« 08全米オープン2日目  (2008年6月14日) | トップページ | 08全米オープン4日目  (2008年6月16日) »

2011年1月15日 (土)

08全米オープン3日目  (2008年6月15日)

Bu80615_2


朝からのテレビ中継を見ていた。
この放送は、試合の経過よりタイガー・ウッズの事ばかり映している。
解説者もプロもアナウンサーも、みんなタイガー・ウッズの崇拝者のようだ。
....
俺はタイガーウッズが好きじゃない。
ゴルフアスリートとしては、ものすごい男だということは認める。
ゴルフ史を塗り替えるゴルファーであるということも認める。
才能、能力、努力、いずれも素晴らしい。

だけど、俺はあのガッツポーズ、というより「やった!」というときのあの馬鹿騒ぎが大っ嫌い。
今日の13番のイーグルパット、「おお!」「入れたか!」と見ていて感心したとたんに、なんだあの騒ぎは!
吼える、叫ぶ、踊る、走る、何度も繰り返すあのポーズ。
あんな時こそ、にやっと笑ってウィンクでもした方がかっこいいと思うんだが...
いままでの「偉大」といわれたゴルファーは、そんなときこそ淡々と「こんなこと、俺には何でもないことさ」なんて顔して平然としていなかったか?
と、書いていて、以前チップインバーディーで優勝を決めたワトソンが走り回ったことや、ヘイル・アーウィンが走り回って観客とハイタッチしまくった姿を思い出したけど、あれは最後の最後のことじゃなかったか?
俺はゴルフって、一緒に回っているゴルファーのことを考えたり、感情を表に出しすぎることはゴルファーらしくないことだって教わってきた(自分でそれが出来ているとはとても思えないけど)。
だからこそ、「今世界で一番強い」なんてゴルファーにはあの姿は見苦しい、と感じてしまう。
ま、こんな意見は少数派であると思うんだけれどね...今の世の中はあれこそが格好良い、という人が多いんだろうなあ

「こんにちは、初めてお邪魔させて頂きました。
とても個性的なブログですね。
これからも、ちょっくちょっく寄らせて頂きます
Posted by:ソンペット at 2008年06月15日(日) 12:25

ソンペットさん、はじめまして。
シニアプロへ挑戦とのこと、がんばってください。
たまに難しいコースのオープンコンペ挑戦なんかも面白いと思いますよ。
Posted by:大叩き男 at 2008年06月15日(日) 15:36  」

|

« 08全米オープン2日目  (2008年6月14日) | トップページ | 08全米オープン4日目  (2008年6月16日) »

トーナメント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1457285/38475824

この記事へのトラックバック一覧です: 08全米オープン3日目  (2008年6月15日):

« 08全米オープン2日目  (2008年6月14日) | トップページ | 08全米オープン4日目  (2008年6月16日) »