« 忘れられないプロゴルファー24「ペイン・スチュアート」 (2009年1月27日) | トップページ | 我が友、年下のゴルファーに (2009年1月31日) »

2011年1月17日 (月)

カラーボールKIRA、使ってみた (2009年1月30日)

Bu090130


なんか評判のいい、キャスコのカラーボール「KIRA].
うちの奥さん用に買ってみたんだけど、「ボールを無くさない」以外に、「結構飛ぶ」とか、「意外に止まるよ」とか、「冬にはいいよ」なんて感想が男の間からも聞こえてきた。

じゃあ、使ってみなくちゃ、というわけでスプリングフィールズで使ってみた。

もう一種類,キャロウェイの「ヘックスツアー」を使って比較。
まず、感触。
これがいちばん違うところ。
ヘックスツアーが「ガシッ」という印象に対して、「ボンッ」という感じ。
はじめはドライバーで「軽い!」と感じたが、アイアンで打ってみると「柔らかいなりに重さも感じる」。
でも、ヘックスツアーと交互に使うと、その柔らかさのためにティーショットでは余計な力が入ることが多かった。
KIRAだけ使って入ればそんなことは無いだろうと思うんだけど。

ロングアイアンでは、手に来る感触はKIRAはかなり柔らかく、冬の寒い季節でも当たり損ねて手が痛い、なんて事にはなりにくい。
ショートアイアンでは、やはりスピンで戻る、という感じはなく、高さで止まる、という感じ。
問題はアプローチ。
かなり綺麗に入ったボールでも、スピンでブレーキがかかるということは、あまりなかった(あくまでも俺の技術では)。
同じ打ち方で、ヘックスツアーの方はきちんと2バウンド目にブレーキがかかった。

ただ、スプリングフィールズはグリーンが「速くて」良い状態だったけど、他の「遅い」グリーンのコースで苦労している人なら、転がしのアプローチには向いているし易しいと思う。

パットは、好みの問題だろうと思うけど、タッチが柔らかすぎて、自分では距離感が出しづらい気がした。
そして、このボールは池や崖の向こうに消えない限り、絶対になくならない。
200ヤード以上離れていても、浮き上がって見える!

これ、冬のゴルフに最適なんじゃないだろうか?
凍ったグリーンにスピンなんて関係ないし、転がしではクセもなく言うことを聞く。
ミスヒットしても手に易しいし、飛距離はそんなに変わらないと思う(特に飛ぶわけでも、飛ばないわけでもない)..,つまり、ヘックスツアーと同じってこと。
アプローチで低く出してギュッと止める! なんて事を考えている人以外には、冬のゴルフに絶対のお勧め(大叩きが得意の私の感想です)。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「見えやすい...ッて
ゴルフを「楽しく」するにはもってこいですね
ブラインドホールでラフ方向に行ったら気が気でないですもん
でも、頭が固いボクは使うかなぁ...
Posted by:Shu at 2009年01月30日(金) 14:44

Shuさん、こんにちは。
本当に良く見えますよ。
他社のカラーボールとは、決定的に違いますね(私が使ったのは黄色でしたが)。
冬の寒い、凍えたゴルフをしなくてはいけない場合は、これしかないでしょう。
実に感触が柔らかいです。
ただ、フェードを掛けたり、フックを掛けたりしようとすると、なかなか思うように曲がってくれません。
(曲がらない、という意味では良いのかも)
私は2月はラウンドするつもりはありませんが、どうしてもやらなければならない人は、なかなか面白いので是非試してみるてください。
楽しめます。
Posted by:大叩き男 at 2009年01月30日(金) 17:22

どうも!
あのスピンのほどけ方を見てると、私のアプローチではちょっと使いづらいなぁ、と思いました。
大叩き男さんのパワーだと、ボールが軽くないですか?
Posted by:ひろみろ at 2009年01月31日(土) 11:4

ひろみろさん、こんにちは。
ちょっと軽いですねえ。
スピンも掛けようとしない方がいいですね。
まあ、このボールは「冬季限定」でお勧めかと。
Posted by:大叩き男 at 2009年01月31日(土) 12:06 」

|

« 忘れられないプロゴルファー24「ペイン・スチュアート」 (2009年1月27日) | トップページ | 我が友、年下のゴルファーに (2009年1月31日) »

道具で上手くなれるなら」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1457285/38505637

この記事へのトラックバック一覧です: カラーボールKIRA、使ってみた (2009年1月30日):

« 忘れられないプロゴルファー24「ペイン・スチュアート」 (2009年1月27日) | トップページ | 我が友、年下のゴルファーに (2009年1月31日) »