« マッスルバックアイアンの打感 (2008年9月13日) | トップページ | ライ角、ロフト角の調整には注意! (2008年9月17日) »

2011年1月16日 (日)

悔いる出来事  (2008年9月14日)

Bu80914_2


昨年、茨城県Sゴルフ倶楽部のオープンコンペで...

ティーショットがいつものように曲がりまくって、右や左に、とっちらかっていた。
それでも何とか耐えてはいたけど、「いくらなんでも、これ以上は叩けないな..」なんて考えで臨んだロングホール。
右のOBを嫌がって振ったショットは、「やっぱり」の左の林一直線。
ロングだから、「ともかくパーではあがりたい」の気持ちで、ボールを探す。
「ここにあったわよー!」のキャディーさんの声。
「ありがとー!」とホッとしてその場所へ。
なんとか木の間からフェアウェイに出せそうな場所に見える。
ライもそんなに「極悪」な場所じゃない。

...が、ボールの30センチほど横に、寄り添うようにして咲いている、白い山百合の花2本...

一瞬、「このまま打っちゃあいけないんじゃないか、」って考えが頭を過ぎった。
「絶対に振ったらこの2本の山百合に当たるぞ、アンプレにしよう」
「いや、ここでアンプレにしても、ドロップできる場所は打てそうもないとこしかないし、ティーグランドまで戻るのは時間が掛かりすぎる」
「いいじゃないか、一打や二打かかっても、たいしたスコアじゃないんだし」
「いや、今日はスコアが悪いから、これ以上叩きたくない...たかが山百合じゃないか」
....
同伴競技者を待たせたくなかったので、後ろめたさを感じつつ、...打った。
ボールはフェアウェイに出た。
が、残ったのは叩き折られた2本の山百合。
「ナイスアウト!」の声の中、「馬鹿な選択をしてしまった...」の後悔の声が頭の中にこだましている。
俺は、ひょっとして凄く悪いことをしたんじゃないか?

たかが「花」だけど、たかが「遊び」だ。
一打、二打を惜しんで、俺はその日のプレーをフイにした。

そんなことが、深い悔いを残すと、この年になって気が付くとは....

。。。。。。。。。。。。。。。

「素敵なブログですね
とても勉強になります
Posted by:Shu at 2008年09月14日(日) 12:44

Shuさん、はじめまして。
楽しんで、よりゴルフが好きになって頂ければ、と。
そして、「嫌な奴ほどゴルフが上手い」なんてゴルファーにならないように、と。
お気楽に(笑)。
Posted by:大叩き男 at 2008年09月14日(日) 19:36

初めまして…jackです。ジルピーさん経由で来ましたが、ありがとうございます。とても素敵なブログですね。また、ユリの事は共感を致しました。アメリカの場紹介を続けますのでまた遊びに来て下さい。今日はとっても清々しい気持ちにさせて貰って感激です。 jackでした。
Posted by:ジャック at 2008年09月14日(日) 19:44

jackさんはじめまして。
友達登録の方、承認しておきました。
ゴルフもブログも愉しんでください。
Posted by:大叩き男 at 2008年09月14日(日) 20:4

確かに、そうですよね。
アザミの花でもって話もありますが
私もこの前ブッシュからススキなので気にせず打った後
花が咲いてなければ良いのか?
木の枝は折れたらダメだけど、草は?なんて
ちょっと気まずい思いを引きずってます。
Posted by:みずお at 2008年09月15日(月) 08:19

みずおさん、おはよう。
次からは、ニヤッと笑ってさりげなく「アンプレにします。」と言いたいですね。
別に理由も言わずに。
Posted by:大叩き男 at 2008年09月15日(月) 09:5 」

|

« マッスルバックアイアンの打感 (2008年9月13日) | トップページ | ライ角、ロフト角の調整には注意! (2008年9月17日) »

ああ,ゴルフ!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1457285/38497590

この記事へのトラックバック一覧です: 悔いる出来事  (2008年9月14日):

« マッスルバックアイアンの打感 (2008年9月13日) | トップページ | ライ角、ロフト角の調整には注意! (2008年9月17日) »