« 酒とゴルフと人生と... (2010年2月21日) | トップページ | ホールアウト (2010年2月24日) »

2011年1月18日 (火)

トラブルショットこそ...(2010年2月22日)

Bu100222_2


「トラブルショットこそ ゴルフの醍醐味」...ボビー・ジョーンズ。

そうだ!
ゴルフってのはトラブルショットこそ面白い!

真っ平らで絶好のライからグリーンに乗っけたって、ちっとも面白くないじゃない。
なんたってゴルフってのは自然の中で遊ぶゲームだからね。
せっかくの自然が周りにあるんだから、その中で遊ばない手はないよ。
右の崖の下からだって、左の池の中からだって、打てりゃあどこから打ったっていいんだし。

「打てる」と思うか、「打とう」と決めたら、あとはアイデアと発想の勝負さ。
レッスンプロなんかが教えるスイングフォームなんてあてにならないよ...どう振ったらボールにちゃんと当たるかなんて、全部自分のセンスの問題さ。
上げる、転がす、曲げる、トップさせる、ダフらせる、トウで打つ、ヒールで打つ、左で打つ、後ろに打つ...ルールん中ならなんでもありだ。
クラブだって、距離なんか関係なくドラバーからパターまで14本の中から、使い放題の考え放題アイデア次第。
一番面白いのは、最悪と言われるトラブルからのグリーン狙い...これが決まった日にゃあ、他の競技者のバーディーもイーグルもかすんでしまうさ!
...例えばさ、150ヤードも林の奥から転がしてグリーンオンとか、90度以上ひん曲げてフックやスライスで乗せちまうとか、ドライバーで薮の中ぶち抜いて100ヤードを乗せちまう、とか漫画じゃないけど反対側の木にぶち当てて後ろ100ヤードのグリーンに...とか。
上手く行ったら、末代までの語りぐさ...まあ、殆どは失敗しての笑い者になるけどね。
単なる脱出だって、そうさ。
アンプレヤブルにするかトラブルショットに挑戦するかは、みんな自分が決めること。
怪我したり、自然を傷つけるなんて心配がないなら、あとはスコアとボール代。
「醍醐味」を楽しむもよし、安全に行くのもまたゴルフ。

でも、「トラブルだあ..最低..」なんて落ち込んでいるより、「こりゃあ面白い」ってトラブルショットになる度に頭使って挑戦する方がずうっとゴルフを楽しめる。
ボビー・ジョーンズだって言っているんだぜ...トラブルショットこそ!..って。
上手く行ったら、バーディーなんかより気持ちいい...失敗したって、命までとられる訳じゃなし。

でもね、スコアには結びつかない可能性が大きいし、お馬鹿と言われるかもしれないし(笑)。
さて、ボールを沢山持ってるんなら、今のうちによく考えて決めておこう。
どうせ次のホールだってトラブルショットになるんでしょ?

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


「「この状況をどう切り抜けるか」と考えるのが楽しいんでしょうね、きっと。
マグレでも、そのとおりになれば最高ですしね。
「トラブルこそ醍醐味」と思えれば、もっともっと楽しくなりそうですね^^
何の障害も無い、どこに打ってもOKなんてゴルフだと、
すぐに飽きちゃいそうです。
Posted by:たっけ at 2010年02月22日(月) 11:49

イチハチショットが成功したときはめちゃくちゃ気持ちいいですよね
もっと深みにはまることも屡々ですが・・・
私はインテンショナルだと証明するために、必ず宣言してから打つようにしています
競技の時以外はいろんなコトやってみないとね。。。
 Posted by:yamasan at 2010年02月22日(月) 13:10

セベのゴルフがそうでしたねー
痛快の極み
真似して何本の道具が逝ってしまったやら…(泪
Posted by:とりあへpcこわれた at 2010年02月22日(月) 15:10

大叩き男さん、こんにちは。
その通りですよね!
普段練習の中で遊んでいる”色々なショット”ってそういう時しか使えませんよね。
トラブルになると、”良し来た!”と思うことが多いです。
トラブルショットではミスが少ないのに、フェアウェイど真ん中では、いとも簡単にミスをします。
気持ちの乗り具合と集中力なんでしょうか。
Posted by:た~ at 2010年02月22日(月) 15:16

“ゴルフの醍醐味...”
そう思える領域に辿り着いてみたいものです
ボクの場合、トラブルの際にボール位置に行った時にフェアウェイからじゃゼッタイに観られない景色を垣間見れる事くらいでしょうか
ただの強がりって説も
Posted by:Shu at 2010年02月22日(月) 19:00

たっけさん、こんばんは。
いわゆる「トラブル」という状況を、悔やんだり不満を言ったりするか、楽しむか、という選択でしょう。
そんな状況をアイデアと度胸でうまく切り抜けたら、密かにガッツポーズだって出るでしょう(笑)。
フェアウェイから打つよりきっと楽しいですよ。
Posted by:大叩き男 at 2010年02月22日(月) 20:01

yamasanさん、こんばんは。
確かに宣言してからやった方が良いですね。
...失敗したら、とことん馬鹿にされそうですが(笑)。
でも、誰にも迷惑かけない自分のゴルフ、トライして楽しんだ方がずっと面白いですよね。
Posted by:大叩き男 at 2010年02月22日(月) 20:04

とりあへさん、こんばんは。
少しでも可能性が残っていたら、チャレンジするのが男でしょう...って訳ですね。
ここでやらなきゃ男じゃねえ、たかがクラブの一本や二本!
って言って、あとで泣いてる姿が目に浮かびます(笑)。
Posted by:大叩き男 at 2010年02月22日(月) 20:06

た~さん、こんばんは。
私も同じです。
グリーンオンする確率は、フェアウェイにあるボールよりトラブルショット方が遥かに高い、と皆に言われております。
そのせいか、マッチプレーにはめっぽう強い、と自負しています(笑)。
最近はマッチプレーまで残れませんが...
Posted by:大叩き男 at 2010年02月22日(月) 20:09

Shuさん、こんばんは。
ボールが散らばれば、すぐにそんな境地になれますって(笑)。
まず、コースの両側の風景を良く知るようになります。
コースの外側からの攻め方がわかってきます。
そのうちに、「フェアウェイ使うなんて男じゃねえ!」なんて、啖呵切ったりするようになります。
そして平らなところからの打ち方を忘れてしまいます。
Posted by:大叩き男 at 2010年02月22日(月) 20:14

はじめまして
たくさんのトラブルに見舞われて、それでも前しか見てないので、トラブルの連続になることが多いのですが、記憶に残っているのは、結果  ばかりです。
その快感が忘れられず、また挑戦をしてしまいます
Posted by:Eve at 2010年02月23日(火) 08:17

おはよう御座います。
トラブルショット。ハリキッテしまいますね 
大阪に有る老舗コース 大阪ゴルフ 淡輪コースですが、
ここは名匠 上田治 の設計。
グリーンの周りにはそりゃでっかい深いバンカーが大口を
開けて待ってます。バンカーに入ればトラブル確実!
そこで勇気を振り絞ってグリーンを狙う度に ワクワク
してきます。グリーンオンなら思わず 「よっしゃ!」
バンカーなら 「さ~て、どないしたろかいっ!」と
どちらにしても気合いが入る楽しみ方が出来ます。 
花道狙えば良いのに勝負してしまう このゾクゾクした
感じが快感です・・・。 
Posted by:joshua at 2010年02月23日(火) 09:44

初心者なもので、ティーショット打ってからグリーンにのってくれるまで、トラブルを渡り歩いてる感じです
頑固で負けず嫌いなワタシ、できもしないくせに『打ってやる~』とチャレンジしては、ボールを追って走り回ってます
うまくなんて行かないけど、それでも楽しいから不思議ですよねゴルフって
Posted by:yui at 2010年02月23日(火) 21:53

Eveさん、こんばんは。
それで良いです!
ボビージョーンズが、それこそゴルフの醍醐味って言ってるんですから。
楽しみましょう、波瀾万丈のゴルフを(笑)。
大人しくやりたくなったら大人しくすれば良いんです。
Posted by:大叩き男 at 2010年02月23日(火) 22:00

joshuaさん、こんばんは。
わかります。
やはり難しいコース程、勝負に行きますね(笑)。
結果、大トラブルの連続になるんですが、それをどう攻略するかが一番面白いって感じてます。
上手く行った時の気持ちよさと言ったら、もうこたえられません。
やはり、これがゴルフの醍醐味かと。
Posted by:大叩き男 at 2010年02月23日(火) 22:04

yuiさん、こんばんは。
それでも何回かに一回は成功するんでしょう(笑)。
そうしたら、もう病みつきになる訳ですね。
もし失敗ばかりでコースに完敗したら、それを上手くやるために練習すれば良いんです。
トラブルを想定してやる練習も、面白いものですよ。
Posted by:大叩き男 at 2010年02月23日(火) 22:07

関東に来てからトラブルショットを味わうことが出来るようになりました。関西ではトラブルショットは、ほぼ即OUTなんで打つことがほとんどないんですよねぇ・・・
アマチュアレベルではかなりのレベルだと自負してます、実はトラブルショットだけは・・・
まっ、それだけ曲げてるということですが・・・
Posted by:ひろみろ at 2010年02月24日(水) 12:38

ひろみろさん、こんばんは。
関西でトラブルショットを打つことがあまりないなんて、初めて聞きました。
それじゃあ、関東に来てゴルフの楽しみが大きく広がったとも言えます,,,違うか。
私なんか関西にいたとしたら、「ゴルフなんてつまらん」なんて思っていたりして(笑)。
Posted by:大叩き男 at 2010年02月24日(水) 23:09 」

|

« 酒とゴルフと人生と... (2010年2月21日) | トップページ | ホールアウト (2010年2月24日) »

ゴルフ名言かってに解釈」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1457285/38514800

この記事へのトラックバック一覧です: トラブルショットこそ...(2010年2月22日):

« 酒とゴルフと人生と... (2010年2月21日) | トップページ | ホールアウト (2010年2月24日) »