« 230の夢  (2009年1月6日) | トップページ | 「天下の暴論」始めます。 (2010年1月8日) »

2011年1月18日 (火)

2010年のトーナメント (2010年1月7日)

Bu100107_2

品格なき王者タイガー・ウッズが,「女性トラブルで出場しない」,と宣言した2010年のツアー。
どのみち森虎に興味がない自分には関係のないことなんだけど。

楽しみにして見るのは,やっぱり三つのメジャー。
その一番はマスターズ。
そして全英オープンと全米オープン。
メジャーの試合は、一昨年あたりからグレグ・ノーマンやトム・ワトソンの活躍で「老雄の復活」なんて傾向が出始めているのが面白い。

マスターズは純粋な飛距離がどうしても大きな比重を占めるので,老雄の復活は難しいだろう...その代わりに「当たれば」どんな新鋭が出て来てもおかしくない。
石川だって,パットのミスさえなければそこそこ行けるだろうし,どんな無名のヒーローが現れても不思議ではない...春の祭典には,若者の活躍が見所だと思う。
(日本勢が一番活躍が期待できるのはマスターズだろう)

全米オープンはペプルビーチ。
この海辺のコースは,風が吹けば予期せぬ老雄の復活ドラマが見られるかもしれない。
風が吹かなければ,一日目二日目の結果で優勝が決まるつまらない展開になりそう。
出来れば,4日間海からの強風が吹いてほしい。
(もちろん風が吹いたら日本勢は歯が立たない,と思うけど)

一番注目するのは,一昨年のグレグ・ノーマン,去年のトム・ワトソンの活躍があった全英オープン。
天候が荒れてイギリス特有の風が吹けば...とはいっても、今年はセント・アンドリュース。
トム・ワトソンが得意とするコースだけれど...
老雄の活躍はちょっと難しいかもしれないなあ。
逆に天気が良すぎると、日本勢を含め大混戦になって,それはそれで面白いかもしれない。

今年の楽しみはそんなところかなあ...

とりあえずは,去年面白かったロイヤルトロフィーを見るけれど...
日本の試合は,自分のゴルフが中心になるのでほとんど見ないかもしれない。
女子の試合も結果だけになるかなあ。

...石川は,森虎が目標と言って来たけれど,今の騒ぎを良~く見て,反面教師として参考にして欲しい。
ああなりたいのか、なりたくないのか。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「こんにちは。
マスターズは楽しみですね。片山晋吾のウェアが心配ですが(笑)
今年は、プレジデンツカップではなく、ライダーカップの年ですね。
今年はイギリスでの開催ですから、ギャラリーも多少まともな大会になるでしょうし・・・
キャップがペイビンとモンティですから、渋い戦いが期待できます。(笑)
Posted by:koba at 2010年01月07日(木) 13:35

こんばんは。
他のスポーツ、たとえばボクシングなどでも
「老雄」といわれる選手が活躍する事はありますが、
世間の一般的な年齢基準に照らせばまだまだ若いですよね。
しかし、ゴルフのそれは本当の「老雄」。
私の年齢を超えるヒーローが青壮年と互角に
競うさまは本当に力づけられます。
昨年の全英OP、ワトソンを応援しながらも、
頭のどこかで外すだろうなと判っていて、
やっぱりだめで奥さんがテレビ画面に映った時、
目頭を押さえました。
でも、すばらしかった。
今年はどんなドラマが待っているか、
今から楽しみです。
イラスト、笑いました。
Posted by:とえ at 2010年01月07日(木) 21:37

kobaさんこんばんは。
いやいや,プレジデンツカップとロイヤルトロフィーを勘違いしてました。
これはアジアがヨーロッパチームを5連敗とかさせないと敵も本気にならないでしょうから,今年が勝負のときだと思います。
敵チームも,コリン・モンゴメリーがプレーイングマネージャーとして参加ですから,去年よりは本気ということでしょう。
今年のゴルフは、ここからですね。
楽しみ、楽しみ。
Posted by:大叩き男 at 2010年01月08日(金) 00:34

とえさん、こんばんは。
本当に、ゴルフがあらゆるスポーツの中で一番活躍期間が長いスポーツであるのなら、それが一番完成されたゲームである証拠であるのかとも思います。
若いから,力があるから,だけで優劣が決まるスポーツに比べて,これは本当に深いゲームです。
それが判ると、こんなスポーツに参加することが出来ることを,本当にラッキーであるとも思います。
...本当にその面で,今年は楽しみです。
Posted by:大叩き男 at 2010年01月08日(金) 00:42 」

|

« 230の夢  (2009年1月6日) | トップページ | 「天下の暴論」始めます。 (2010年1月8日) »

トーナメント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1457285/38514231

この記事へのトラックバック一覧です: 2010年のトーナメント (2010年1月7日):

« 230の夢  (2009年1月6日) | トップページ | 「天下の暴論」始めます。 (2010年1月8日) »