« 夏はもう... (2008年9月6日) | トップページ | 軟鉄鍛造? (2008年9月9日) »

2011年1月16日 (日)

ウェッジ探し、一段落  (2008年9月7日)

Bu80907_2


真面目にゴルフを遊び直そうなんて思ってから始めたウェッジ探し、一段落。

前にオークションで落とした、神の手「三浦」の52度と、「鳥肌」ゾディアの58度は仕事で世話になった人へお礼としてのプレゼントとして役に立った。
こういう「名器」には、使う人の腕さえあれば間違いはないので、安心して手渡せる(勿論自分でも気に入ってたものだから、喜ばれる自信はあった)。

そして、そのあとでやはりヤフオクで落とした、キャロウェイのVフォージド52度と、クリーブランドのCG11の58度。
これは両方とも当たり。
適度なスピンと重さが気に入っている。

それで欲が出て、ネットで評判の良いキャロウェイXツアーの52度とMD58が使ってみたくなり、やはりヤフオクで新品を半額で手に入れることが出来た。

ちょっと軽めなのだが、このXツアーのスピンの掛かり方は見事なものだった。
52度で残り100ヤードのショット、やや受けグリーンだったけどグリーン中央のピン横に落ちたボールは、バックスピンが掛かりすぎてグリーンからこぼれてしまった。
フルショットには注意が必要だけど、低く転がすとピン横でギュッと止まってくれるのが良い。
そして「MD」の58度、ホントによく止まる。
バンカーからも実に出しやすい。
でも、グリーン回りの夏の逆目のラフから、バンカーショットのようにちょっとフェースを開いてソールを使ってうとうとすると...引っかかって上手く打てない。
改めてソールを見ると、バンスが丸くなってなくて、中央がへこんだ凹型をしている?
「あれ?こんなソールだったの?」という感じ。

どうも使いづらくて、58度はクリーブランドのCG11にしている。
XツアーのMDのソールがこんな風だったとは知らなかった...勉強不足だなあ。

とりあえずウェッジは決まったんだけど、実戦でずっこけた俺は、これからは黒トップなんかの銅下メッキの軟鉄鍛造アイアンで、その感触を楽しむゴルフをしようか、なんて思い始めている。
当然競技ゴルフじゃなくて、楽しみのオープンコンペで。

でも、そうなるとまたウェッジの重さなんかが問題に...ならないか、その辺はおおらかに楽しむゴルフだったら。


。。。。。。。。。。。。。。。

「ャロのXツアーMD58使ってました。ソールが凹んでいるのは知ってて、と言うより新しいモノ好きなので、ミケルソンが惚れ込んだウェッジはどんなもんかと・・・
でも、凹んでるのがどんな作用をしているのか判りませんでしたけど・・・
ウェッジは色々使いましたけど、今はフォーティーンで落ち着きました。
Posted by:koba at 2008年09月07日(日) 21:22


ソールが凹んでいることで他と違うなあ、と感じるのはバンカー。
雨の降ったあとのしまったバンカーや、砂の少ないバンカーで「スパッ」と切るように打ち出していける。
バンスで跳ねると言う感地はない。
かといって、砂にもぐる感じもない。
ただ、フェースを開くと、その凹みが妙に変な方向に引っかかる。
これは「フェースを開いて使うな」ってことかも知れないですね。
Posted by:大叩き男 at 2008年09月07日(日) 22:27 」

|

« 夏はもう... (2008年9月6日) | トップページ | 軟鉄鍛造? (2008年9月9日) »

道具で上手くなれるなら」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1457285/38497364

この記事へのトラックバック一覧です: ウェッジ探し、一段落  (2008年9月7日):

« 夏はもう... (2008年9月6日) | トップページ | 軟鉄鍛造? (2008年9月9日) »