« 友の残した...  (2010年4月28日) | トップページ | 今日から... (2010年5月1日) »

2011年1月18日 (火)

天下の暴論...15  (2010年4月30日)

Bu100430_2


まあ、暴論じゃあないんだけれど、本当は。
一口にスロープレーって言っても色々なケースがある。

多いのが、手続きが長い奴。
これは、プリショットルーティーンとやらが儀式になっちゃってる奴。
...短い手続きなら問題ないんだが...

チェックポイントの多い奴。
これは、多すぎて動けなくなる「固まって死んでしまう奴」。
...近い将来イップスになって、ゴルフやめるだろう。

全部の動きの遅い奴。
歩くのも判断するのも、打つ前も打った後も、動きが全てスローモーションな奴。
...これは、どうせ近いうちに誰も誘わなくなるだろう。

テレビに影響されている奴。
テレビに映るプロのやる事を真似ている...当然テレビに映る時間の一番多い、グリーン上での動きを真似する。
ラインをあっちからこっちから見る、歩測する、意味も判らずパターをああやってこうやってラインを調べる、時間を長~くかけてボールのマークを合わせる、素振りをしつこいくらいする...それで殆ど9割以上カップインしない...また馬鹿な真似を繰り返す。
...こんな奴は、待たされているゴルファー達の怨念で、ますますパットが入らなくなるだろう。

で、待っている身として、一番腹立つのが終わったグリーンに居残る奴。
待って待って...やっと全員のパットが終わる。
「やれやれ、やっと打てる」と、アドレスに入る...「あれ?」グリーンを見ると、ピンを挿した後グリーン上で何やら楽しそうに話をしている。
かと思えば、ピンから2~3歩歩きかけてから、のんびりと立ち止まってスコアカードにスコアを書いている。
あるいは、いかにもグリーンから立ち去るようなフェイントを見せた後、ピンの側に戻って自分のラインを指差して説明している。
酷い奴になると、待っているのを知っていながら、ピンを挿した後に練習パットまでする!

そうしてあきれるほど待った後、「やっといなくなったか」とスイングに入ったとたんに人影が...「うわ!」とスイングを必死で止める...その男は、のんびりと自分のグリーン上に忘れたクラブを拾い上げて、こちらを見ようともせずにゆっくりと立ち去って行く...

いいか!
ピンを挿したらそのグリーンは次の組のものだ!
ピンを挿した後、いつまでもグリーン上で立ち去らない奴は、後ろの組にぶつけられても文句を言うな!
...実際に打ち込んだら危ないと、頭に血が上ったままひたすら耐えて待っている、後ろの組の「殺気」を少しは感じたらどうだ。
普段はとても温厚な紳士までを「また出て来たらぶつけてやるぞ、この野郎!」なんて風に怒らせているんだから。

いいか、「ピンを挿したら、さっさと10秒以内にグリーンから出て行ってくれ。」
平和のために。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


「グリーン出てもグリーンサイドでスコアつけてるのもよく見ますよ
まあこういうタイプ日常でもいますからね
ATM操作終わっても開けずに身支度ひと通りその場で完了させるヤツとか
レジ待ちの間に一切の準備しないで自分の番になって初めておもむろに鞄のそこ弄るヤツとか…
枚挙には暇もナイ(怒
Posted by:とりあへ。 at 2010年04月30日(金) 12:42

そうです、そうです!
自分のスコアーも暗算出来ない奴はゴルフをするな
   所詮自慢する程のスコアでも無いのに!
セルフの時代、自分が済んだら人のクラブを集めるくらいやれ!
常に後ろの組の動向を把握しろ!
 「天下の暴論パートⅡ」でした
昔しゃ~人のスコアも全て把握していたのに、
        最近は自分のスコアがやっとです
Posted by:おっちゃん at 2010年04月30日(金) 19:09

とりあへさん、こんばんは。
いわゆる「手際の悪い奴」「無神経な奴」「鈍感な奴」「周りが見えない奴」...
そして頭の悪い奴だと思います、こういう人間て。
勉強じゃなくて、ね。
Posted by:大叩き男 at 2010年04月30日(金) 20:5

おっちゃんさん、こんばんは。
その通りです。
こういうノーカンな人間て、絶対に知り合いになりたくない奴らですよねえ...
きっと他の生活の場面でも、周りを苛つかせ怒らせている人間なんでしょうねえ...自分では気づかずに。
Posted by:大叩き男 at 2010年04月30日(金) 21:00

昨日のコンペの前の組の人達は70歳と50代の男性とその奥様たちでした
みなさん飛ぶしお上手です
混んでいたので、少々つまり気味でしたが、そのパーティに待たされている感覚はなく、売店でお会いしたときは『一生懸命回っているので勘弁してね』
こういうことなのかなと思いました
Posted by:myひげおやじ at 2010年04月30日(金) 21:53

> チェックポイントの多い奴。
これ、最近のゴルフ教室の影響も大きいように思います。
手順を標準化しないと効率よく教えられない、
というのはわからないでもないのですが。
スイングのチェックポイントと同じ数だけ、
気配りも教えると良いのですが。
(お友達登録よろしくお願い致します)
Posted by:とえ at 2010年05月01日(土) 00:34

こんにちは、
ゴルフ人口が増えると、どうしても質は低下すると云いますが
限度があるだろう・・・。大阪人はイラチが多いと思いますが、
残念ながら利己的な方も多く見受けられます。
ピンを持ったまま次のホールに行った人が居た時は笑って
しまいましたが・・・。 
「おっさん!ドコ持って行くねん~」
Posted by:joshua at 2010年05月01日(土) 08:53

myひげおやじさん、こんにちは。
そういう気配りが全てなんでしょうねえ。
「急ごうとしている」気持ちが感じられれば、多少遅くても気にはならないものです。
腹が立つのは、「全く急ごうという気がない」遅いゴルファーです。
自分たちが「大渋滞」を引き起こしている事を、全く気にしてない人達には、コースから「退場」を命じて欲しいくらいです。
Posted by:大叩き男 at 2010年05月01日(土) 10:10

とえさん、こんにちは。
チェックポイントが多い人は、そのチェックポイントのためにスイングが上手く行かなくなってしまいますね。
根は真面目な人なんでしょうが...迷惑ゴルファ-と成り果てる悲劇です。
友達登録の件、了解しました。
Posted by:大叩き男 at 2010年05月01日(土) 10:14

joshuaさん、こんにちは。
以前オープンコンペで、一緒に回った真面目そうなゴルファーが、大叩きしたホールで先にカップインしてピンを持っていたのですが...
全員カップインして次のホールに向かう時、後ろの組が何やら大きな声で騒いでいる...振り返ると、その真面目そうなゴルファーが、ピンを脇に挟んだままでスコアカードに何やら書き込みながら歩いてくる!
...勿論、彼は大慌てでピンを返しに行きました。
Posted by:大叩き男 at 2010年05月01日(土) 10:23

ゴルフに限らず周囲への気遣いの出来ない人が増えていますね。
老若関係なく。
私にゴルフのあれこれを教えてくれた人は厳しかったです。
打ったらすぐに『走れーー!!!』
4人のパットが済んだらカートまで走り、
カートを走らせながらスコアを書け!
って。
超超初心者には疲れるゴルフでした。
Posted by:GORO at 2010年05月01日(土) 15:21

GOROさん、お久しぶりです。
始めにそういう厳しい人に教えてもらうと、その後のゴルフに対する姿勢がきちんとしたものになりますよね。
そういう風に始めた人は、他のゴルファーに迷惑をかけるようにはなりませんから。
でも、最初は「なんでこんなに走らなくちゃいけないんだ!」なんて...疲れるでしょうねえ(笑)。
Posted by:大叩き男 at 2010年05月02日(日) 11:36 」

|

« 友の残した...  (2010年4月28日) | トップページ | 今日から... (2010年5月1日) »

天下の暴論」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1457285/38515707

この記事へのトラックバック一覧です: 天下の暴論...15  (2010年4月30日):

« 友の残した...  (2010年4月28日) | トップページ | 今日から... (2010年5月1日) »