« 背中伸ばして...  (2010年12月18日) | トップページ | 祈り...  (2010年12月22日) »

2011年1月18日 (火)

ゴルフは科学ではなく、芸術である  (2010年12月20日)

Bu101220


ゴルフは科学ではなく芸術である」...アーネスト・ジョーンズ。

アーネスト・ジョーンズは、戦争で片足を失いながらもゴルフの練習を初め、コースを72で回るようになり「Swinging into Golf」という本を出版したゴルファー。

「かってに解釈」だから書くんだけれど、ゴルフは芸術だろうか?
...現代のゴルフやゴルフスイングは「科学」で扱われている部分が殆どだろう。
いわく「合理的なスイング」、いわく「理にかなった動き」、いわく「人間の身体に無理をさせない動き」等々...
確かに、人間の身体の動きとクラブやボールの動きを分析して、「合理的」なスイングを見つけて練習をすれば進歩は速い。
研究熱心なゴルフコーチがいる学生ゴルフは、あっという間に皆同じような奇麗なスイングを身につけ、よく飛ばすようになり、わずかな時間でハンデ5下の腕になって行く。
そういう学生がアマチュアの試合を席巻し、やがてプロになって実績を残して行く。
プロの試合は、皆無駄のない機械的なスイングをするプロばかりになり、年齢の若い選手が中心になって優勝争いをするようになる。
テレビに映る選手は、服の色や体型や帽子で見分けられるだけ...スイングを見ても誰が誰だか判らない。
かくして、ゴルフは科学的なゴルフを実践して、機械的なスイングをするゴルファーの単なる競技会となって...

全然面白くなくなって行く。

以前の、体型の違いや体力の違いや、プレーしていたゴルフ場の違いや、収入のハンデを克服するためや、前にやっていたスポーツを生かすために...などで、独学で上達して行ったゴルファー達の個性溢れるスイングに比べて、まるで意志のないロボット達の競技会に見えてしまうのだ。

本当は、みんな科学的で合理的なスイングを身につければ、回り道をする事無く最短距離でゴルフが上達出来るのはよくわかっている。
でも自分は、悪戦苦闘して試行錯誤を繰り返し、遥か遠くを回り道しながらたどり着いた、個性溢れるスイングをするゴルファー達が好きなのだ。
特に、そんな風な背景が見えるようなスイングをするプロゴルファーを見つけると、つい自分を投影して応援してしまう。
そんなプロのスイングに、自分は磨き上げた「芸術」を感じてしまうし...

昔から、ゴルフのスイングは再現性が高いものが良い、と言われて来た。
だからその人にとって再現性の高いスイングならば、どんなに人から見て珍妙であってもその人の「アートとしてのスイング」は、「あり」だと思う。
ただ、絶対的な飛距離を求めようとすると、スイングというものは「科学」に頼らなければその人の最大値にはたどり着かないだろう。
「飛ばし」も入れた「個人の最大能力」を追求する「科学としてのゴルフ」か、「最大値」を追求しないで、「技」と「気持ち」と「再現性」で勝負する「芸術としてのゴルフ」か....

自分は、ゴルフに「科学」と「芸術」のどっちを優先させるのか...ちょっと悩ましい。
いまさら「科学的な合理的な」スイングには、改造出来ない様な気もするし(笑)。


(勿論、この言葉の「芸術」の中には、コース攻略や、ゴルフに対する接し方や、気持ちの有り様などの意味があると感じますが、「かってに解釈」としてスイングの話だけに限定して書きましたので..)


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


昨日で、丸山プロが似たことを
言われてました。
丸ちゃん達の、お手本はベンホーガンで参考にした選手は、パーマー、ニクラウス、トレビノ・・・
どの人も個性的なスイングの持ち主ですね。
そして道具も、パーシモン・メタル・チタン・・
と変化する道具に合わせてスイングを変えてと。
そんな中で、ジャンボさんがハイティで
ロースピンのボールを打つテクニックを見つけたそうです。
現代のゴルフは、真っ直ぐ向いてバーンと
これだけで
なんだか味気ないスポーツになりましたね
Posted by:ひろっち at 2010年12月20日(月) 12:23

大叩き男さん、ご無沙汰です
         (勝手に思って居ます)
クラブやスイングは科学でしょうが、ゴルフに対する思いは芸術でしょうね~
理屈でゴルフは語れませんが、其々の思いのままに・・・
最近、熱が・・・
Posted by:おっちゃん at 2010年12月20日(月) 18:58

ひろっちさん、こんばんは。
本当に個性的なプロゴルファー達が懐かしいですねえ。
構えただけで、球筋が判るような...
そんな雰囲気を味わいたくて、中継を見ていた時代は遠くなりました。
Posted by:大叩き男 at 2010年12月20日(月) 23:00

おっちゃんさん、こんばんは。
以前はそう簡単にプロに習うなんて事は出来なかったし、合理的なスイングなんて一般的ではなかったから...
ただの遊びでは済まないような、一途さを感じる事が多かったで。
Posted by:大叩き男 at 2010年12月20日(月) 23:04

こんにちは・はじめまして。
激しく同意します!!
レッスン本などは読み漁りますが、
レッスンには行きません。
型にはめられても面白くないし、
あってるかあってないかは
本人にしか分かりません・・。
自分なりに理解して、見つけて、試して・・
自分で見つけると、進化していく実感が味わえる。
遠回りしてもそれもゴルフの
楽しみ方だと思うから。
Posted by:ウメニイ at 2010年12月21日(火) 10:52

ウメニイさん、はじめまして。
回り道かもしれませんが、それもゴルフの楽しみです。
ただ、少数ではあるけれどレッスンプロの中には、形にはめないで個性や長所を伸ばそうと言う人もいます。
良いレッスンプロに会う事は難しいですが、もしそういう人がいるなら手助けしてもらう事も「あり」だと考えた方がいいですよ。
自分の考え方をはっきり話して、納得出来れば自分のスイング作りに非常に役に立ちます。
頭は柔らかく、です。
Posted by:大叩き男 at 2010年12月21日(火) 12:36 」

|

« 背中伸ばして...  (2010年12月18日) | トップページ | 祈り...  (2010年12月22日) »

ゴルフ名言かってに解釈」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1457285/38519517

この記事へのトラックバック一覧です: ゴルフは科学ではなく、芸術である  (2010年12月20日):

« 背中伸ばして...  (2010年12月18日) | トップページ | 祈り...  (2010年12月22日) »