« 初めてのガッツポーズ  (2010年2月3日) | トップページ | 春の旅  (2010年2月6日) »

2011年1月18日 (火)

天下の暴論...5 (2010年2月4日)

Bu100204_2


「タバコは風下で吸ってくれ!」
本当は「ゴルフコースでは禁煙にしてくれ!」なんて言いたいけど言えない(笑)。

なぜなら知り合いの(素晴らしい)ゴルファーにも煙草を吸う人が多いから...
ゴルフの歴史を見ても、煙草を吸いながらプレーしたり、葉巻やパイプを銜えてスイングしている古い絵やイラストが多い事から、ゴルフとタバコは切っても切れない関係があったのかもしれない。
あるいは古い「紳士」の概念に、タバコもたしなみの一つとして入っていたのかもしれない。

それでも、暴論として言いたい。
「煙草を吸う時は(もちろん吸うことが許された場所で)、必ず風下に行ってほしい。」
煙草を吸わない自分は、コースの草の匂い、木々の匂い、道すがらの野の花の匂い、そのほか様々な匂いを楽しみたいのだ。
そこに風上から、火事とも間違うばかりの煙の攻撃を受けたくないのだ。
タバコの匂いは強烈で、あらゆる自然の匂いを消し去ってしまう。
そしていったん嗅いだとたん、しばらく自然の匂いを感じる事が出来なくなる。

ゴルフが本当に好きでタバコを吸う人は、ほとんどがそういう事に気がつく人で、断ってから風下に回って吸ったりする人が殆どなんだけど、いきなり風上で小火でも起こしたように煙を吐く人も少数いる。
こんな人間には、すぐに水をかけてしまいたいくらい...
「煙いので火事かと思いました。」って。

健康問題が言われている中で、煙草を吸い続けている人はそれなりに覚悟がある人なんだろうから、やめろとは言わない。
でも、俺はコースでタバコの匂いを嗅ぎたくはない。
どうか、風下で静かに自分の嗜好を楽しむようにしてほしい。

...でも、出来れば煙草をやめて、移ろい行くコースの風情を...匂いも含めて楽しんだ方がいいんじゃない?

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



本当の酒飲みと、タバコ飲みはマナーをわきまえている
そう信じています。
今のところ、裏切られたことはありません^^
Posted by:みずお at 2010年02月04日(木) 07:09

自分もかつては喫煙者でしたが(禁煙して20年)、やめてからは人の煙が非常に苦手になりました
ティショットの時、芝の上にポンと置く人も気になりますねぇ。
よくティグラウンドそばに灰皿が置いてありますが、消えきらないでモクモクしているのもいやですねぇ。
Posted by:yamasan at 2010年02月04日(木) 07:44

おはようございます。
耳の痛い話です。
最近は煙草を吸わない方が多く、喫煙者の私は肩身が狭いです。
4名全員が喫煙者ならホッとします。 
喫煙には気を付けている積りではありますが、今後はもっと
気配りをして参ります。
罪滅ぼしの為か、コース上に落ちているゴミなどを拾いながら
歩いて行きます。たまに吸い殻等も落ちていますが、
多分これは灰皿からカラスが突っついて風で飛ばされて
しまったんだろうなって思っております。
あまりカラスが突いているのを見た事は有りませんが、
思いこんでおります。 
ショットの事やら喫煙の事やらスコアの事やら色々大変だぁ…。
Posted by:joshua at 2010年02月04日(木) 08:23

おはようございます。
灰皿の無いところでは吸わないようにしてますが…
正直、風向きまで意識できていない時もあります。
ゴルフ場も、公共の場ですもんね。
すみません、気をつけます^^;
Posted by:たっけ at 2010年02月04日(木) 09:56

自分はタバコを吸ったことがありませんが、
以前に比べると激変した最近の喫煙者の肩身の狭さにはちょっと同情の余地もあります。
知り合いの喫煙ゴルファーには、自分のコースの落ちている吸殻を代わりに拾う人もいます
が、だからといって非喫煙者が我慢しなければいけない状況は受け入れられません
「風下で!」
この暴論は大賛成です
Posted by:myひげおやじ at 2010年02月04日(木) 10:05

御もっともです
Posted by:おっちゃん at 2010年02月04日(木) 16:14

喫煙者としての意見です 
筒井康隆さんの
最後の喫煙者
これ読んでもらえますか?
Posted by:とりあへ at 2010年02月04日(木) 18:45

こんばんわ 
 愛煙家のわたとしとて(^。^)y-.。o○
 只でなくても 社会的に抹殺されそうな愛煙家の主張を
 ラウンド中 煙草吸う場合は
 風向きを考慮しません と言うか出来ません
 だって 灰皿は 所定の位置にしかないので
 セルフなら カートか ティーグラウンドの
 入り口付近 この辺は 解って頂戴
 俺の 背後に立つなではなく
 灰皿位置の 風下に 立つな と言う事で
Posted by:選ばれし物 at 2010年02月04日(木) 18:52

賛同!!!
50m先の臭いでも鼻が詰まる私としては・・・
ティーグラウンドも禁煙にして欲しい。
と思うタバコの煙アレルギーの私です。
Posted by:GORO at 2010年02月04日(木) 19:14

タバコを権利のように主張して吸う人がいますが、やはり迷惑ですよね。一方で、禁煙を権利のようにして主張する人も私は好きではありません。
私は昔から嫌煙家なのですが、やめろ!と声高に言いたくはありませんし、言ってるのを聞くと不愉快です。禁煙スペースならマナーとして喫煙は注意されるべきだと思いますが。
ただ喫煙者は吸わない人にどのように害を与えているかはわかっていて欲しいですね。肩身の狭い思いをする必要はないのですが、かといって人に煙を吐きかけて良いわけでもないですよね。権利とか言う前に「思いやり」の問題だと思います。
喫煙者も嫌煙家も相手を非難する前に、ちょっと立ち止まって「思いやりの心を持つこと」が必要なんじゃないのかな、と。
吸うなとは言いません。透き通った空の下、胸を張って気持ちよく一服する。そういう楽しみ方もあってもいい。
けれど、吸わない人に迷惑にならない程度に、せめて暴論でおっしゃるように「風下」に回ってほしいですね。もちろん手には携帯灰皿で。
自然に捨てるなんて持っての他(芝生には猛毒です)、コースの灰皿だっていわば「他人のふんどし」ですからね。
思いやりが希薄になってきている今の世の中だからこそ、愛煙家にも「思いやりの携帯灰皿」をお持ち頂きたいものです。
Posted by:ZO at 2010年02月05日(金) 16:16

大叩き男さん
最近、貴兄のブログを発見してから、楽しく訪問させていただいております。
又、同感のとき、?のときにコメントさせていただきます。
最近では「はじめてのガッツポーズ」に、ほろりといたしました。
毎日、訪問するのを楽しみにしていますので、がんばってください。
Posted by:青空白ボール at 2010年02月05日(金) 16:58

みずおさん、こんばんは。
確かに。
非常に周りに気を使ってタバコを吸う人に、やめろとは言えません。
こちらに煙が来なければ。
Posted by:大叩き男 at 2010年02月05日(金) 18:33

yamasanさん、こんばんは。
私も若い頃、吸うまねごとをしていた時がありますが、今はあの煙がダメです。
Posted by:大叩き男 at 2010年02月05日(金) 18:35

joshuaさん、こんばんは。
私も親しいゴルフ仲間に、喫煙者が多いので心苦しいです(笑)。
でも、私の知っている喫煙者達は、自分の吸っている煙草の煙の流れて行く方向に何時も非常に気を使っていますので、一緒にいて不快になった事はありません。
Posted by:大叩き男 at 2010年02月05日(金) 18:38

たっけさん、こんばんは。
それぞれの楽しみで、法に触れるものでもなんでもありませんから、煙の行方さえ気にしていただければ、共存出来ない事はないと考えてます...
Posted by:大叩き男 at 2010年02月05日(金) 18:41

myひげおやじさん、こんばんは。
私の知り合いの喫煙者達も、実に良いゴルファーではあるんです。
だから、煙草を吸わないものとして、「これだけは」という暴論なんです。
喧嘩を売っている訳では決してありませんので...
Posted by:大叩き男 at 2010年02月05日(金) 18:43

おっちゃんさん、こんばんは。
せめてこれだけは、というお願いです(笑)。
Posted by:大叩き男 at 2010年02月05日(金) 18:44

とりあへさん、こんばんは。
筒井康隆は結構読みましたがそれは知りません。
もし良ければ、その小説の共感するなり反発するなりのポイントを教えていただけませんか?
Posted by:大叩き男 at 2010年02月05日(金) 18:45

選ばれし物さん、こんばんは。
私の知り合いの喫煙家達はみんな「マイ携帯灰皿」を使っていまして、コースの灰皿は使っていません。
Posted by:大叩き男 at 2010年02月05日(金) 18:52

GOROさん、こんばんは。
タバコの匂いが嫌いな人にとっては、「煙が来る」ってことはゴルフの楽しみも素晴らしさもみんな消し去ってしまうくらいに辛い事と聞いています。
煙草を吸う方は、そんな事も頭に入れておいて欲しいと...そうも思います。
Posted by:大叩き男 at 2010年02月05日(金) 18:57


ZOさん、全くその通りです。
私の知り合いのタバコを吸うゴルファーは、みな「ケイタイ灰皿」を持っています。
そういう人が気を使ってタバコを吸う事を、私は「やめろ」とは言えません。
そうしてお互いが影響なく楽しめれば、それも「大人のゴルフ」でしょう。
真面目な「遊び」ですから、「禁止事項」でがんじがらめにしたくはないです。
相手に気を使う事で、お互いに好きなゴルフを楽しめれば...と。
Posted by:大叩き男 at 2010年02月05日(金) 19:02

青空白ボールさん、はじめまして。
どうもありがとうございます。
「頑張る」なんて肩肘張らずに、「ゆるり」とゴルフを長く楽しんでいきましょう。
Posted by:大叩き男 at 2010年02月05日(金) 19:05

ココにあること 
色んな意見が出てます
ただ自分が思うのは
日本人みょーに過敏 線が細すぎ
Lazy Jack そのものに見えてしょうがない
ってことなんですけどね
Posted by:とりあへ at 2010年02月05日(金) 19:20

とりあへさん、こんばんは。
吸う人が吸わない人に「過敏すぎる」とは決して言ってはいけない言葉だと思いますよ。
私も煙は嫌ですが、影響のないようにして共存出来ると思っているんですけど...
筒井康隆の話、彼の「言葉狩り」への抵抗の精神だったら多いに賛同するんですが...
タバコは次元が違うと思います。
それより、かってタバコがもとの肺ガンで死んだユル・ブリンナーが、死を前にして有名な公共広告のCMに出て、「私が今度生まれ変わったら、絶対に煙草は吸いません」と自ら語った事を思い出しました。
Posted by:大叩き男 at 2010年02月05日(金) 19:55

過敏すぎるという言葉にはタバコの煙だけではなく
現在の日本の健康志向といいますかなんちゅうか
排除することで身の安全を図りたいというのを感じてます
島国根性というか くさいものにはふたというか
マナー TPO これは当然守られるものであるべきだと思いますし従います
ただ片側からの嗜好に自分の行動が一方的に制限されるのは(議論なしに)本意ではありません
Posted by:とりあへ at 2010年02月05日(金) 20:15

難しい問題ですね。
健康志向、清潔志向の行き過ぎが、逆に病弱な身体を作る、という意見もありますし、行き過ぎると精神を病んでしまう事にもなりかねない...
花粉症も、回虫を入れれば治るとか(笑)。
さて、嗜好の問題には立ち入りたくはありません。
煙をこちらに流さないで、というのが主張ですので、よろしく。
Posted by:大叩き男 at 2010年02月05日(金) 20:25

煙をこちらに流さないで、というのが主張ですので、よろしく。
↑この言葉をその場で喫煙者に伝えていただければよほどの人格崩壊者以外のヒトは
すんません 気がつきませんでした
となるはずです もちろん自分も必ずそうします
喫煙者が無頓着てのもハズカシナガラありますのでどんどんおっしゃってください
ヒトはわかりあえるはずですからね
Posted by:とりあへ at 2010年02月05日(金) 20:49

とりあへさん、私の「暴論」は本文とコメントに書いた通りです(笑)。
Posted by:大叩き男 at 2010年02月05日(金) 23:21 」

|

« 初めてのガッツポーズ  (2010年2月3日) | トップページ | 春の旅  (2010年2月6日) »

天下の暴論」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1457285/38514578

この記事へのトラックバック一覧です: 天下の暴論...5 (2010年2月4日):

« 初めてのガッツポーズ  (2010年2月3日) | トップページ | 春の旅  (2010年2月6日) »