« ゴルフシーズンなんだよなあ... (2010年5月16日) | トップページ | ドライバー2本でも..(2010年5月18日) »

2011年1月18日 (火)

パターが手からずり落ちそうに...(2010年5月17日)

Bu100517


「パターが手からずり落ちそうになるくらい、ゆるく握りなさい」...ボビー・ロック。

これは、パットの名手と言われたボビー・ロックが、パターのグリップの力加減を聞かれた時に答えた言葉だと言う。

パターのグリップというのは古くからのイギリスの名言で「パターはひよこをつかむようにグリップせよ」だとか、英語で「Feather grip」と言うように、「弱く握る」のが確かな正解らしい。
パットが苦手とか下手という人は、例外なくグリップを強く握り過ぎているというのだが...どうなんだろう?

どうもテレビの映像や動画で見ても、或いはプロのパットを近くで見ても、グリップの力加減までは良く判らないので「へえ、そうなのか」としか言えないような。
ただ、短い距離をよく外す人を見ていると、グリップする指が白くなるほど強く握っている事が多い。
そのために、どうしてもスムーズなバックスイングができず、ヘッドが左右に揺れるような不安定な軌道を動いて、痙攣したようなインパクトでボールに当たる。
酷くなると、短い距離なのにとんでもなく強く当たったり、打った瞬間に方向も強さも違うのが自分で判ったり...
そうなると所謂「イップス」と言えるんだろうけど(高い金や生活のかかっていない素人がイップスになる訳ないと言われて来たけど、素人なりに一生懸命やっている人にそうなっている人多いと思う)。

此処はボビーロックを信じて、「パターがずり落ちない程度」にゆるく握って打ってみよう。
...私の場合はロングパターなので、右手をゆるくすればいいんだけれど...
どうも私自身は「パットが入る入らないはその日の運任せ」と思っているから、上手くならないのかも。

「ゆるく握る」...プロの世界で最近の流行とでもいえる「クロー・グリップ」なんて、指の力(特に右手の)を抜くためにあんな形になったような気もする。

...ボビー・ロックに、ある人が「全英オープンで最後の4フィートのパットを入れたら優勝出来るという時は?」と聞いた時、その答えは「その時は、もっとゆるく握りなさい」...(摂津茂和氏『不滅のゴルフ名言集」による)。

パターが苦手な人はやってみる価値あるのでは?

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「早速今夜の練習から試してみます。
Posted by:ナベパパ at 2010年05月17日(月) 12:31

手のなかの小鳥をつぶさないように、とか。
フタの開いた歯磨き粉のチューブの中身が
出ないように、とか。
いろいろな事を言いますよね。
Posted by:たま at 2010年05月17日(月) 14:15

パターヘッドの軌道が波打っちゃうので
どうしても、しっかり握って修正しようとする・・・
って、悪循環で「スパイダー」が使えなくなりました(笑)
でも、ゆるく握ったら良かったか?
と言われても・・・・(爆)
Posted by:koba at 2010年05月17日(月) 16:16

ナベパパさん、こんにちは。
多分ボビー・ロックが言っている事は正しいと思います。
...が、私自身は心の底で「パットなんて運次第」なんて思っていたりして(笑)。
責任持てませんですが、試して下さい(笑)。
Posted by:大叩き男 at 2010年05月17日(月) 17:05

たまさん、こんにちは。
確かに「柔らかく持て」という意味の言葉は沢山ありますよね。
それを考えると、強く握るよりはゆるく握る事の方が正しいのは間違いないと思います。
最近は全てのショットで「ゆるゆる」グリップというのもはやっていますし(笑)。
Posted by:大叩き男 at 2010年05月17日(月) 17:10

kobaさん、こんにちは。
スパイダーはそれでやめたんですか...
むしろゆるく握って「振り子」のようなイメージでパッティングした方が良かったとか...
私もパットが得意ではないんで、よくわかりません(笑)。
Posted by:大叩き男 at 2010年05月17日(月) 17:13

↓こういうのもあるんですよ。
パットのグリップは普段から強く握ること
パットのグリップの強さ
個人的には
「パットなんて運次第」が正解だと思います。
Posted by:たま at 2010年05月17日(月) 17:56


たまさん、どうも。
実は書こうかどうか迷っていたんですが、青木プロなんかも「近いほど強く握れ」なんて言っていた事があるような(不確かです...すみません)。
私はロングパターなので、ハーフ18パットならいいや、と思っているくらいです。
ただ打つ前に、神頼みはします(笑)。
Posted by:大叩き男 at 2010年05月17日(月) 18:20

パターに基本スイングは無い!
って言いますが、其々なんでしょうね~
私は、左肘をしっかり握って目標に向かってL字に曲げ、
右手を軽く添えて目標に送る方法なんです。
ひっかけは少ないと思いますが、スタイルは格好悪いかもです
パターってドライバーより緊張しますね~
Posted by:おっちゃん at 2010年05月18日(火) 06:10

書家の方々が力いっぱい筆握ってるかってコトだと思いますよ
青木さんについては・・(ココ参照)らしいです(笑
Posted by:とりあへみやび at 2010年05月18日(火) 06:44

おっちゃんさん、こんにちは。
パターは「入るか入らないか」だけで、結果がすぐに出ますから、余計にプレッシャーがかかるんですよね。
実際に無欲な子供の方が短いパットは良く入ります。
だから余計に、考え過ぎるとおかしくなるんですよね。
「入るも入らないも運次第」にした方がゴルフを楽しめる、と個人的には思っています。
Posted by:大叩き男 at 2010年05月18日(火) 14:21

とりあへさん、こんにちは。
高松プロが言ってましたか(笑)。
以前、何かの本で青木がそう教えているのを読んだ事があるような気がしてました。
あれは「青木だけにできる事」なら納得です。
Posted by:大叩き男 at 2010年05月18日(火) 14:23 」

|

« ゴルフシーズンなんだよなあ... (2010年5月16日) | トップページ | ドライバー2本でも..(2010年5月18日) »

ゴルフ名言かってに解釈」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1457285/38515873

この記事へのトラックバック一覧です: パターが手からずり落ちそうに...(2010年5月17日):

« ゴルフシーズンなんだよなあ... (2010年5月16日) | トップページ | ドライバー2本でも..(2010年5月18日) »