« グリップ交換 (2009年10月14日) | トップページ | 長い付き合い  (3009年10月18日) »

2011年1月18日 (火)

黒トップ  (2009年10月15日)

Bu091015_2


スポルディングの黒トップ。
一般には赤トップの方が人気があるんだけれど、どうも俺はあのフェース側の装飾が好きじゃあない。
構えた時に、あのスコアリングラインの両側の点々がくどく感じる。
それに比べると、当時は「赤トップを低重心にして易しくした」なんて言われていた黒トップの方はフェースがスッキリしている。
(易しくした、なんて言っても、ネックの長さが非常に長いので見かけほど低重心になってはいないらしい)

それと赤トップに比べても、微妙に薄く柔らかく感じるメッキがいい。
打点の部分の光り方が違ってきて、薄くなった部分に銅下メッキの赤色が見えてくるようになってきた日には、「自分が育て上げた道具」という気になって余計に惚れ込んでしまうだろう。

今までは手に入れた時のまま、いじらずに時々使っていたんだけれど、今回本気で使う気になって昨日グリップ交換をした。
そして今日は久しぶりの練習場に行って、300球ほど打ってきた。
(...おかげで、腰と背中が張ってきて、足の指もつりそう(笑)。)

...改めて新しいグリップで打ってみると、以前に感じていたよりもっとずっと打感が柔らかいのに驚いた。
以前に打ち比べた時には、グリップが固いゴムのままだったのでTA-3の方が柔らかく感じたんだけど、今回はずっと黒トップの方が柔らかく感じた。

本当に「ボールが引っつく」...打った時に、もちもちっとした感触で、ボールがフェースにくっついた後で離れていく感触がある。
練習場のダンゴボールの中に何球かコースボールが入っていたので、それを打ってみると、コースボールの方がもっと吸い付くような感じがあって、実に気持ちが良い。
これぞ軟鉄鍛造の味...特に黒トップの素材の鉄は本当に柔らかなのかもしれない。

自分のゴルフの喜びの中に、こんな「アイアンで打った時の気持ち良さ」なんてのが加わるのが嬉しい。
膝の痛みが薄くなったために膝も使ったスイングができるので、特にアイアンの当たりが良くなってきたからなおさらだ。

ちょっと予想以上の結果に、こんなに気持ち良い打感だったのならもっと早く使えばよかった...なんて、ちょっと後悔。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


「こんばんは。
私のTP11もグリップがガチガチです。
交換すればもちもちとした打感が味わえますかね?
 先日、L型8813を1980円で買って来ました。
真贋はどうでもよくて、
『あぁ、これで回って煩悩以上叩くのも粋だなぁ』
なんて、ぞくぞくしてます。
 どこか、精神を病んで来たみたいです(笑)
Posted by:黒いひつじ at 2009年10月16日(金) 21:12

黒いひつじさん、こんばんは。
グリップを新しくするだけで、結構打感は変わりますよ。
是非新しいものに変えてください。
クラシッククラブを使う時は、昔使っていたゴルファーをイメージして、「ゴルフ自体」を楽しみましょう。
例えばマッチプレーのようにパーなら勝ち、ボギーなら引き分け、それ以上なら負け、と言った具合にスコアではなくホールごとに勝ち負けをつけるのも一興です。
Posted by:大叩き男 at 2009年10月16日(金) 23:01 」

|

« グリップ交換 (2009年10月14日) | トップページ | 長い付き合い  (3009年10月18日) »

道具で上手くなれるなら」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1457285/38511919

この記事へのトラックバック一覧です: 黒トップ  (2009年10月15日):

« グリップ交換 (2009年10月14日) | トップページ | 長い付き合い  (3009年10月18日) »