« 忘れられないプロゴルファー37「ハル・サットン」 (2009年5月11日) | トップページ | やばい! (2009年5月15日) »

2011年1月17日 (月)

会のルール (2009年5月13日)

Bu090513


私が幹事の時に、なんでこんなルールになるんだろう。
このサークルに入って5年、順番で今年は私が幹事になった。

練習場の教室に入ったことで、その生徒が中心になっているこのサークルを紹介されて参加した。
3ヶ月に一回コンペをやって、会費から賞品や賞金を出してみんなで競う。
メンバーは20人くらいいるけど、休会する人もいて今参加しているのは14人。

この前の総会で、ルールの見直しの提案があった。
私がこの会に参加したときから、この会は「ノータッチ、完全カップイン」が基本ルールで、それを聞いたうちのダンナも「女性のサークルで、それは珍しいねえ...みんな本当にゴルフが好きなんだ」なんて感心していた。
ダンナは上手くはないけど、「ゴルフというものはティーアップしたら、グリーンに乗るまで絶対に手で触ってはいけない」という考えで、私がゴルフを始めたときから「それだけは守れ」と教え込まれた。
...それが、「そんな厳しいこと言わないで、6インチしましょうよ」という提案があった。
このサークルは会員の三分の二の賛成でルール変更できるとかなので、多数決をとったら...11対3で、「6インチあり」になってしまった...ついでに「OK」もありに。

反対したのは、いちばん上手いKさんと、私と、足が少し悪いけれどゴルフに一番熱心なTさんの3人だけ。

私は2回しか100を切ったことがないし、ハンデが多いときに一回優勝しただけで、ちっとも上手い訳じゃあないんだけれど、ゴルフって運・不運もその楽しみの一部だって事は判る。
自分じゃあナイスショットだと思っていたのが、行ってみたら最低のライにボールがあってがっかりする、なんてこともよくあるけれど...それがゴルフだって思っている。

何で私が幹事の時に、こんなルールになっちゃうんだろう...みんな良いライにボールを置き直して、それで(インチキなのに)良いショットを打ちたいんだろうか?
うちのダンナに話したら、
「せっかく本当のゴルフを楽しんでいたのに、みんなで偽ゴルフをするようになっちゃうんだねえ。」
「OKパットはともかく、6インチありにするなんて...もったいない。」
「お前は触らないゴルフをしろよ。」
「それとも、会をやめて他でゴルフする?」

やめるわけにはいかない...週に一回の練習のあとの、みんなで食べる昼ご飯やおしゃべりが楽しいんだから...

「ノータッチで」、なんて主張すると「そんなに堅く考えないでよ」とか「カッコつけないでよ」なんて言われるし、「良いスコアが出た方が楽しいじゃない?」なんてみんなは言うけれど...

今度のコンペでは、みんなボールに触りまくるんだろうなあ。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「私の場合は
アリアリのコンペでも
ノータッチ、
自分で納得いく距離以外は
カップインでプレーします。
自分自身に嘘をついているようで
どうも気分が悪いです。
他のプレーヤーのことは、
気にしないようにするしかないですね。
Posted by:toy at 2009年05月13日(水) 12:34

toyさん、こんにちは。
ゴルフは「play as it lies」が基本中の基本ですからね。
心配なのはこういう会でルールを変えると、正しくノータッチでプレーしている人が「プレーしにくくなる」ってことですね。
こんな事で「悪貨が良貨を駆逐する」なんて事にならなければいいと思っていますが...
Posted by:大叩き男 at 2009年05月13日(水) 15:41

なんで触りたがるんでしょうかねぇ、ホントに・・・それはゴルフではないんだということは、考えもしないんでしょうねぇ・・・(哀)
Posted by:ひろみろ at 2009年05月13日(水) 23:07

スコアカードの裏面にローカルルールとして謳ってある”日本の変なゴルフ文化”だと思うんですが、それがさらに酷い状態になっているように思われます。
最初は、『6インチにプレースすることができる』って表現だったのが、最近では『保護のため~して下さい』って、ゴルファーに6インチを促すような表現になってたりします。
また、とあるゴルフ場では『OBの場合、前方の特設ティーから4打目としてください。打ち直しはご遠慮願います。』だって。
ゴルフ場の都合主義によるルールの歪曲化であり、そういう雰囲気が蔓延しているのが残念だと思う今日この頃です。
Posted by:MR-G at 2009年05月13日(水) 23:58

ひろみろさん、こんにちは。
「ゴルフを知らない偽ゴルファー」の方が多数になってしまったとき、世界からは「ジャパニーズゴルフ」とか言われて笑いものになりそうです。
Posted by:大叩き男 at 2009年05月14日(木) 09:22

MR-Gさん、こんにちは。
最近オープンコンペに出る情熱が薄れてしまったのは、それが原因です。
美浦ゴルフ倶楽部でのオープンコンペの際、チョロして林に入っても300ヤード先の前進ティー、落ち場所が確認できないので暫定球を打とうとすると「前進ティーでお願いします」、ショートホールでは池でもOBでもカラーから前進3打なんてのばかりで、「こんなインチキ、もう嫌だ」なんて気になってしまいました。
Posted by:大叩き男 at 2009年05月14日(木) 09:29 」

|

« 忘れられないプロゴルファー37「ハル・サットン」 (2009年5月11日) | トップページ | やばい! (2009年5月15日) »

ゴルフな人々」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1457285/38507703

この記事へのトラックバック一覧です: 会のルール (2009年5月13日):

« 忘れられないプロゴルファー37「ハル・サットン」 (2009年5月11日) | トップページ | やばい! (2009年5月15日) »