« 二日酔い...のちオープンコンペ (2009年10月22日) | トップページ | 月例でクラシックアイアン (2009年10月25日) »

2011年1月18日 (火)

だうんぶろー?  (2009年10月24日)

Bu091024_2


黒トップでちゃんと打つには、ダウンブローに打たないといけない。
...そんなことは以前からよくわかっていることなんだけどね。

それが頭でわかっていても実際に、きちんと打つのは難しい。
つまり、イメージとしては「ボールをつぶして打つ」。
ボールのところから黒トップの鋭いリーディングエッジを入れて、ボールから先の地面を削り取るように打つイメージ。

今まで使っていたのは、キャビティ部分の非常に薄いクリーブランドのTA-3というアイアンだけど、これはキャビティー部分はデザインだけで実質フラットバックアイアンみたいなもの。
ただしリーディングエッジやソールが、ある程度芝の上を滑らせることができるようにデザインされている。
でも、黒トップのとんがったリ-ディングエッジは滑らない。
刺さる。

どうしてもボールの後ろにきっちり入れて打ち込んでいきたいのだが、俺の体が「打ち込もう」と意識すると右肩右手が上から打ちにいって...肩が開き、右手が前に出て行く。
結果、上から入ってもアウトサイドインの軌道となり、引っかけかうまくいってもスライスボールになる。

ではどうすればいいか。
答えは簡単、「トップから手を真下におろすイメージで切り返せばいい」。
そうすれば肩も開かず、外からヘッドが下りてくることもない。

ところが、そう思っていても切り返しで手をうまく下におろすことが難しい。
ちょっと油断すると、外からおりる。
手を下におろすつもりなのに左が伸び上がる。
ついには、下半身とのタイミングが合わずにシャンクまで出る。

要するに手を体の近くを通すようにスイングできればいいんだけれど...一回一回手の通り道が違ってしまう。
今までのようにボールだけを打っていくとか、少しだけ打ち込んでいく、なんていう打ち方だと許容範囲が広いんだけど、ちょっと深く打ち込まなくてはと思っただけで、引っかけボールが連発(泣)。

まあ、それでもクラシックアイアンを使うと決めた理由は、偶にちゃんと当たったときの「快感」に痺れているから...少しくらいの失敗は多めに見なくちゃ(笑)。
という訳で、明日の月例のスコアは期待できないなあ....今から言い訳しとこ。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「先日ウィルソンのマッスルを購入しましたが、得体知れずです。
どこかに情報源ってあるのでしょうか?
ご存知でしたらご教授下さい
Posted by:みずお at 2009年10月24日(土) 22:01

みずおさん、こんにちは。
ウィルソンのアイアンというと、ダイナパワーですか?
69年のダイナパワーが一番の傑作、次が65年とか言われていますが...
さて、どこで調べたもんだか...
ヤフーオークションなどで、出品写真と合わせてみて年代がわかる場合もありますが...
Posted by:大叩き男 at 2009年10月25日(日) 20:41

Reach Plus と書いてあるものですが、調べても見つからないんです。
このままクラシックアイアンだと信じるべきでしょうかね?・・・
Posted by:みずお at 2009年10月27日(火) 06:13

みずおさん、こんにちは。
そのアイアンは,私は知らないです。
ちょっと聞いたことがないですねえ...
ウィルソンのクラシックと言ったら「ダイナパワー」ですからねえ...
お役に立てずにすみません。
Posted by:大叩き男 at 2009年10月27日(火) 11:15 」

|

« 二日酔い...のちオープンコンペ (2009年10月22日) | トップページ | 月例でクラシックアイアン (2009年10月25日) »

今日は今日とて」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1457285/38511960

この記事へのトラックバック一覧です: だうんぶろー?  (2009年10月24日):

« 二日酔い...のちオープンコンペ (2009年10月22日) | トップページ | 月例でクラシックアイアン (2009年10月25日) »