« 年をとったら...  (2010年9月13日) | トップページ | 2010オープンコンペ第4戦 (2010年9月17日) »

2011年1月18日 (火)

始めなかった男   (2010年9月16日)

Bu100916


高校時代のスーパースター。
高校野球のヒーロー。
地元では、今でも名前が覚えられているという男。

山あり谷ありの人生に、どんな環境の激変があっても野球に関わり続けて来た男。
草野球でもシニアの野球でも、少年野球でも高校野球の先輩としても野球から離れなかった男。

野球を諦めたらゴルフを始めると言っていて、道具まで揃えてやったのに「一歩」を踏み出さなかった男。
それでも、いくつになって始めても上達出来て楽しめるのがゴルフなんだから、と待っていてやったのに...

彼は若い頃に、くも膜下出血をやった。
今年軽い脳梗塞をやった。
その脳梗塞の薬「ワーファリン」(血液を固まりにくくする薬)を飲んでいたために、再びやってしまった脳出血の症状が悪くなってしまったという...言葉が話しにくくなり、半身に麻痺が残った、と言う。
それでも、明瞭ではない話し方ながら携帯で「もう野球は無理やから、諦めてゴルフを始めるわ」「おう、始める決心がついたんなら、俺が手伝ってやるから。」
「まず、リハビリして身体を戻したら、早速始めようぜ。」

,,,しばらくして携帯が通じなくなった。
2ヶ月ほど連絡がつかない状態が続いたので心配していたら、ある日家の電話が鳴った。
「おお...元気か...」
「今、どこにいるんだ? 携帯がつながらないんだけど。」
「ああ、おれ...精神病院にいるんだ,..。」
で、切れた。
心配になり、状況がわかりそうな人に片っ端から電話をかけて、やっとわかったところは...
脳出血の影響か、幻覚が出て病院を出て行ったり、夜中に徘徊したり、他人の病室に入って行ったりで危険なために、フロアごと鍵がかかる病院に緊急に入院しているという...
それで携帯が使えずに、10円球で電話してくるためにすぐに電話が切れてしまう...

何度目かの彼からの電話でやっとわかった彼の気持ちは、「フッとすると高校生になった自分がいるんだ」「あるときは中学生だったり..」
このような状況が改善されないと、退院出来ないらしい。
それに、今は独りで生活出来ないという事で介護施設に入居したいのだが、徘徊があると受け入れてもらえないんだとか...

遠い九州の外れにいる彼に、なにも出来はしないのだけど...「あの男が、どうして...」と落ち込んでいる自分がいる。
運動能力ではライバルと認めた男(脚は彼の方がぶっちぎりに速かったけれど、肩の力やバッティングと瞬発力ジャンプ力は俺の方が上だった)の今の姿...
彼の私生活がどうだったかは殆ど知らないが、年に一度くらいあって酒飲むだけであいつは俺の事を「お前は俺の一番のツレだ」と言っていた。

何度かゴルフを一緒にやろうと誘ったけれど、ついに始めないままで今になり...フェアウェイを笑いながら歩くことは、もう絶対に無理になったんだろうなあ...


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


「世間の常識から収容となってしまったんでしょうがその常識って言うのは誰が決めたんですかね
中学、高校の頃の気持ちのままで今現在に至る自分もその常識とやらからすれば隔離されるべきなんでしょうか?
他人と違うことを本当に認めず排他するこの国に栄光アレ
Posted by:とりあへ at 2010年09月16日(木) 15:17

脳の病気と心の病気を持っている私としては,
とっても考えさせられます。
そんなに運動は得意じゃないですが。
幻覚と徘徊があっては,
他の人が怪我をする前に『鍵』というのも
判らなくはないのですが‥‥‥。
Posted by:はなたれ at 2010年09月17日(金) 01:51

とりあへさん、こんにちは。
難しい問題ですねえ。
ただ、彼が一人暮らしを出来ない、という場合に受け入れてくれる期間というのはあるんでしょうか?
また、「幻覚」がどれほどのものなのか...よくわかりません...
Posted by:大叩き男 at 2010年09月17日(金) 12:49

はなたれさん、こんにちは。
幻覚も、所謂覚せい剤中毒者のように危険なものではないと思うのですが、他人にとっては危険を感じるものなのかもしれませんね。
脳出血の影響で、そういうことが起こるとは知りませんでした。
それが収まれば退院出来るという事なのですが...
Posted by:大叩き男 at 2010年09月17日(金) 12:51

私は幻覚の症状はないのですが,
患者仲間から聞いたところ
自分自身を攻め立てるようなものが
多いとのことです。
そこでうずくまってしまうか
対象(幻覚)に攻撃するかは
人によって違うらしいのですが,
何にせよ,症状が落ち着いてほしいですね。
Posted by:はなたれ at 2010年09月17日(金) 13:00

脳出血に起因するのであればその血腫を取り除く事で快方に向かう可能性もあるわけで
原因を言うだけで治療しないと言うのは医療行為と言えるんですかね?
現代医学に乾杯です
ちなみにVIPならばどうなんでしょね?
Posted by:とりあへ at 2010年09月17日(金) 17:05 」

|

« 年をとったら...  (2010年9月13日) | トップページ | 2010オープンコンペ第4戦 (2010年9月17日) »

ゴルフな人々」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1457285/38518500

この記事へのトラックバック一覧です: 始めなかった男   (2010年9月16日):

« 年をとったら...  (2010年9月13日) | トップページ | 2010オープンコンペ第4戦 (2010年9月17日) »