« 雨降りやまぬこんな日は...(2008年6月5日) | トップページ | 嫌な奴??  (2008年6月8日) »

2011年1月15日 (土)

昔のクラブ  (2008年6月6日)

Bu80606


天気が良いのにコースに行けなかった日には、昔のクラブなんか触ってみたりして...

部屋の片隅の古いキャディーバッグに、パーシモンのクラブが10本くらいつっこまれたままで埃をかぶっている。
ドライバーが5-6本、後は3番や4番のウッド。
マグレガーのターニー、スーパーターニーやトニー・ペナ、クリーブランドやスポルディング、ホンマのウッドまである。
ゴルフを始めたのは30代も半ば、何よりパーシモンのウッドで糸巻きのボールを打ったときの、あの音と感触が好きになった。
あっという間だったなあ...金属のヘッドのドライバーに変わったのは。
気に入ったトニー・ペナを無理して2本買って用意していたのに、2本目は一回も使わずに埃にまみれて眠ることになってしまった。
今更売ることも出来ないし、捨てることもましてや出来ずに、時折こうして埃を払いながら触って見るのがせいぜい。
しかし、そうして手に持ってしみじみ眺めてみれば、昔のウッドは工芸品の域に達していたんだなあ、なんて改めて思う。
木の削り、ペーパーファイバーのインサート、インサートの組み合わせと打ち込まれた鋲のレイアウト、ましてやスポルディングなんかに見られるインサートの「象眼」の美しさ。
これもまたゴルフの贅沢な楽しみかもしれないな、なんて、ゴルフに行けない晴れた日の昼下がり、ひとり納得したりして...

|

« 雨降りやまぬこんな日は...(2008年6月5日) | トップページ | 嫌な奴??  (2008年6月8日) »

今日は今日とて」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1457285/38475764

この記事へのトラックバック一覧です: 昔のクラブ  (2008年6月6日):

« 雨降りやまぬこんな日は...(2008年6月5日) | トップページ | 嫌な奴??  (2008年6月8日) »