから、きっとこれもゴルフの女神のご褒美だったんだろう。
いい一日だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月23日 (木)

それなりに

Bu170323


「球春」とでも言うんだろう。
風は冷たくなくなり、晴れの日が多く、地面が凍る事も池が凍る事も無くなった。
(そのかわりに花粉はそこら中に飛び回っているけれど)

不整脈はすっかり平常になったが、酒を飲んだり寝不足が有るとちょっと不安が残る。
まだ今年は3ラウンド、不整脈の為にまともにゴルフが出来ていない。

...さて、改めて今年のゴルフの仕切り直しだ。
ただ、5月が過ぎなきゃ今年のゴルフのスタイルは決められない。
ずっと10年以上悩まされて来た不整脈の不安が無くなった時に、オレは「ジジーの(くせにの)パワーゴルフ」に復帰したがるのか、「ヒッコリーに糸巻きボール」の「時代錯誤」変態ゴルフを楽しむ事に専念するのか、「その季節・その天気・その気分」で旅をしながらゴルフスタイルを自由自在に変えて楽しむのか...まあ、それはその時の楽しみだけど。。

それで、それ迄の時間にラウンドしていいものかどうか?
練習に行って打ってみるのか、スイングを変えてみようと考えてみるか...

本当はこういう気分の時はヒッコリークラブを打ってみたいんだけど、既に100年前後の時間を越えて来た古いクラブは、1球打てば打つだけその寿命は縮まり、必ず来る「シャフトが折れる時」までの時間が少なくなるので、敢えてボールを打つ練習はしない。
長い時を越えて来たクラブの命を、練習場なんかの練習ショットで終わらせたくないので。

クラブに関しては、何故か新しいギアには興味が無くなってしまって、パンチショットとハーフショットを磨いてみたいとか、ロングアイアンでゴロを打つゴルフで遊んでみるか、とか今迄と違うゴルフを試して遊んでみたい気持ちが強い。

これがオレの今年の「ジジーのゴルフ」かなあ...

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月21日 (火)

手術日が決まりました!

Bu170321


今日、今後のスケジュールが決まりました。
D医大病院のN先生にお会いして、不整脈治療についての今後の方針が決まりました。
N先生は実に落ち着いた物腰の柔らかい紳士で、偉ぶったり肩肘の張った所の無い方で、話をした瞬間にこの先生に任せる事を決めました。

フリーの仕事で40数年を生きて来た中で、こうした出会いの瞬間に信じるかどうかを判断し続けて来て「今」が有る訳で、嫌な感じがしたら任せる事が出来ない判断もあり得ました。
なんたって、自分の命を任せる訳ですからその直感には命をかけてました。



この不整脈というもの、「発作性」のうちは1週間で収まって「何があったの?」という感じになり、ついそのままにしがちですが...「発作性」の不整脈を何度も繰り返すと、それがだんだん「持続性」になってしまって手術をしても完治率が下がってしまうとか...
以前の私と同じように「脈が飛ぶ」程度の不整脈であっても、より悪化する前にこのカテーテル手術をするという選択肢も考えた方がいいと言う事、頭に入れておいた方がいい。

他に先生からのお話の中で、「血圧が高い事」は再発する確率が上がるので生活を改善する事...具体的には塩分控えめの食事をする事・酒を飲み過ぎない事に注意。
これは耳が痛い事だった。
毎日仕事が一段落した午前零時頃から、缶酎ハイ2本と結構多めの摘みでの晩酌をしている事が、この「塩分多め」と「高血圧」に影響している事は明らか。
以前は日本酒に珍味で一杯だったから、もっと心臓に悪い事を長年して来た訳だ。

反省、反省。
もっと長くゴルフと自然と旅を楽しむ為には、今は我慢して節制摂生。
そんなオレの生活を見直す切っ掛けとして、この不整脈は意味があったと思いたい。

世の中の不整脈をお持ちのご同輩、私の経験がその方々の参考になるように、これから折々その経過を記しておきます。

まずは5月13日入院の15日手術です。
(その前に検査あり)
入院生活は初めてなので、さてどうなりますか...
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月20日 (月)

で、次は何時?

Bu170320


「なに? 不整脈?」
「それは困る、酒飲みたいし、ゴルフもしなくちゃ」
と言っていたダッファさんが、
「私、脳から出血しました。」
で入院だと。

幸い三日でチューブも取れ、大した影響も残らずに退院準備中だそうだけど。
最近の話題はそんな事ばかり。
...そんな年になったんだなあ、ご同輩。

もっと若い仲間だって、あっちじゃ重度の肺炎、こっちじゃ酷いギックリ腰、あるいは酷い脂肪肝、あるいは動けない程の痛風だとか、目が見えねーよーの白内障、とか...
もう、会えば病気自慢の痛み自慢、みんな病気の博覧会にイテーイタイの大安売りだ。

そりゃー昔の若い頃、「カネーはねーけど、体だけは」の時代は、最後の拠り所は体力勝負の肉弾戦だったけど...怪我も病気もすぐに良くなった。
そんな時代はもうすっかり遠くなっちまったって訳だ。
理屈じゃ判ってるんだけど、頭ん中はあんな時代と大して変わっちゃいないから、ついつい無理してしまうんだよな。

心臓に脳に、肝臓に肺に、血圧に中性脂肪にコレステロールに血糖値、おまけに尿酸値
までまともな数値が少なくなれば、そりゃあ病気にもなるだろう。
でも、実はこっそりとカロリー制限始めてみたり、酒の量を減らしてみたり、むやみに歩いたり走ったり、気にしていたんだよな。

それでも結構大きな病気が表に出れば、このままじゃあイカンとかなり真面目に本気になって、生活改善に向かう気にはなるもんだ。


「で、今度は何時飲もう?」
「次のラウンドは何時にする?」

...真面目に治そうぜ、ご同輩。
今迄のままじゃダメだって、お互いに「ゴルフの女神さんに怒られた」って訳なんだから。
ここんところは、まずは「ゴルフが出来る体」に戻そう。


そして
「次は、何時にする?」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月17日 (金)

花粉はあるし、不安もあるけど

Bu170317


不整脈はすっかり落ち着いた。
7日から1週間は血圧計で測っても殆どが「エラー」になるほど出鱈目だった脈が、今日は「そんな事あった?」なんて感じで落ち着いている。
血圧は134ー80、脈拍は59(起床時)といたって正常。
この1週間脈が90を切らず、全くリズムも出鱈目に乱れまくって130から120もあった事など嘘のようだ。

でも正直、ちょっと同じ姿勢をとる時間が長かったり、つい激しく動いた後などには心臓の辺りに違和感が残る。
特にその辺の不安を感じると一層おかしくなるので、そういう事はなるべく考えない様にしている。

温かくなって来た。
窓を開けると花粉のくしゃみが続くので、まだまだ花粉は沢山飛んでいると感じるが...すっかりもうゴルフシーズンだ。

スコアなんてつけずに、短めでちょっとトリッキーなコースを、ヒッコリークラブの7分ショットでのんびりラウンドしてみたい。
もちろんボールは糸巻きのスモールボールで。
これからの桜の季節などは、そうしたゴルフで桜吹雪の中を遊ぶのは実に楽しい事だろう。
飛距離が圧倒的に出なくても、純粋に「球を打つ」楽しみは今の現代兵器より昔の時代の方があったんじゃないか?....というのはひょっとしてジジーのノスタルジーって奴かな。

散歩の途中で見かける、ご老人方の「グランドゴルフ」は笑いに満ちて実に楽しそうだ。
もうすっかり見かけなくなった「ゲートボール」の雰囲気よりずっと空気は明るい。

でも、オレにはあれはまだ早い(笑)。
来週予定が決まったら、春のゴルフ散歩を楽しみに今年の遊び道具を磨いておくつもり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«やっと収まったみたい