« ティーショット絶不調? (2008年11月11日) | トップページ | 忘れられないプロゴルファ-15「ジャック・ニクラス」 (2008年11月15日) »

2011年1月17日 (月)

ウェッジのソール (2008年11月13日)

Bu81113

少し前にオークションで手に入れた、新品のキャロウェイXツアーの52度と58度。
スピン性能と、シャフトがM10シャフトということで選んだものだった。
特に58度は「MD」と彫ってある、評判のウェッジ。

2ラウンドほど使って、スピン性能は確かに凄い。
ラフからでも止まる。
ほぼフルショットに近いようなショットを打つと、ボールの表面が削れてささくれだつ。

例えば、「残り80ヤードで受けグリーン」なんて場面で58度を使うと、まず間違いなくバックスピンでグリーンからこぼれる。
低くガツンなんて感じで入れると、同伴競技者に「あっ大きい!」なんて声を出させて、ピン側にスピンで止められる。

...しかし、俺はこの58度は合わない、というか使えない。
買って失敗したと後悔している。
それはこの58度は、俺には「開いて」使えないから...ソールが「凹面」になっている(昔こんなソールのアイアンがあったよな)ので、開いて使おうとするとソールが「はねる」、というより「地面やラフや砂にぶつかる、ひっかかる」。
フェアウェイからフェースを開いてボールを上げようとしたら、はねてトップする。
バンカーで開いて柔らかく上げようとしたら、砂ではねてボールの下へフェースが潜っていかない。
グリーン周りのラフで、ソールを滑らせてアプローチしようとしたら、ラフの芝の葉に引っかかってソールが滑らない。
と、この58度のウェッジのおかげでいくつスコアを落としたろう。
勿論フェースを開いたりしないでスクエアに使うだけなら、非常に抜けが良くていい感じではある。

52度のソールは普通の凸面のソールなのに、58度が凹面のソールしているなんて知らないで買った俺が悪いんだけど...クソッ!
そんなのありかよ...(涙)。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーー


「最近、用途を限定したクラブが多くなりました
釣りのルアーもそうですが、使い方が決まった物が決して魅力的ではないと思います。
同じクラブやルアーでも、使い手によってその成果が違うから面白いし、ハマるものでは...。
Posted by:Shu at 2008年11月14日(金) 17:38

いや、迂闊でした。
よく止まるとの評判を聞いて、実物を調べずに落としてしまいました。
この後のものは、こんな風にソールが凹んではいなくて、開いて使いやすそうな形にカットしてありますね。
まあ、このウェッジがそんな特別な形のソールのウェッジだって知っていたら、絶対買わなかったんですが...
反省。
Posted by:大叩き男 at 2008年11月14日(金) 19:57 」

|

« ティーショット絶不調? (2008年11月11日) | トップページ | 忘れられないプロゴルファ-15「ジャック・ニクラス」 (2008年11月15日) »

道具で上手くなれるなら」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1457285/38503763

この記事へのトラックバック一覧です: ウェッジのソール (2008年11月13日):

« ティーショット絶不調? (2008年11月11日) | トップページ | 忘れられないプロゴルファ-15「ジャック・ニクラス」 (2008年11月15日) »