« ゴルフ場伝説 (2008年9月2日) | トップページ | 銅下メッキへの愛着  (2008年9月5日) »

2011年1月16日 (日)

見栄ゴルフのすすめ (2008年9月4日)

Bu80904_2


新品同様の、ピカピカで傷一つないアイアンてのが苦手だ。
いかにも、「金があるので腕を上げるかわりに道具を最新型にしました」、なんて言ってるみたいな。
そしてそんなアイアンのフェースに、トウ側で当たったり、ヒール側で打ち損ねたり,ダフって砂を噛んだ跡が上の方についていたりしたら、みっともないったらない。

以前、ゴルフを始めて間もなくの頃、知り合った若いプロのまだ新しいアイアンの、どの番手のフェースにも同じ場所に綺麗にボールを打って付いたと思われる、「打球痕」のようなものを発見して感激したことがあった。
メッキしてあるフェースの一番良い場所が光り方が違って見えるのだ。

「一体何球打ったらこんなに綺麗な跡が付くんですか?」と思わず聞いたら
ニヤッと笑ってなにも言わない。

取材が終わって、改めてそのプロのアイアンをしげしげと見ていたら、「実は訳があるんですよ」。
「??」
「目の細かい紙ヤスリで、自分のボールを一番当てたい場所を、丁寧に磨くんです。」
「そうすると構えたときにも、そこで打つって気持ちが集中しやすくなりますよ。」

「えええーーー?」
「あの跡って、ボールを打って付いたんじゃないんですか?」
「そりゃあ、時間をかければ付くけど、新しいものでもそうした方が集中できるから...」

...アイアンの表面を痛めないほどの細かい紙ヤスリで、そっと丁寧にこすっていくと、そう時間をかけずに回りのメッキとは違った「色」というか「光り方」になる。
それを構えてみると、確かにアイアンのフェースの「そこで」打てばいい、という気になってくるし、当たるような気になってくる。

いまのクリーブランドはガンメタなのでやってないけど、以前に買ったスポルディングの黒トップはそうして地の銅メッキがうっすら見えるくらいに磨いてある。
これは「地の銅メッキが見えてくるくらい使い込むと、自分に一番あった武器になる」と、昔のゴルファーが言っていたことを知って、夜中に額に汗して磨いたものだ。
自分で打ち込んで地の色が出てきたのではないので、いわば、「上げ底のインチキ」。
(銅下メッキしてあるものは、その銅が出てくるところがホントに綺麗だと思う...だから、銅下メッキのマッスルバックが欲しいなんて思う今日この頃)

こんなことをしてみると、結構愛着も湧くし、楽しく使えるのだ...一度お試しあれ...と言っても、最近流行の「ミーリングフェイス」なんてのにはやらない方が良いと思うけど。

。。。。。。。。。。。。。。。


「ゴルファーに見栄はつきものですよね。
ローソクの灯りでシコシコやっている画が、そこはかとなく哀愁を感じてしまいました(笑)
Posted by:koba at 2008年09月04日(木) 19:59

ホントに削っているときは、「一体俺ってなにやってんだろ?」なんて言葉が頭ん中をグルグルしてます...
が、結構これが決まると「んん?!、こいつただ者じゃないな!」なんて迫力が出ますから...さりげなくアイアンの中に(笑)
まあ、打つまでの間ですけど。
Posted by:大叩き男 at 2008年09月04日(木) 21:36

こんにちわ。
一昨日から全英をテレビ観戦しておりますが、ヘッドがアップになる画像を見て、インパクトゾーンが良い具合に光り方が違っていたので、こちらの記事同様に、さすがプロなんだな、と関心した矢先でした
すっかりコチラのファンになってしまいました。僭越ですが友録申請させて頂きました。残りの未読記事が少なくなってきて何やら寂しく感じる私は、友だちと言うより「定期購読者」です(笑)
Posted by:AllDOBO at 2009年07月18日(土) 11:29

ALLDOBOさん、こんにちは。
友達承認しました。
ありがたいことです。
仕事ではありませんので気まぐれ更新ですが、描くことがなくなるまで続けるつもりですので,よろしくお願いします。
Posted by:大叩き男 at 2009年07月18日(土) 11:53 」

|

« ゴルフ場伝説 (2008年9月2日) | トップページ | 銅下メッキへの愛着  (2008年9月5日) »

ああ,ゴルフ!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1457285/38495261

この記事へのトラックバック一覧です: 見栄ゴルフのすすめ (2008年9月4日):

« ゴルフ場伝説 (2008年9月2日) | トップページ | 銅下メッキへの愛着  (2008年9月5日) »