« 石川と宮里 (2009年8月3日) | トップページ | 世に盗人の... (2009年8月7日) »

2011年1月17日 (月)

街...1 (2009年8月6日)

Bu090806_2

ビルで切り取られた夜空には
絵で描いたような赤い月

段ボールのベッドには
忘れてしまった子守唄

朝は多分来るけれど
違う朝にはなりゃあしない

ただ消してゆく同じ夜
最後の酒もなくなった


(ブログ「人・酒・旅」より)


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「大叩き男さん、お久しぶりです。
 うまくコメントできないんですけど、なんだか心に沁みるような絵ですね。
 なんとか新しい環境にも慣れてきたようでぼちぼち始められそうな気がしております。
  それでは
Posted by:サトル at 2009年08月07日(金) 21:08

サトルさん、お久しぶり。
他に無いような小説、楽しみにしています。
Posted by:大叩き男 at 2009年08月07日(金) 22:03 

|

« 石川と宮里 (2009年8月3日) | トップページ | 世に盗人の... (2009年8月7日) »

間話休題(閑じゃない)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1457285/38509173

この記事へのトラックバック一覧です: 街...1 (2009年8月6日):

« 石川と宮里 (2009年8月3日) | トップページ | 世に盗人の... (2009年8月7日) »