« むち打ち   (2010年11月2日) | トップページ |  別れ    (2010年11月7日) »

2011年1月18日 (火)

2010晩秋の旅  (2010年11月5日)

Bu101105


昨年も今頃,思いもしなかった吹雪に出会った秋の旅。
今年もやっと有給休暇がとれた娘二人の希望で,清里方面への旅をして来た。

一番の目的地は清里の清泉寮で,「暖炉のある部屋に泊まりたい」という娘二人の夢の実現。

娘を二人拾ってから,中央高速に入ったのが夜9時前。
この日は小淵沢の「道の駅こぶちざわ」で,夜12時までやっているという「延命の湯」に入ってから車中泊の予定。
受付時間終了が11時なので,その前に到着してゆっくりと温泉...露天風呂で寛ぐ。
そのあと道の駅「こぶちざわ」で、家族4人車中泊。

翌日は夕方4時頃の清泉寮チェックインまで,25年くらい前までよくスキーに来たりしていた「ピラタスの丘」へ。
娘達が最後に来たのは二人ともが小学校に入る前...スキーは当然出来ずに,お尻で滑って遊んでいた頃。
そこのロープウェーで横岳の「坪庭」に向かう。
麓駅から見上げる横岳の山頂付近は真っ白に光っていて,もう積雪がある様子。
普通の靴の娘達は足元に不安を持ちながらも,「雪景色を見るだけでいいや」なんて話しながら外を見ている...それが,高度を上げるにつれ...
「あれ? 雪は積もってないよ。」
「木の上の方だけが白くなっている」
「わあ! 地面の草や木のところだけ白く光ってる!」
...
想像もしていなかった見事な「霧氷」の光景だった。
あらゆる木々の小枝の先まで、足元の高山植物の細い小さな葉っぱの先まで...一定の方向だけに見事に白く氷が張り付いている。
その厚さは10センチ前後まで...初めて見る,見事な霧氷の風景...その辺全体のあらゆるものが一定方向だけに白い造形を輝かせて,晴れた太陽の光に光り輝いているのは素晴らしかった。
思わぬラッキーに大喜びしたあと,昔通ったペンションへ。
その名前は、ペンション「みみずく」。
若くて格好のいい女性が切り盛りしていて,デザイナーやイラストレーター,音楽家などがよく泊まりにくるペンションだった。
もとはと言えば私の個展で、私の絵を買ってくれたのが最初。
その絵を飾っておいたら,偶然遊びに来た知り合いのデザイナーが見つけて大騒ぎになったり,友達が広がったり...
でも,それから25年以上...何度も立ち寄った事があったけれど,いつも不在で連絡がつかず,もうペンションは閉めてしまったと思っていたのだけれど...期待せずに訪ねて行ったら,ラッキーにも25年振りの再会!
大きくなった娘達にも驚いて,それからの人生を語って止まず...

その夜は娘達が泊まりたがっていた,清泉寮の「暖炉のある部屋」に娘二人と奥さんが泊まった。
私は甲斐大泉の「パノラマの湯」の露天風呂でゆっくりしたあと,美しの森山の駐車場で車中泊。
満天の星空を肴に,上手い酒を飲んでいた。
冬の天の川と,オリオン,昴の見事な事と言ったら...もの凄く寒かったけど。

翌日は清泉寮の朝バイキングで合流して、神津牧場に立ち寄ったあと、軽井沢から立ち寄り湯二つに振られたあと、相馬川温泉「ふれあい館」の露天風呂で寛いでから帰宅した。
娘達にもう一日休みが取れたなら,軽井沢方面ではなく新潟方面に行こうと思っていたんだけれど,これはこれで...忙しかったけれど面白かった旅行だった...今回は特に「霧氷」に感動。

さあ,これから,練習再開。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


うわぁ~~
良かったですねえ。
母を連れて2回訪ねた「清泉寮」
もう一度行きたくなりました。
満天の星も見たいし。
Posted by:GORO at 2010年11月05日(金) 20:54

GOROさん、こんにちは。
清泉寮、私が16のときから行っていました。
当時の清里は駅前にお土産屋が2件しかなく、清泉寮までは長い上り道の悪路が続いていました。
バスでさえ轍にタイヤが嵌って動けなくなった事がありました。
駅前のお土産屋の一軒で食べたラーメンは、ただ醤油を薄めたようなスープに鳴門とシナチクと海苔が乗っていて..。
今は別世界ですね,夜の星空以外は。
Posted by:大叩き男 at 2010年11月06日(土) 09:25

清里駅の周辺は
な~~んにも無くて
心を空っぽにできる最高の場所だ
・・って友人が言ってましたが今は原宿みたいになりましたね。
その原宿も40年前は大人の町だったのに。
銀座に続いて日本橋も滅茶苦茶になってきました。
「わびさび」の日本人はいつからこんなことになっちゃたんでしょうねえ。
Posted by:GORO at 2010年11月06日(土) 15:29

お久しぶりです。
この記事、YAHOOの大きい画面で拝見しました。
いいですねぇ。
経済が許しませんが、車中泊できる車って
憧れます。
Posted by:ばたやん at 2010年11月06日(土) 17:39

大叩き男さん、今晩は!
 素晴らしい旅ができて良かったですね。
羨ましいです!!
Posted by:bogeyman at 2010年11月06日(土) 21:49

あちらで大きな画像拝見しました。
樹氷もですが私には暖炉のある部屋で寛ぐ
これがしてみたいです。
早速ネットで調べています ^^;
Posted by:みずお at 2010年11月07日(日) 11:17

GOROさん、こんにちは。
清里が化けてしまったのは、「アンアン」「ノンノ」が全盛だった時代に「高原特集」が人気になってからですね。
清泉寮も夏のソフトクリームの売り上げで、楽になっているようですし。
Posted by:大叩き男 at 2010年11月07日(日) 11:36

ばたやんさん、こんにちは。
ええと・・・
ばたやんさんの方が私より稼いでいますよ、絶対(笑)。
贅沢をすればきりがないですが、普通の車を買う値段とそれほど変わらずにキャンピングカーは買えますよ。
今は、「車中泊ブーム」とかで、普通の軽の1ボックスを寝られるように改造して(改造キットも売っています)寝ている人も増えました。
中古車も多いですし、次は是非キャンピングカーをどうぞ!(笑)。
Posted by:大叩き男 at 2010年11月07日(日) 11:41

bogeymanさん、こんにちは。
子供達が大人になっても家族旅行が出来るという事は、本当に有り難いものです。
多分、子供達が小さい頃から「家族旅行」というものが「楽しいものだ」と刷り込みが出来ていたからでしょう。
最近はいつも「これが最後かな」なんて思っていますが。
Posted by:大叩き男 at 2010年11月07日(日) 11:44

みずおさん、こんにちは。
暖炉がある部屋は、本館(旧館)のスイートルーム2部屋かロッジだそうです。
勿論雰囲気のあるのはスイートルームなんだとか。
それも宿泊料はそんなに高くはないそうです。
Posted by:大叩き男 at 2010年11月07日(日) 11:46 」

|

« むち打ち   (2010年11月2日) | トップページ |  別れ    (2010年11月7日) »

今日は今日とて」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1457285/38518995

この記事へのトラックバック一覧です: 2010晩秋の旅  (2010年11月5日):

« むち打ち   (2010年11月2日) | トップページ |  別れ    (2010年11月7日) »