« 春は遠いなあ  (2010年1月10日) | トップページ | 別れの時  (2010年1月12日) »

2011年1月18日 (火)

責めるのは... (2010年1月11日)

Bu100111_2


「責めるのは自分自身以外にはないんだ」とでも言うのかなあ...
原文は
The Player has no one to blame but himself.

スコットランドの古いゴルフにまつわる格言だと言う。
blameは辞書で調べると「~を責める」とか言う意味。

自戒の言葉として覚えておかなくちゃあねえ...俺は他のもののせいにしたがるんだ、いつも。
例えば、「天候のせい」「昨日の寝不足のせい」「仕事のせい」「同伴競技者のせい」「クラブのせい」「ボールのせい」「コースのせい」「ライのせい」「酒のせい」「あの女のせい」「あの男のせい」「自分の周りのみんなのせい」...あげくの果ては「貧乏神のせい」やら「ゴルフの女神のせい」までいっちまう。
ねえ、はじめはボールは動かずに、俺が打つまで待っていてくれてるんだよねえ。
それを、俺が無理矢理引っ叩いて...そんな場所に打ったのは俺しかいないじゃないの。
それを何をとちくるってか、他のもののせいにしてさ。
しまいにゃあ、飛んでいった場所の木や草のせいにまでしてしまう。
「こんなところに木なんか植えやがって」なんて、自分がそこにわざわざ打ったのを忘れてやがる。

まったく、ゴルフをするたびに自分が馬鹿な人間だってのを自覚するんだから、俺は馬鹿だ。
それなのに、また行く時にはそれを忘れて、また同じことをやるんだから、俺は大馬鹿だ。
馬鹿を自覚するやつあ馬鹿じゃないって言うけど、毎回同じ馬鹿に気がつくってのは学習能力のない大馬鹿もんてことに間違いない。

...でも考えてみると、他のことでそんなに自覚することはないんだから、ゴルフって奴は自分の本当の姿を映し出してくれる魔法の鏡みたいなもんだよなあ。
「鏡よ鏡よ...世界で一番馬鹿なのは誰ですか...」みたいな。

そんなこと考えながらプレーして...でも、本当に毎回少しでも良いゴルファーになろうと努力はしてるんだけどなあ...道は遠いけどさ。
だから、女神さん。

今年は少しだけ俺に幸運をくれないかい?
上手くいかなくても、絶対に女神さんのせいにしないからさ...

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


「ほんとだ・・・・・・私も・・そんな風にしていました
のせい・・・とか
良かった時には・・せいにしないのに
そうなんですね  全部自分のせいなんですね
これから、できるだけこれを思い出して     
心して を楽しもうと思いま~す  できるかなぁ
Posted by:みみごん at 2010年01月11日(月) 16:53

実際は、どんな球を打とうが、どんなスコアであがろうが
一日ゴルフを楽しめたことで十分女神が微笑んでるんでしょうけどね^^
Posted by:みずお at 2010年01月11日(月) 18:00

みみごんさん、こんばんは。
でも、それで怒ったりしなければ、それも楽しいゴルフです。
そばにいる旦那や奥さんに「これもみんなお前が悪いんだ」なんて(笑)。
本気で怒ったりされたら迷惑ですけど...
Posted by:大叩き男 at 2010年01月11日(月) 18:37

みずおさん、こんばんは。
18番ホールを惜しみながら終わるラウンドが出来た時は、スコアなんか関係なく感謝するでしょう。
あ~今日は素晴らしい一日を遊べた、と。
女神も、いい女じゃない...なんて..
Posted by:大叩き男 at 2010年01月11日(月) 18:40

生きてるだけでも十分に女神の恩恵はこうむってるとおもいまよ
自分は逆境になると燃える癖がありまして
どないして打つかよーくおまえら見とれよ!
まぁ結果はしれてますけどね
Posted by:とりあへ at 2010年01月11日(月) 21:06

ゴルフって、すべからく自己責任なんですよね。
そこへ打ったのは紛れもなく当の本人。
何でもかんでもキャディさんに聞いて、あげく「フックしなかったよ」とか「もっと距離あったんじゃない?」とか。。。
だいたいパットのキレ方なんか打つ強さによって変わる。
「ラインも距離も最終判断したのはおめーだろ!」
って言いたくなります。
ちなみに私は自分で判断したいから、聞いてないのに先回りして言われるのは好きじゃありません。
親切心でアドバイスしてくれてるんですけどね。。。
Posted by:yamasan at 2010年01月11日(月) 21:12

とりあへさん、こんばんは。
いやその通り、実は逆境は面白い(ゴルフの話ですが(笑))。
私は実はトラブルショットの方が、グリーンオンする確率が高いのです。
フェアウェイからは...乗りません。
Posted by:大叩き男 at 2010年01月12日(火) 00:27

yamasanさん、こんばんは。
老眼になってから、グリーンの傾きが読みにくくなって、「曲がるとしたら右?左?」だけ聞きます。
後は聞かないことは言わないでほしい、と(笑)。
セルフの方が気が楽ですね。
「みんなおいらが悪いのさ~」って、できて。
Posted by:大叩き男 at 2010年01月12日(火) 00:30

ゴルフに関しては諦めの良い方だと思っているのですが、
先日2度打ちをした直後に、
毅然と前を向いたままで申告すれば良いものを、
反射的に廻りをキョロキョロと見てしまいました。
(もちろん申告はしましたが、みっともない。)
…、しばらく、自己嫌悪でぼろぼろでした。
Posted by:とえ at 2010年01月12日(火) 12:12

そういう誘惑は、私もしょっちゅう感じます(笑)。
みんなが見ていない時に一打ミスをしたのに、ダボを「ボギーですね?」と聞かれて一瞬間が空いてしまう自分に「せこさ」を感じて情けなくなります...もちろん正しいスコアを言うんですけど。
だから私は根っからの善人ではありません(笑)。
Posted by:大叩き男 at 2010年01月12日(火) 18:51 」

|

« 春は遠いなあ  (2010年1月10日) | トップページ | 別れの時  (2010年1月12日) »

ゴルフ名言かってに解釈」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1457285/38514280

この記事へのトラックバック一覧です: 責めるのは... (2010年1月11日):

« 春は遠いなあ  (2010年1月10日) | トップページ | 別れの時  (2010年1月12日) »