« ウェッジの重さ  (2008年6月23日) | トップページ | つながり...  (2008年6月28日) »

2011年1月16日 (日)

やっぱり・・・ (2008年6月26日)

Bu80626


どうもこの前のオープンコンペでのアプローチが満足できるものでなかったので、改めて練習場でいろいろやってみた。
...やっぱりつながりが悪い。
クリーブランドTA3の9番やピッチングから、52度や58度を持つと全然軽く感じる。
20グラムほどの違いのはずだが、感覚はもっと違うように感じる。
三浦の52度やゾディアの58度単体で打つと実に気持ちよいのだが、9番やピッチングから続けるとまず「あっ、軽い!」って感じてしまうのだ。
練習場にはクリーブランドの588の53度と57度(ウェッジフレックス)、CG11の58度(ウェッジフレックス)とキャロウェイVフォージドの52度を持っていって打ち比べてみた。
588は今まで使っていたのでわかっているので、VフォージドとCG11を三浦とゾディアに主に比べてみたが、流れとしてはVフォージドとCG11の方が自然に打てる。
アプローチのし易さでもVフォージドとCG11の方がヘッドの重さを感じられて、三浦とゾディアよりコントロールしやすい。
これはアプローチには、軽いものが好きか重いものが好きかという個人的な好き嫌いの問題なんだろうと思う。
なにより、上手くない俺にとっては軽いもので何とか加減してコントロールしようとすると、「シャンクが出る!」
正直、この前のオープンコンペでのアプローチショットで、満足できたものは一球もなかった。
...フルショットやハーフショットではまずまずだったんだけど。
次回、VフォージドとCG11を持って行って試してみるつもり

|

« ウェッジの重さ  (2008年6月23日) | トップページ | つながり...  (2008年6月28日) »

道具で上手くなれるなら」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1457285/38487745

この記事へのトラックバック一覧です: やっぱり・・・ (2008年6月26日):

« ウェッジの重さ  (2008年6月23日) | トップページ | つながり...  (2008年6月28日) »