« 忘れられないプロゴルファー35「カーチス・ストレンジ」(2009年4月27日) | トップページ | いつもアゲンストウインドばっかり (2009年5月2日) »

2011年1月17日 (月)

ショートウッドとロングアイアン (2009年4月29日)

Bu090429_2


練習場では、その差は歴然としていた。
同じ200ヤード弱の距離を、4番アイアンで狙うのと9番ウッドで狙うのと...

決してロングアイアンは嫌いじゃないんだが、4番アイアンで狙うとミスの数は9番ウッドの倍以上になるだろう。
ちょっと薄い、ちょっと開いた、ちょっと捕まえすぎた、ダフった、トップした...ボールの落下点は中々一定することがない。
それに比べると9番ウッドは、「ボールを捕まえる」ということでは圧倒的に易しく、同じ地点にボールを落とすことはずっと易しい...偶に出るミスはボールを捕まえすぎて左に行くことくらい。
ラウンドでも、穏やかな天気だったときには200ヤード弱のグリーンを狙い打ちできて、何時もボギーを打ってしまうような長いミドルホールをピンにつけて、初めてのバーディーを奪ったりも出来た。

「ずっとこれで行こう」なんて決めて、ウッド5本アイアン8本のセットで望んだパブ戦のラウンド。
...朝から吹き付ける強風の前に、ショートウッドの出番は全くなかった。
午前中に一度、午後に一度使ってみたが、高く上がるボールは風に翻弄されて、予想もつかないようなところに行ってしまう。
例えば195ヤード左のグリーンで、左からのサイドアゲンストの強風...ウッドを使った人は右グリーンのさらに右まで流されてしまう。
それを見て、4番がなかったので5番アイアンで低く抑えた球を打つと、そのボールは風の下をかいくぐり、なんとカラーまで行ってくれた。
最近やっていた6アイアンや7アイアンだけの打ち込みが、以前は得意としていたアイアンの打ち方を思い出させてくれたようで、この日の午後はパンチショットや、低いドローボール、カットしてグリーンに止めるボールなどがそれなりに打てた。
アイアンは面白い...いろんな打ち方でいろんな風に遊べる...高い球一辺倒のショートウッドよりずっと面白い。

以前は1番アイアンから入れていたり、2番アイアンからなんてのが長く続いたんだけど、暫くゴルフから離れていたために、ずっと「もう歳なんだから」と自分に言い聞かせていた...
元々ウッドよりアイアンが得意だったんだから、「歳だから」なんて言い訳してウッド増やすのはやめて...32-3才のゴルフ部出身の若者と、飛距離も正確性もいい勝負出来たんだから、全く振れなくなるまで以前のようにぶん回してコースに望もうか...

ゴルフは自然と遊ぶゲーム、風のない日にしか使えない道具で通用するはずがない。
ロングアイアン持って、風と戯れる...そんなゴルフをする気になった。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「私も同感です。
現在、2Iを手に入れ、打ち込みに夢中になっております。
先日のパブ選で学んだロングアイアンのパンチをもって、昨日オーチャードをブラックから回ってきました。7104ヤード、80の壁は破れませんでしたが、やっぱり面白かったです。
大叩き男さんのアドバイス通り河川敷でのゴルフには学ぶべき点が多々あるように感じました。
今ロングアイアンが大好きです。
Posted by:左隅の男 at 2009年04月29日(水) 14:58

こんにちは。
逆に私は今週から11Wまで使い始めました(苦笑)Iは6番からです。
5Iもまあまあ打てるのですが時折でる大ミスが許せず、ミスが計算できる範囲で収まる11Wに代えた次第。
どちらが優れているかは考え方次第ですね。
考えた上で決めたのであればどっちもアリなのでは?
Posted by:新浦技研 at 2009年04月29日(水) 18:07

左隅の男さん、こんにちは。
2アイアンは使いこなすと、実に気持ちの良いクラブなんですよねえ。
芯食った感触がたまりません。
今はプロでさえ殆ど使わなくなったクラブですが、使いこなせればアイアンは全て自由自在に扱えるでしょうね。
「風」があるときは、やはりアイアン...自分でも、ロングアイアンを、まだしばらくは使いこなせるかも知れない、なんて気になっています。
Posted by:大叩き男 at 2009年04月29日(水) 19:14

新浦技研さん、こんにちは。
11Wというと、何ヤードを打つんでしょう?
風のない、あるいは弱いときは「ショートウッドの方が絶対に易しいし、ピンを攻められる」、というのは今でも変わらずに思っていますが、ひとたび風が吹くとお手上げなのも事実。
天気で使い分けるしかない、と感じています。
そのためにも、一応ロングアイアンを使えるようにはなっておかないと、ということです。
ロングアイアンが使える状態であれば、天気の大人しいときには、ショートウッドでピンを攻めることは易しくできますから。
これからはウッドとアイアンの両刀遣い?で行きます(笑)。
Posted by:大叩き男 at 2009年04月29日(水) 19:21

こんばんは
そんな中年ゴルファー、ちょっとカックイイです
Posted by:Shu at 2009年04月29日(水) 19:45

Shuさん、こんばんは。
ロングアイアンで、右に左に高い球低い球...ピンに向かってボールを自由自在に操れる...そんなゴルファーに私はなりたい(笑)。
Posted by:大叩き男 at 2009年04月29日(水) 21:24

大叩きさん、お久しぶりです、、、
ロングアイアンで風と戯れる、良い言葉ですね
がアメリカで一番好きなアメリカンクラブ(ウィスリング・ストレーツ)の風神と同じ感じのイラストで思い出しました。KOBAさんもいらっしゃる、TBGCへの参戦お待ちしてます。。。
Posted by:♪ジャック♪から at 2009年04月29日(水) 22:52

ジャックさん、こんばんは。
TBGC、ばたやんさんの傑作に、よろめきました(笑)。
kobaさんの活躍も、お聞きしてます(笑)。
近いうちに遊びに寄らせてもらいます。
Posted by:大叩き男 at 2009年04月29日(水) 23:36

お久しぶりです。
たびたびお訪ね有難うございます。
もし、お時間があれば「TBGC」にお越し下さい。
楽しく、明るく、ユニークなメンバーが集まりましたよ。ホント・・・
Posted by:下総の彦十  at 2009年04月30日(木) 01:01

下総の彦十さん、お久しぶりです。
子分の方々のご活躍(笑)、面白がっています。
私はとても「ベイエリア」とは言えない場所に住んでいますので、遊びに寄らせてもいます。
しかし、良い子分をお持ちで(笑)。
Posted by:大叩き男 at 2009年04月30日(木) 09:47 」

|

« 忘れられないプロゴルファー35「カーチス・ストレンジ」(2009年4月27日) | トップページ | いつもアゲンストウインドばっかり (2009年5月2日) »

道具で上手くなれるなら」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1457285/38507490

この記事へのトラックバック一覧です: ショートウッドとロングアイアン (2009年4月29日):

« 忘れられないプロゴルファー35「カーチス・ストレンジ」(2009年4月27日) | トップページ | いつもアゲンストウインドばっかり (2009年5月2日) »