« 三浦?のマッスルバック (2009年3月14日) | トップページ | 三浦アイアン(プロイズム)の試打 (2009年3月19日) »

2011年1月17日 (月)

忘れられないプロゴルファー31「ゲーリー・プレーヤー」(2009年3月16日)

Bu090316_2


ゲーリー・プレーヤー...「ビッグ3」と呼ばれた、アーノルド・パーマー、ジャック・二クラスと共に一時代を作ったスーパースター。

公称170センチだが、明らかに他の二人より10センチ以上小さな身体を、休むことのないハードトレーニングで鍛え上げて、彼らに対抗していた「元祖アスレチックゴルファー」。
その腕は身体に不釣り合いなほど太く、常に全身を使ったフルショットで力一杯振り抜くスイングは豪快だった。
彼の全盛期を見ることは出来なかったが、日本には何度も来ていて、年をとっても変わらないスイングを何度も目することが出来た。
印象では、どうしてもビッグ3の「3番目の男」という感じがするが、実は彼はジーン・サラゼン、ベン・ホーガンに次いで3番目のグランドスラム達成者(4番目が二クラス)で、実績は二クラスと並ぶようなスーパースターなのだ。

南アフリカの鉱山労働者の子供として生まれ、8才で母を亡くし、成り上がるために14才からゴルフを始めた。
そのためにハングリーさは半端なものではなく、アメリカに渡ってからも上手く強くなるために、ベン・ホーガンやジーン・サラゼン達に食いついて教えを請うことに躊躇しなかった。
身体もその当時から一日の休みもなく、(今でも)トレーニングを続けているという伝説を持つ。

国際試合で100勝以上、メジャー9勝、チャンピオンズツアーでも19勝を挙げている。
最終日、黒ずくめの服装で勝負を賭けることから、日本では「黒豹」、あちらでは「black knight」と呼ばれていた。
彼の本当に彼らしい言葉は
The harder you work, the luckier you get.

タイガーの出現で、ウェイトトレーニングなどで身体を鍛えてゴルフに立ち向かう事が注目されているけれど、元祖トレーニングマニア「ゲーリー・プレーヤー」、半端なアスレチックゴルファーなんかより、ハングリーさが違うだろう。

ああ、自分自身で耳が痛い。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「こんにちは
なんか...昔の日本の粋な職人さんが言う様な言葉ですね
それにしても強そうな腕だ
Posted by:Shu at 2009年03月16日(月) 11:44

こんにちは。
耳だけじゃなく、頭も痛いんですが(笑)
ゲーリー・プレーヤーはコース設計もやってますが、(本人が本当にやっているとしたら)スゴイ才能だと思います。
真名CCゲーリー・プレーヤーコースは良かったです。
Posted by:koba at 2009年03月16日(月) 13:07

Shuさん、こんばんは。
まさにゴルフの職人かも知れません。
でも、あの身体で大男相手にあの実績を上げたのだから、日本の選手が身体を理由に言い訳は出来ませんよね。
Posted by:大叩き男 at 2009年03月16日(月) 22:27

kobaさん、こんばんは。
ゲーリー・プレーヤーは、なんだか日本びいきだそうですから、設計もちゃんとやっているんじゃないでしょうか。
なにしろゴルフに対してハングリーな人ですから...
Posted by:大叩き男 at 2009年03月16日(月) 22:29

こんばんは。ゲーリー・プレーヤーは、地味目ですがグランドスラムを達成した偉大なゴルファーだと思います。トーナメントで優勝したプレー後に、ゴルフ場をランニングして体を鍛えていたという逸話を記憶しています。
Posted by:NOB at 2009年03月16日(月) 23:06

NOBさん、こんばんは。
そういうエピソードは結構沢山聞いたことがあります...
身体を鍛えることを、当たり前の生活の中で何時もやっているような事でしたね。
それに引き替え...自分は(笑)...
Posted by:大叩き男 at 2009年03月16日(月) 23:51 」

|

« 三浦?のマッスルバック (2009年3月14日) | トップページ | 三浦アイアン(プロイズム)の試打 (2009年3月19日) »

忘れられないプロゴルファー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1457285/38506587

この記事へのトラックバック一覧です: 忘れられないプロゴルファー31「ゲーリー・プレーヤー」(2009年3月16日):

« 三浦?のマッスルバック (2009年3月14日) | トップページ | 三浦アイアン(プロイズム)の試打 (2009年3月19日) »