« 今年初ラウンド (2009年1月21日) | トップページ | 霜の朝 (2009年1月24日) »

2011年1月17日 (月)

チャンスは与えられた (2009年1月23日)

Bu090123_2


あとは自分の力でつかみ取るだけ。

彼が未熟だろうが、準備がどうだろうが、こういうチャンスは何度もあるものじゃない。
スーパースターになるものは、こういうときに素人だろうが玄人だろうがの予想を超える。

石川遼にチャンスを与えたのは、「キング」アーノルド・パーマーと、「球聖」ボビー・ジョーンズ。
他の事情に何があろうと、これほどのチャンスを与えられるゴルファーはそういないだろう。

普通に考えれば、「とてもそこまでいってはいない」、とか「つぶれるのが心配だ」、「みっともない結果にならなければいいが」なんて心配する状況だろう。
でもそこで我々の予想が当たるのは、我々でも想像できるだけの力しか持っていない選手の話。
まさか、優勝するとかは俺も全く思っていないが、「へえーー!そこまでやるか!」とか「ハハ、凄いことやるもんだ!」なんて驚くようなプレー振りを見てみたい。

多分、日本のツアー関係者の中には、あまり活躍して欲しくないと考えているものもいるだろう。
いきなり「アメリカツアーに通年参戦する」なんて事になったら、日本ツアーの沈下していくのは火を見るよりも明らかだから。
でも、長い目で見たら、そうなった場合は間違いなくゴルフブームは起きる。
今の男子ゴルフツアーの寂れた状況は、「世界に通用する日本人ゴルファーがいない」ということが一番の原因なんだから。

さあ、手を差し伸べてくれた、伝説のゴルファー達に対して...足を引っ張る有象無象はいるのか?
この流れに逆らう本当の敵は、どこにどのくらいいる?
きっと、これからの一番の問題は、そういう身近な敵をどう整理していくかなんだろうけど...

彼についているゴルフの女神と遼自身は、俺たちにどんな夢を見させてくれるのか?
我々は本物のスーパースターの誕生を、この目で見られることが出来るのか?
「神の子」といわれたガルシアや、「天才」といわれたジャスティン・ローズでさえ、苦労して伸び悩んだ世界最高レベルのツアーで、石川遼という我々の予想を裏切り続けてきた男は、どんな芽を出すのか?

春の楽しみが増えたなぁ...


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「彼にとって
始まったばかりの
長いゴルフ人生の一ページ
どんな一ページになるか 
暖かく見守るつもりです。
頑張って欲しいですね
Posted by:toy at 2009年01月23日(金) 13:17

プロ宣言したのが、たった1年前なんて信じられませんが、我々凡人の考える10倍のスピードで走ってますね。
久しぶりにTVの前で、手に汗を握らせてくれるのか・・・楽しみですね
Posted by:koba at 2009年01月23日(金) 14:52

一気に国民の“爽やかなヒーロー”になってしまいましたね
ボク等はもう遼クン無しではいられないのに、もうすぐ手の届かない域に行ってしまいそうで...喜ぶべき事ですね
Posted by:Shu at 2009年01月23日(金) 15:00

ホントに春の楽しみが増えましたね
ガルシアやローズ越え期待したいですね
Posted by:やっし~ at 2009年01月23日(金) 16:07

伊達公子が、テニスで世界を駆け上っていった時のことと
だぶらせてしまいます。
彼女はどんどん良い顔になっていきました。
輝くって、顔まで変えちゃうんだなと思いました。
石川遼は、どんな輝きを手に入れて、どんな顔になって
いくのか。楽しみです。
そういえば、片山晋呉はあんまり顔変わらないデスネ・・・。
うーむ・・・
Posted by:ばたやん at 2009年01月23日(金) 16:56

toyさん、こんにちは。
まだ、たった17才!
ですからね。
くれぐれも、今のまま伸びて欲しい。
増長して、漫画の悪役のような愚かな大人なんぞにならないように!
見守りましょう。
Posted by:大叩き男 at 2009年01月23日(金) 17:35

kobaさん,こんばんは。
まあ、専門家の連中でさえ、今の姿は想像していませんでしたからねえ。
でも、勝負はこれからです。
期待しましょう。
Posted by:大叩き男 at 2009年01月23日(金) 17:36

Shuさん、こんばんは。
いや、「日本のヒーロー」ではダメなんですから(ここ数年の日本のトップを見て下さい)、これがいいスタートです。
まだ、世界ではただの「ひよこ」ですから、後は彼次第。
楽しみです。
Posted by:大叩き男 at 2009年01月23日(金) 17:40

やっし~さん、こんばんは。
そう、ガルシアやジャスティン・ローズでさえ、はじめは予選も通らないような状況だったんですから、彼らのスタートを超えて欲しいものです。
Posted by:大叩き男 at 2009年01月23日(金) 17:42

ばたやんさん、こんばんは。
確かに、伊達は段々シャープな顔になっていきましたね。
はじめの頃の印象は薄かったんだけど...
石川には、技術だけではなく、パーマーやボビー・ジョーンズの心や生き様も学んで欲しいなあ。
Posted by:大叩き男 at 2009年01月23日(金) 17:45

TigerもMastersデビューが19歳だったことを考えると、本当に今回の事は快挙ですね。
マスターズ委員会と、パーマー卿の英断に感謝する気持ちです。
あとは.... 思いっきりオーガスタのコースに挑んで、ぶつかって行って欲しいです。
Posted by:Golfers0725 at 2009年01月24日(土) 14:08

Golfers0725さん,こんにちは。
今回のチャンスには、当然「大人の思惑」が色々と絡んでいることは想像できますけど、チャンスをもらった当人はそれを生かせるかどうか、だけですからね。
他のスポーツで聞く「八百長」というものはまず存在できないわけですから、彼の本当の力(技術以外の全てのものも含んだ)を見ることが出来ますね。
そこで常人の予想を超えて欲しいものです。
Posted by:大叩き男 at 2009年01月24日(土) 14:4 」

|

« 今年初ラウンド (2009年1月21日) | トップページ | 霜の朝 (2009年1月24日) »

ああ,ゴルフ!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1457285/38505541

この記事へのトラックバック一覧です: チャンスは与えられた (2009年1月23日):

« 今年初ラウンド (2009年1月21日) | トップページ | 霜の朝 (2009年1月24日) »