« 冬ゴルフ遊び...2 (2008年11月29日) | トップページ | お騒がせな日曜日,,,  (2008年12月1日) »

2011年1月17日 (月)

忘れられないプロゴルファー17「ポール・エイジンガー」 (2008年11月30日)

Bu81130_2

ポール・エイジンガー...今年のライダーカップのアメリカチームのキャプテン。
そのことでもわかるように、アメリカでは人気も信頼感もあるプロゴルファーだった(過去形でいいのか?)
高校時代まで40を切れなかったという話が残っているほどだから、子供時代から天才的に上手かった、なんてプロゴルファーではなかったようだ。
メジャーで一勝(93年全米プロ)しているけれど、彼にはノーマンに似て「負けた」試合の印象が強い。
例えば87年のミュアフィールドの全英オープンでは、最終日最終ホールでボギーを打ち、ファルドに逆転負け。
88年の全米オープンでは、ジェフ・スルーマンに大逆転負け。
...まあ、やっと勝った全米プロでの2位があのノーマンだった、というのも何かの因縁か。

エイジンガーのスイングは、普通のプロのスイングとは全然違う...ちなみにゴルフのイラストレーターとしての仕事で、数限りなくプロのスイングのイラストを描いてきたけど、ポール・エイジンガーのイラストを描いて欲しいという依頼は一件もなかった。
俺は勝手に、これは「ハンマー打法」だと思っている。
ちょっと一般ゴルファーの参考にはならない、と判断されたんだろう。

極端なフックグリップ、小さなトップで(ハーフショットを少し大きくしたような感じ)、手首を全く動かさないようなイメージで振り抜いていく。
ボールは低いフックボールだったように記憶している。
当然風に強く、イギリスやハワイや、悪天候の時に良く上位に顔を出した。
ただそのために、ミスするときは、左に外していたことが多かった(マスターズ18番でいつもグリーン左に外していたように覚えている)。

88年の全米オープンの後ガンが見つかり、闘病後復活して全米プロを獲った、ということでもアメリカのゴルファーの尊敬を集めているゴルファー。
あのスイングなら、年を取っても同じように振れるだろうから、シニアの試合なんかでも彼のゴルフをまた見たいと思う。

なんだかこういう個性的なスイングの持ち主のゴルフって、俺は見ているだけでワクワクするんだけど...


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「カプルスと並んでエイジィンガーのスイングは独特ですね。
人気はともかくとして、PGA内での彼に対してのメンバーからの信頼は厚いようですね。
Posted by:Golfers0725 at 2008年11月30日(日) 16:5

Golfers0725さん、こんばんは。
本当に個性的なスイングですよね。
こういう自分で作り上げたようなスイングをするプロが好きですねえ。
また試合で攻めまくるエイジンガーを見たいんですが、もう無理かなあ...
Posted by:大叩き男 at 2008年11月30日(日) 20:59 」

|

« 冬ゴルフ遊び...2 (2008年11月29日) | トップページ | お騒がせな日曜日,,,  (2008年12月1日) »

忘れられないプロゴルファー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1457285/38503988

この記事へのトラックバック一覧です: 忘れられないプロゴルファー17「ポール・エイジンガー」 (2008年11月30日):

« 冬ゴルフ遊び...2 (2008年11月29日) | トップページ | お騒がせな日曜日,,,  (2008年12月1日) »