« 嫌な奴??  (2008年6月8日) | トップページ | クラシッククラブー2 (2008年6月12日) »

2011年1月15日 (土)

クラシックゴルフ? (2008年6月11日)

Bu80611


ちょっと前に描いた、パーシモンヘッドのドライバーの話に「古いゴルフ道具の小部屋」(http://blogs.yahoo.co.jp/tourney0321)さんから、コメントを頂いた。
なんと、今でもパーシモンヘッドのドライバーを使用しているんだそうな。
そこで疑問が湧いた...そもそも俺がパーシモンから金属ヘッドのドライバーに移行したのは、糸巻きバラタカバーのボールが無くなって、やむを得ず使ったツーピースボールでパーシモンのヘッドを2本も割ってしまったからなんだ。
(もっとも、その前にアルタスのツーピースボールをまっぷたつに割ったこともあったけど。)
だから、未だに使えるようなパーシモンヘッドは持っているけど、長い間古いキャディーバッグに入れっぱなし。
...ボールはどうしてる?
で、ホームページを訪ねてみると、糸巻きボールの莫大なコレクションも!
そうだよね、そこまでやらなくてはパーシモンヘッドのドライバーを楽しむなんて事は出来やしない。
ここまでやれば、これはなんと贅沢な遊びといえるだろう...スコア、スコアで道具に翻弄されてせこくなってしまったゴルフに比べて、ゴルフの歴史にまで心を通わせるような優雅さがある。
ただ、以前糸巻きボールを使っていたときには、「糸巻きボールの寿命は1年くらいだから、沢山買いおきしてもてダメだよ」と聞いていた。
事実、2-3年も置いておいたボールは飛ばなかったり、変芯してしまったりしたと思うんだが...
そこを聞いてみると「結構飛ぶし、良い感じです」とのご返事。
ボールの心配がないのなら、それは暫く楽しめるだろう...素晴らしい。
...以前、全英オープンの時に、トム・ワトソンがヒッコリーシャフトのドライバーとフェザーボールをこっそり持ち込んで、こっそりラウンドして大目玉を食った、なんて話を思い出す。
そう、ちゃんとしたゴルファーなら「スコア」ではなく、「ゴルフ」を楽しむ気持ちはずっと持ち続けていたいもんだもの。


「パーシモンにはレンジボール(ワンピース)が相性抜群なことをココ最近のケイコで確認いたしました
見事に飛びませんが
Posted by:とりあへ at 2010年03月03日(水) 00:04

とりあへさん、こんにちは。
確かに感触はいいですけれど...飛ばなすぎです(笑)。
Posted by:大叩き男 at 2010年03月03日(水) 11:39  」

|

« 嫌な奴??  (2008年6月8日) | トップページ | クラシッククラブー2 (2008年6月12日) »

今日は今日とて」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1457285/38475801

この記事へのトラックバック一覧です: クラシックゴルフ? (2008年6月11日):

« 嫌な奴??  (2008年6月8日) | トップページ | クラシッククラブー2 (2008年6月12日) »