« ロングアイアンか? (2010年1月26日) | トップページ | 出会いと別れ  (2010年1月28日) »

2011年1月18日 (火)

記憶に残るアイアンマン (2010年1月27日)

Bu100127


何年か前のI県でのオープンコンペで一緒になった男は、身長190センチ近い大きな男だった。
野球をやっていたという身体は、まだ中年太りには早く、尻の筋肉も若い頃の運動の遺産として十分に活躍していそうな体型だった。
いっしょに並ぶと(体重では勝っているみたいだったけど)182センチの身長の自分が、一回り小さく感じる程。

この男が殆どのティーショットを1番アイアンで打つ。
それが飛ぶ!
自分のドライバーの当たりが悪いと、負ける。
もう一人の同伴競技者は完全に30ヤード近く置いていかれる。
その打球は中弾道で約250ヤード前後飛び、フェアウェイをほぼ捉える。
オープンコンペの白ティーからだとほとんどのホールでセカンドはウェッジだった。
しかし、彼のキャディーバッグを見ると最新のドライバーがちゃんと入っている。
「ドライバーは使わないんですか?」
「ええ、僕はウッドが苦手なんですよ。」
「一応、ドライバーはボーナスでカスタムで組んで作ってもらったばっかりなんですけど...」

それでも一度だけ、午前中だけのドラコンホールで彼はドライバーを手にした。
...が、そのボールは酷いプッシュアウトで林の真ん中に飛んで行った(飛距離は出ていた)。
アウトは、そんな事があって37。
インに入ると、490ヤード程のロングホールで1番アイアンと4番アイアンで2オンしてイーグル。
もう一つのロングも2オンしてバーディー。
しかし、飛び過ぎの池ポチャなどがあって、インは38。
とうとう午後は一度もドライバーを手にしなかった。
コンペではグロスで2位、新ペリアではハンデホールでバーディーやらイ-グルやらで、大はずれとなり賞品はつかなかった。

「なんで1番アイアンが得意なんですか?」
「ええ...僕は前に野球やってまして...」
「25からゴルフ始めたんですけど、アイアンは棒切れの先に打つ場所が付いているだけの様な気がして、野球のバットと似た感じで振り切れるんです。」
「でも、ウッドは全然違う場所で打つような気がするのと、なんだかねじれるような気がして...まっすぐ飛ぶ気がしないんです。」

...判ったような判んないような...
でもヘッドスピードも十分ある彼だからこそ、1番アイアンで250ヤード飛ばしてるんだろうなあ。
外角低めを右中間にホームラン、そんなイメージだって言ってたっけ...

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「イラスト、ステキです。
この後放たれる球筋が容易にイメージできますね。
こんなトップ、あこがれます。
1番アイアンで250y、カッコ良すぎです。
Posted by:たっけ at 2010年01月27日(水) 15:33

たっけさん、こんばんは。
ありがとうございます。
今まで沢山のプロやアマチュアと回りましたが、こんな風に1番アイアンを使っている(使えている)ゴルファーは彼一人でした。
もっとも、プロはもう1番アイアンなんか使いませんけど(笑)。
Posted by:大叩き男 at 2010年01月27日(水) 21:09

なんとなく言っている意味は分かる気がします。
アイアン、特にロングアイアンはシャフトの重心に近いところにスイートスポットがあります。ドライバーはシャフトから外れたところにヘッドがあって、なんとなくどこに飛んでいくか分からないのでしょう。
ヘッドスピードが速い人ならではの感覚でしょうね。ヘッドスピード40前後の自分には分からない感覚ですが....
Posted by:torachan at 2010年01月27日(水) 22:39

torachanさん、こんばんは。
これは重心距離の問題だと思いますが...
実は私も重心距離の長いアイアンは苦手で、キャロのシリーズハ上手く打てませんでしたので、何となくその感覚が判ります。
彼のように身体があって、ヘッドスピードが軽く50を越える人はその感覚がより強くなるんだろうと想像します。
まだゴルフのスイングとしては発展途上なんでしょう。
仕事が忙しいのと新婚とかで、ゴルフをする時間と金がないと嘆いていましたが...
Posted by:大叩き男 at 2010年01月27日(水) 23:59

大叩き男さん、こんばんわ
自分はこの彼ほど身長もありませんし、スコアを作る技術もありませんが、ヘッドスピードはマン振りで57とかありましたから、そういった感覚に近いのかもしれませんね。
実際に先日のラウンドでもドライバーではOB、1番アイアンではフェアウェイキープだったので、本当にドライバーを封印しようかと思っているくらいです。
Posted by:ファルコンまつばら at 2010年01月28日(木) 02:22

大叩き男さん、こんにちは。
いつもながら絵が素敵ですね。
こんなトップが作れたらどんなに良いだろうと思います。
僕も一時良く1番を使いましたがこんなに飛びませんでした。(210Y位です。)
長い分しなってくれる気がしてロングアイアンが好きです。
草野球ですがやっていたので、今度外角低目を右中間に、と言うイメージ持ってみようと思います。
Posted by:た~ at 2010年01月28日(木) 07:37

たしか、かつてジョンデイリーがドライビングアイアン入れてましたよね、フェアウェイウッド入れないで。
私もかつて1I入れてましたが、今は3Iからです。
復活したら久しぶりに使ってみるかな。。。パーシモンと一緒に。。。
Posted by:yamasan at 2010年01月28日(木) 08:07

ふぁるこんまつばらさん、こんにちは。
え?
本当に57もあるんですか?
私はお店の甘い奴でも52か53。
プロの厳しい奴で49しかありませんがな(笑)。
ならば1番でも0番でもいけるでしょう。
一緒にアイアンの飛ばしっこでもやりますか?
いやいや、そんな事したらまた腰を痛める(笑)。
...ドライバー、ダメでしょう。
Posted by:大叩き男 at 2010年01月28日(木) 11:41

た~さん、こんにちは。
1番、好きとか使ってた人って案外いるもんですねえ。
私もピンアイ2プラスで1番を使っていた時には、普通の人のドライバーショットをアウトドライブしちゃあ喜んでいましたが(悪趣味)。
1番アイアンねえ...
Posted by:大叩き男 at 2010年01月28日(木) 11:44

yamasanさん、こんにちは。
ジョン・デイリーが彗星のようにデビューした全米プロで、600ヤードを超えるロングでピンの1番で2オンしてました...
Posted by:大叩き男 at 2010年01月28日(木) 11:46

大叩き男さん、こんにちわ
57はサイエンスアイポータブルと言うやつで45インチの(普通の)ドライバーでした。
55くらいは頑張れば何とか出せますが、57はそうそうには出ないですね。
でもどこに行くのか分かりませんし、シャフトが折れることもあるので、50くらいのイメージで振ってます。
私も普通の方のドライバーショットをオーバードライブすることが多いです。
悪趣味ですが快感です(笑)
Posted by:ファルコンまつばら at 2010年01月28日(木) 13:48

すみません。
過去ログ確認したら違っていたので訂正します。
誤:57はサイエンスアイポータブルと言うやつで45インチの(普通の)ドライバーでした。
正:57はサイエンスアイポータブルと言うやつで47.5インチ約460グラムのおバカなドライバーでした。
常々そうだろうとは思っていましたが、やはり「俺はバカ!!」です(苦笑)
Posted by:ファルコンまつばら at 2010年01月28日(木) 17:25

ファルコンまつばらさん、こんばんは。
47インチでしたか...
それにしても、大したもんです...今度飛ばしっこしましょう(なんて言いません)。
シャフトを折るってのもハンパじゃないですね。
私も以前、パーシモンの最後の頃に2回程出たばかりのツーピースボール「アルタス」をまっ二つに割った事はありますけど...(笑)。
Posted by:大叩き男 at 2010年01月28日(木) 18:28 」

|

« ロングアイアンか? (2010年1月26日) | トップページ | 出会いと別れ  (2010年1月28日) »

ゴルフな人々」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1457285/38514492

この記事へのトラックバック一覧です: 記憶に残るアイアンマン (2010年1月27日):

« ロングアイアンか? (2010年1月26日) | トップページ | 出会いと別れ  (2010年1月28日) »