« 天下の暴論...10 (2008年3月6日) | トップページ | すきま風  (2010年3月9日) »

2011年1月18日 (火)

しかめっ面していたら...(2010年3月8日)

Bu100308


「しかめっ面していたら、ボールもしかめっ面で飛んで行くもんだ」...中村寅吉。

うん。
深いぞ、これ。

字面の通りの意味ももちろんあるんだろうけれど、なんだか「ゴルフの心構え」みたいな、気持ちの上での「奥義」みたいな感さえある。
自分に「我慢」が足りないからと、車で東京から大阪まで一台も「抜かないで」行く、なんてことを自分に課したエピソードが残る寅さんだからこその言葉。

例えば思い浮かぶのが、今をときめく女子プロの3人の様子。
もちろん俺の勝手な感想なので、正しいのかどうかは判らないが。
...宮里藍、横峰さくら、上田桃子のプレーしている姿だ。

宮里は、調子を崩していた2年程の間、ショットをミスするたびに「ああ、ダメだ」という顔をして下を向いて力なくうなだれている姿を良く見た。
...そしてボールは、「ああ、ダメだ」の通り、1打の罰となるようなところばかりに行っていた。
それが調子が上がって来た最近は、「あ、まずい」っていう顔をしても、「大丈夫、なんとかしよう」って顔にすぐに変わる...そしてボールも、トラブルだけども何とかなる、なんて所にあることが多いように感じる。

横峰は、多分性格も淡白なんだろう...一瞬「あ、まずい」なんて顔をしても、すぐに「何とかなるさ」「ダメならしょうがない」なんて顔になる。
で、ボールも、助かったり助からなかったり...本当に「しょうがない」感じ。

さて、上田桃子...ミスした時に「不愉快きわまりない」という顔になる。
気が強く、自分にもいつも最高のものを要求するタイプなんだろう...アスリートとしては良い資質だと思うんだけど、顔に不愉快さが出てそれが周りに判るのがいけない。
寅さんの言う通り、その結果ボールも表情と同じ「不愉快きわまりない」所に行ってしまうようだ。

ゴルフの「奥深さ」と言うか「怪しさ」というか、結果が科学万能の世の中の「合理性」や「科学性」の答えを越えたところに影響されてしまうのを感じるのは俺だけだろうか...
それは、宗教性とは違うのだけれど「因果応報」とか「運の不平等性」だとか、まるで「不思議」が普通にまかり通る世界...そんな気がするんだけど。

まあ、それほどではないにしてもゴルフに純粋な「技術」以外の、何かしらの「気持ち」が結果を左右すると感じるのなら、しかめっ面でプレーしてボールまでしかめっ面にさせるより、楽しみ喜ぶ「いい気分」でプレーしてボールにもいい気分で飛んでもらった方がいいに決まっているだろう。

不快そうな顔をしてプレーするんじゃ、ゴルフにもボールにも失礼だ。
寅さんは、「そんな酷い顔してプレーしないで、ゴルフをもっと楽しめ」って言っているんだろう。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


「言えてると思います。
我々アマチュアの場合は不愉快さを表に出すと、自分のプレーだけじゃなく周りをも不愉快な気分にさせます。
自分のプレーにキレたりするのはもってのほか。
いつでもヘラヘラしてろとは言いませんが、自分のふがいなさの影響を周りに及ぼすのは避けたいものです。
 Posted by:yamasan at 2010年03月08日(月) 15:46

大叩き男さん
お久しぶりです。
以前にOOGCにご一緒させていただいた者です。覚えていらっしゃいますか?
あれから、私はあのゴルフ場にどっぷりはまりまして友の会なるものに入会し、相変わらず、ジムファッジオさまの罠にハマりまくってゴルフを楽しんでます。
時には怪しい顔もしてると思います。あの17番は何度やっても返り討ちです・・・・
しかし、笑顔でゴルフをしていれば、女神は微笑んでくれるのでしょうか?
是非、いつの日か、あの時の4人でOOGCをラウンドしたいです。
Posted by:左隅の男 at 2010年03月08日(月) 15:55

そのとおりですよね。
前向きな姿勢は、見ていて気持ちがいいですし。
不愉快な顔ばかりしていると、そのうち誰も一緒にゴルフに行ってくれなくなりそうです(笑)
常に笑顔を絶やさないようにしている…
つもりなんですが、スグに顔に出てしまうので、
ミスして凹んでいるとスグにバレます。
Posted by:たっけ at 2010年03月08日(月) 16:43

桃子さんは好きなんですけど、やっぱりあの不機嫌な顔は見たくありませんね。そのせいか、調子が良くて笑っている顔も素直に受け入れられなくなります。
Posted by:MATSU at 2010年03月08日(月) 18:01

一昨年の全英女子オープンで シン ジエ選手を見て,
こういうゴルファーになりたいなって思いました。
ナイスショットの後でも,ミスショットの後でも,
あの 他人に不快感を与えない
ニコニコっとしたスマイルは,
精神的な強さを感じました。
昨年のLPGA制覇も当然だと思います。
Posted by:はなたれ at 2010年03月08日(月) 18:16

中部銀次郎の言葉で「ミスしたら怒れ」って意味の言葉がありました。
どうなんだろ?確かに周りに対して不愉快な思いをさせる表現は
ダメだと思う。しかし、やはりミスショットは悔いるべきだし、怒るべき?
私はヘラヘラ派で、超大目玉のバンカーショットでも
「こんなヒドイ状況見た事あるか?」って同伴者の笑いを誘って
自分でも笑ってしまう。
だから競技で勝てないのか?なんて最近思っている事なんですよ。
どうせやるなら上手くなりたい、勝ちたいって気持ちが不甲斐ない
自分に怒りの感情を出させるのかな?
強い時のジャンボはよく怒ってた様な・・・。
Posted by:joshua at 2010年03月08日(月) 19:15

yamasanさん、こんばんは。
私も顔に出やすいので、自戒を込めて..というところです。
飄々とラウンドしたいのですが...難しいです。
Posted by:大叩き男 at 2010年03月08日(月) 20:44

左隅の男さん、こんばんは。
よく覚えています。
やはり、ジム・ファジオの代表コースですから、面白いですよねえ...
花粉が収まったら、是非4人でやりましょう。
Posted by:大叩き男 at 2010年03月08日(月) 20:46

たっけさん、こんばんは。
喜怒哀楽は出して良いと思うんですが、「同伴競技者に迷惑をかけない範囲で」という大前提がありますよね。
私もなかなか感情を制御出来ないで、苦労しています。
せめて良い感情だけにしたいと思って入るんですが...何せ俗物なもので(笑)。
Posted by:大叩き男 at 2010年03月08日(月) 20:49

MATSUさん、こんばんは。
「不愉快な感情」というものは、表に出して他人がいい気持ちになることは絶対にありませんよね。
まして世間から注目されている場で、あれだけ出すと...
残念なことです。
Posted by:大叩き男 at 2010年03月08日(月) 20:51

はなたれさん、こんばんは。
確かに、彼女はあの笑顔のおかげでどれだけ戦いやすくなっているか...彼女の一番の武器かもしれませんね。
悪い感情を表に出さないということも、もちろん自分をコントロールしているのでしょうから、彼女の時代が長く続くかもしれません。
Posted by:大叩き男 at 2010年03月08日(月) 20:54

josyuaさん、こんばんは。
中部さんに関しては何も言うことはありません。
感情を表に出す人でも淡々とまわる人でも、強い人はそれぞれいましたから、どちらが良いかということは判りません。
ジャンボに関しては、あのミスした時の周りを睨みつけるような不愉快そうな顔が、私は大嫌いでした。
あれがなかったら、私はジャンボのファンになっていたと思うんですが...
同じ理由でタイガーの「何秒ルール」とか言う、クラブを叩き付けたり投げつけたりする姿が大嫌いです。
Posted by:大叩き男 at 2010年03月08日(月) 21:01

あかんたれショットしたときは踊ればええと思います
見苦しくないし 分かる者には分かるし
自分はどじょうすくいでいこうと今決めました
Posted by:とりあへneoki at 2010年03月09日(火) 02:00

ミスをしちゃったことにその場で苛々しても仕方ないですもんね。
悔しかったら練習をしないと意味無い?なんても思います。
出来るはずって妄想は止めた方がいいのかな^^;
私は最近スコアこそつけるけど足し算しないまま終えることが多いので
案外イラッとせずに楽しく回れるようになりました。
せっかくラウンドしてるのに(稼ぐ訳でもないのに)不愉快になるなんて
勿体無いですよね。
まして人様に不愉快な思いをさせるなんて、、と思います(同じく自戒の意味もあり・・・)
Posted by:みずお at 2010年03月09日(火) 06:53

とりあへさん、こんにちは。
ははは、そりゃあ良いかも(笑)。
...しかし、ちゃんと踊れる踊りを考えなくちゃいけませんね。
ゴルフの練習より、そっちの練習に苦労したりして(笑)。
Posted by:大叩き男 at 2010年03月09日(火) 11:19

みずおさん、こんにちは。
ミスは自分のせいなんですから、自分がどう始末をつけるか、という問題ですよね。
だから、それを他人に不愉快と感じさせるような態度に出すことは、絶対にしちゃあいけないと思うんですが...(自分もつい出てしまうので苦労してますけど。)
真面目に真剣に飄々と結局楽しくまわりたいと...
Posted by:大叩き男 at 2010年03月09日(火) 11:25

やっぱし炭鉱節に変えます
長崎で生まれた宿命かと(爆
Posted by:とりあへまんぷく at 2010年03月10日(水) 14:33

とりあへさん、こんばんは。
長崎だから炭坑節ですか...
見てみたいものです。(笑)
Posted by:大叩き男 at 2010年03月10日(水) 23:32 」

|

« 天下の暴論...10 (2008年3月6日) | トップページ | すきま風  (2010年3月9日) »

ゴルフ名言かってに解釈」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1457285/38514979

この記事へのトラックバック一覧です: しかめっ面していたら...(2010年3月8日):

« 天下の暴論...10 (2008年3月6日) | トップページ | すきま風  (2010年3月9日) »