« パーシモンを打ってみた!  (2010年11月10日) | トップページ | GDOブログの廃止  (2010年11月13日) »

2011年1月18日 (火)

夕日    (2010年11月12日)

Bu101112_2


そのビルの窓から見る夕焼けは、実に奇麗だといつも思う。
もうこの仕事にも慣れて来たけれど、体力的に楽じゃないのは変わらない。
30歳くらいから専業主婦に落ち着いて、家庭内での主婦業と子育てに専念して来たけれど、時代がそれを続ける事を許してくれなくなった。
もう年が年なので、奇麗で楽な仕事なんてあるはずもなく、色々と探したあげくにこの清掃の仕事にたどり着いた。
沢山の同じような年齢の応募者の中からなんとか採用してもらって始めた仕事だけれど、生まれて初めての純粋な肉体労働は身体にきつくて、同期に採用になった人もすぐに殆どの人が辞めて行った。
...そんな中で眠れないほどの筋肉痛に悩まされながらも、ずっと続けて来られた自分に少し驚いてもいる。

もうゴルフは1年半やっていない。
以前のゴルフのサークルの仲間からは、まだお誘いの連絡はあるけれど。
...本当は、今日はそのサークルのコンペの日だった。
実際には練習も一年以上やっていないし、クラブに殆ど触っていないからプレーするのは無理なんだけれど、仲の良かった人からの気取らない誘いの言葉に心が揺れたのは確かだった。
少しはある自分のへそくりから、プレーするお金は問題なかったし...
しかし、今はまだゴルフを再開出来る状況にはないのを知っている。
残念だけどもうしばらくゴルフは出来ない、と返事をした時には少し胸の奥が痛んだ。

今日はいい天気だった。
絶好のゴルフ日和だったろう。
風もないし、日向はぽかぽかして小春日和の一日だった。
モップを動かしている時に、何回かビルの窓から空を見上げた。

仕事の終わる時間、奇麗な夕焼けの空に少しの時間見とれていた。
今日の彼女達のゴルフコースも同じように奇麗な夕焼けになっているだろう。
でも、その景色は今の自分には遥かに遠い。

今年のゴルフシーズンは間もなく終わってしまう。
それでも半年もしないうちに、またいいゴルフシーズンはやってくる。
その時には、数少なくていいから、自分もまたゴルフコースに帰りたいと思う。
自分は、まだゴルフをやめたつもりはないんだから。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


「シーズンも後少しに成りましたが・・・
仕事絡みのコンペに誘われ、2ヶ月振りのゴルフが明後日・・・
クラブのバッグも賞品でもらった黄色の夏用の薄い物・・・
クラブまでは買い換えないけど、バッグくらいは替えた方が・・・
今、ショップの店長に「安い奴無い?」って言ったら
「お客さんが置いていった奴が有るけどそれでいい?」
「何でもいいよ!クラブが落ちなければ!」
私にも夕日が遠過ぎます
Posted by:おっちゃん at 2010年11月12日(金) 18:22

おっちゃんさん、こんばんは。
世の中の普通の人は、ほとんどがそういう思いしてますよ(笑)。
中古クラブ屋が流行るのも、ユニクロが売れるのも...
心置きなくゴルフを楽しめる時代がまた来る事を期待して、身体だけは弱らせないようにしておきましょうか。
Posted by:大叩き男 at 2010年11月12日(金) 21:39

大叩き男さん、今晩は!
今日のテーマとは関係ありませんが、先週の日曜日にパーシモンのドライバーを久し振りに打ってみました。 ヒロホンマのExtra90です。
思ったより飛距離も出たのですが、全体的には、やはり、現在のチタンドライバーの方が良さそうです。
Posted by:bogeyman at 2010年11月12日(金) 22:46


bogeymanさん、こんにちは。
ヒロホンマは実戦的でいいクラブだと思いますよ。
今のドライバーに比べてフェースの面積は3分の一くらいしかないんじゃないでしょうか。
ちゃんと当てるのはいい練習になると思いますよ(笑)。
Posted by:大叩き男 at 2010年11月13日(土) 12:13 」

|

« パーシモンを打ってみた!  (2010年11月10日) | トップページ | GDOブログの廃止  (2010年11月13日) »

ゴルフな人々」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1457285/38519113

この記事へのトラックバック一覧です: 夕日    (2010年11月12日):

« パーシモンを打ってみた!  (2010年11月10日) | トップページ | GDOブログの廃止  (2010年11月13日) »