« 伝説の女(ひと)   (200年9月9日) | トップページ | こけた...  (2010年9月12日) »

2011年1月18日 (火)

年会費   (2010年9月10日)

Bu100910


ゴルフクラブの年会費が強烈に値上げされている!
...これは「べーちゃんのゴルフ日記」( http://blog.golfdigest.co.jp/user/qazwsx1/ )の記事を読んで知った話です。
そのべーちゃんさんの記事によると、例えば嵐山CCでは73500円が150000円!に、カレドニアンGCでは52500円が105000円!に...
例えば富里GCが25000円から75000円!に、グレンオークスCCが38000円から63000円に...等々。

またそのべーちゃんさんの記事の中では、おかげで嵐山CCの会員権は1000円で買える、とも。(ただし、実際に買うためには名変料と入会金で310万円が必要だそうです)

所属コースの会員権...実は私も二つ持っているが、幸いな事にどちらも25000円。
でも、それでも年に一回5万円を払うのは厳しいのだ。
競技ゴルフを真面目にやっていたときは、例えば月例やクラチャンなどに出るためにはコースに所属していなくてはならなかったから、やむを得ない出費だと思っていた。
しかし、競技にあまり出る気がなくなってからは、年に数回も行かないコースに25000円払うのは勿体なくてしょうがない...割ってみればプレーフィーはビジターフィーとほぼ同じか高くなってしまう結果になるし。
それが、15万円の年会費!

例えば、アメリカのコースなどで、年会費が150万円とかそれ以上のコースもあると聞いた事がある。
そういうコースはその代わりにメンバーのプレーフィーが無料で、メンバーシップを大切にしていて充実したクラブライフが送れるんだそうだ。
この嵐山CCやカレドニアンGCも、そういう形のメンバーコースを目指しているんだろうか?
それにしては、会員権が1000円で買える、と言うのは(噂にしても)メンバーがそれに反発していると言う事ではないだろうか?

どちらにしても、今の日本で普通の暮らしをしている人がこんな年会費を簡単に払えるとは思えない。
一部の生活に余裕のある人だけがこういうコースでゴルフを出来る権利があると言う事だろう...結果として貧乏人を拒否しているコースと言う訳だ。
普通の生活の我々は、もし競技をやりたいのなら年会費2万円以下の「友の会」形式のコースでゴルフを楽しめばいいし、パブリックの競技やゴルフ雑誌の競技に出てもいい。
こういう風に年会費が高くなるのなら、多分会員権を買おうという人は激減するだろう。
年会費を値上げするコースがどんな方向を目指しているのかはわからないけれど、ゴルフをもっと楽しもうと言う人達の熱意に冷水をぶっかけるような結果にならなければいいんだけれど...

普通のゴルファーはこの不景気にまだまだ苦しんでいて、ゴルフをするお金に苦労しているんだと言う事をわかって欲しい。
...そんな貧乏人は相手にしていない、というのなら話は別だけど

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


「大叩きさんへ、
コメント並び類似記事ありがとうございます。
グレンオークスに関しては、値上げしたのは二年位前です。
Posted by:べーちゃん at 2010年09月10日(金) 09:40

高いですねぇ~。私も一時期会員権が欲しいと思った時期も
ありましたが、その後次女が生まれて、この不景気でしょう?
今にして思えば買わなくて良かったですよ。
そんなに年会費をとられるなら、ビジターで色んなコース周るとか、
競技に出るならおっしゃるようなものに参加するとかそっちのほうが
余程良いと思いますね。
年会費をあげるのは超短期的に見たらそれなりに効果があるのかも
知れませんが、中期的・長期的に見たらゴルフ場にとっては益々
経営を苦しくするんじゃないかと思うんですが・・・・・・
Posted by:コルレオーネX at 2010年09月10日(金) 12:25

かつてはステータス
または投機目的が多数を占めてたんでしょうね
土地神話が崩壊すると同時に提灯がつかなくなって現在に至ると
元々団体行動が好きじゃないんで所属という概念は全くない自分からみれば唯一集まった同好の志から
とれるもんとったれ!
みたいに見えます
使い道が行き当たりばったりな消費税の如く(困
Posted by:とりあへ at 2010年09月10日(金) 14:59

私も一時期メンバーに誘われましたが、付き合いゴルフの多かった好景気!
年会費のメリットが無かったので買いませんでしたが、その後ゴルフ場倒産!
300万を儲けた様な気がしています
分相応に飯付¥4000ーで楽しみたいと思って居ます。
Posted by:おっちゃん at 2010年09月10日(金) 20:02

ベーちゃんさん、ヒントの記事ありがとうございました。
これから競技ゴルフをしたいので会員権が欲しいなんて言う人には、年会費というのは本当に切実な問題です。
高い年会費がどういう結果を呼ぶのか、これからも注目して行こうと考えています。
Posted by:大叩き男 at 2010年09月11日(土) 10:19

コルレオーネXさん、こんにちは。
今の社会的な状況では、普通の人々は会員権を買わない方が良いだろうという気がします。
年会費の負担は大きいですし、まず100パーセント勝った時より安くしか売る事ができませんから、その出費をいろいろなコースのラウンド費に回した方がずっとゴルフを楽しめます。
特に子供に教育費がかかるうちは、そう思います。
Posted by:大叩き男 at 2010年09月11日(土) 10:23

とりあへさん、こんにちは。
投機目的という部分がなくなると、会員権なんて値上がりするものじゃありません。
年会費15万が平気で払える人々は、全ゴルファーの何パーセントいるんでしょうか...
あちら側の人々のゴルフは良くわかりませんが、この際貧乏人がいると雰囲気が悪くなるから年会費上げてやめさせてしまおう、なんて意味があったりして(笑)。
Posted by:大叩き男 at 2010年09月11日(土) 10:28

おっちゃんさん、こんにちは。
それは...300万儲けましたね(笑)。
ま、金がなければ身の程にあったゴルフを楽しみましょう。
我々は、背伸びしても絶対に居心地は良くないですから。
Posted by:大叩き男 at 2010年09月11日(土) 10:30


こんにちは。
問題はその年会費をどうメンバーに還元するするかどうか。
老朽化したクラブハウスの改修とか、今年のような異常気象によるコースのメンテ費用の補填とか、直接メンバーの利益にならなくてもOKなんです。
還元の方法はイロイロありますど、その金額に見合うかどうか、納得できるかどうかでしょうね。
自分のホームは一昨年、なんと半額に下がりました。半額になっても、他より高いんですけど(笑)
会員数も他コースの半数もいませんから、仕方ないところもありますが、それを別にしても納得はしています。
外資系で、ビジターを目一杯入れて早朝から日没までコースが再生する暇も与えず酷使して、ボロボロにしているコースもあるようです。
まぁ、目先の利益を追っかければ、どうなるか、目に見えますけど・・・自分で首を絞めているような気がします。
Posted by:koba at 2010年09月11日(土) 18:12

こんにちは。
えっ!こんなことになっているのですか?
実は、私....数年前に義父より名変を勧められたのですが、
年会費の3万円が怖くてそれだけあれば3~4回ゴルフ出来るもんね
有難く辞退させて頂いたのですが、これは問題外 本当に酷い話ですね。
Posted by:パターマン at 2010年09月12日(日) 10:11

こんにちは。自分は北関東のいわゆる大衆コースの会員権を持っていますが(年会費31,500円)ビジターととメンバーとのプレーフィーの差がなくなってきているので保有するメリットも無くなりつつあるような気がします。
年会費が上がるようだと、売却してどこかのコースの「友の会」入りですね。
Posted by:NOB at 2010年09月12日(日) 10:55

kobaさん、こんにちは。
会員が納得して、コースが良くなるなら問題はないんでしょうね。
そういうコースは社団法人のコースとか、売買不可のコースとか、あまり会員権市場での売買のないコースが多いようですし。
一般に会員権市場で売買されているコースは、年会費が上がると極端に値段が下がるところが多いですね。
メンバーを納得させる経営が出来ないなら、そんなコースの行く末は目に見えていますねえ..
Posted by:大叩き男 at 2010年09月12日(日) 12:01

パターマンさん、こんにちは。
現在のような状況では、普通のゴルファーには年会費を払う「会員」になるメリットは少ないですねえ。
でも、こんな不景気の時代と言うの少数の儲ける人は極端に儲けているらしいですから(勝ち組と言うのかな)、そんな金額は屁でもないという人だけ相手にするゴル場もあるとは聞いています。
そういうコースになりたいのかもしれませんね、これらのコースは。
Posted by:大叩き男 at 2010年09月12日(日) 12:06

NOBさん、こんにちは。
私のコースも平日はビジターとの差は殆どありませんね。
土日は少し差があるようですが、実際のところ「月例」や「クラチャン」などの競技に出ようというのではない限り会員になるメリットはありませんね。
車で2時間も走って行くようなコースに、「クラブライフ」もなにもあったもんじゃなし(笑)。
Posted by:大叩き男 at 2010年09月12日(日) 12:10 」

|

« 伝説の女(ひと)   (200年9月9日) | トップページ | こけた...  (2010年9月12日) »

ああ,ゴルフ!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1457285/38518413

この記事へのトラックバック一覧です: 年会費   (2010年9月10日):

« 伝説の女(ひと)   (200年9月9日) | トップページ | こけた...  (2010年9月12日) »