« 腰痛対策?  (2010年6月24日) | トップページ | 夜空    (2010年6月26日) »

2011年1月18日 (火)

アラフィフティーの冒険  (2010年6月25日)

Bu100625


問題は山ほどあった。
迷っていた。

Hさんは、所謂「アラフォー」ならぬ「アラフィフティー」の女性...もう50に近いのか、なったのか。
先日、初めてオープンコンペに一人で参加した。
...それは、彼女にとって大変な決心だった。

山ほどある問題は、例えば...お金がない、車が無い、ラウンドは一年振り、練習にも月一度行ってるかどうか、人見知りするのに一人で参加、オープンコンペなんて出た事が無い...等々。
以前、といっても3年くらい前までは練習は週に一回、ラウンドは月に2度くらい行っていた。
ゴルフは初めて10年くらい、趣味と言うか、遊びの中では一番気に入っていた。

しかし、最近身の回りの「山ほどあるゴルフを続けるのが困難な問題」に対して、自分はどう対処すればいいのか。

そこで、自分が本当にゴルフをどのくらい好きなのか、ゴルフをどう思っているのか、オープンコンペというものに出て試してみようと思いついた。
勿論、いいスコアが出るなんてあり得ないし、賞品なんてとんでもない...でも、ここで嫌な思いをしたり、ゴルフを嫌いになるような出来事が起これば、それでキッパリとゴルフをやめられる...本心はそんな所。
探したのはHさんの住んでる私鉄の沿線で、電車賃とプレーフィーなど全部入れても1万円以下で、知り合いのいない初めて行くコース。
...気持ちは、なんだか無謀な大冒険に出る気分。

一緒になったのは、それぞれ一人で来ている五十代から六十代の男性3人。
「ご迷惑をおかけします。」と一応挨拶して言っておいたけど...

3人のうち六十代の一人は上手かった。
あとの五十代の二人は、一応アベレージゴルファーという所だろうか。
自分は一人レディースティーからだけど、緊張と練習不足からチョロや当たり損ねを繰り返し、自己嫌悪と申し訳ない気持ちで落ち込むばかり...ところが、「もうゴルフはやめよう」という気にならない。
...3人の男性が、チョロをそれぞれに励まして慰めてくれる、当たり損ねのボールを一生懸命探してくれる、バンカーで出なくても辛抱強く応援してくれる、パットのラインを自分のラインそっちのけで見てくれる...
六十代の男性は、ゴルフのこぼれ話をおもしろおかしく話してくれる。
自分のプライベートな事には立ち入らずに、なんとか落ち込む自分を楽しくさせようと気を使ってくれるのが感じられる。
五十代の男性達も、自分のミスを大笑いで笑い飛ばし、「ゴルフはスコアよりも楽しいのが一番です」なんて声をかけてくれる。

...スコアは、三桁を軽く越える散々なものだったけれど、「もうゴルフはこれでやめよう」なんて気持ちにはならなかった。
半分自爆するようなつもりで飛び込んだオープンコンペは、思わずほろりとするような暖かさで自分を迎えてくれた。
勿論、いい人達と一緒になった「運」もあったろうけれど、かえってゴルフの素晴らしさ...自分はやっぱりゴルフが好きなんだ、という事を自覚させてくれるものだった。

...おまけにパーティーでは、なんと「飛び賞」の55位で「ケーキ」のお土産まで貰ってしまったし...他の3人は微妙に入賞から外れてしまったのに。

帰りの電車の中では、バッグとケーキを膝に乗せて曝睡してしまった。
多分、アラフィフティーのオバサンのみっともない姿だっただろうなあ、と思う。

...でも、ゴルフのいい夢見ていたんだから...いいんだ。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「いい話ですね。
私もこのおばさんと一緒にゴルフしたいです(^.^)
Posted by:kazu at 2010年06月25日(金) 17:38

いや~ 泣けますね~
でも、ゴルフの素晴しさ楽しさを改めて感じます。
                   スコア別に!
「我がゴルフもそう有りたい!」そう思う記事です。
他のコメントは有りません! 感動です。
Posted by:おっちゃん at 2010年06月25日(金) 19:24

kazuさん、こんばんは。
どんなゴルファーにも、それぞれのドラマがあるものだと...
オープンコンペ、いいものです。
Posted by:大叩き男 at 2010年06月25日(金) 23:29

おっちゃんさん、こんばんは。
ありがとうございます。
上手い下手はともかく、真面目にゴルフに接している人はそれぞれみんないいエピソードを持っているものだ、と...
しみじみ感じます。
Posted by:大叩き男 at 2010年06月25日(金) 23:31  

いいお話ですねー
私もいまのところ、
オープンコンペでは楽しい思い出しかないです。
仕事も腰痛も大変ですが、
がんばってまたコンペに出ます
Posted by:mogi at 2010年06月26日(土) 12:33


mogiさん、こんにちは。
極たまにハズレの人と会う事もありますが、オープンコンペに一人で参加しているゴルファーの殆どは気持ちの良いゴルファーですね。
知らないコースで、知らないゴルファーと知り合い、また違ったゴルフの魅力を知る...オープンコンペの一番の魅力です。
Posted by:大叩き男 at 2010年06月27日(日) 15:33 」

|

« 腰痛対策?  (2010年6月24日) | トップページ | 夜空    (2010年6月26日) »

ゴルフな人々」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1457285/38516627

この記事へのトラックバック一覧です: アラフィフティーの冒険  (2010年6月25日):

« 腰痛対策?  (2010年6月24日) | トップページ | 夜空    (2010年6月26日) »