« 年に一度の忘年ゴルフ (2008年12月21日) | トップページ | 光と影  (2008年12月24日) »

2011年1月17日 (月)

忘れられないプロゴルファー20「リー・トレビノ」(2008年12月22日)

Bu81222


俺がゴルフを始めた頃にはもう全盛期は過ぎていて、本来の強さとか上手さを見ることは出来なかったけど、そこそこ上位に来てプレーしている姿を見ることが出来たのは幸運だった。
「かっては沖縄辺りのゴルフ場で、金持ち相手の賭けゴルフで生活していた」、なんて言う「伝説」も、彼のプレーを見れば「さもありなん」と納得するような、個性的なスイングだった。
体型だって雰囲気だって、本当にその辺にいる陽気な「おっさん」そのものだったし。

この男が、ツアー参加2年目の68年に全米オープンに勝った後、71年に全米、全英両オープン、72年全英オープン2連覇、74年全米プロ、84年全米プロと勝っている「スーパースター」だなんてとても思えない。
面白いことに、マスターズ以外のメジャーにそれぞれ2勝しているのに、マスターズでは目立った活躍はなく、資格があるのに参加しなかったときさえあるという。
これは持ち玉であるフェードが、このコースに全く合わないということが原因だったと言われているけど、後年フェードが持ち玉のフレッド・カプルスが優勝しているから、真実はどこにあったのか...

評判としては、「ともかくおしゃべりでうるさい」、とか「マイペースで他人のペースを狂わせる」とも言われていたらしいけど、根はやはり陽気なメキシカンだったんだろうと思う。
ともかくその、意地でもフェードしか打たない、なんていうスイングは本当に個性的で「見甲斐」のあるものだった。
「ゴルフのスイングって個性的でいいんだ」なんて思わせてくれて、「要は再現性の高いスイングを作れれば、変なフォームでも上手くなれるんだ」なんて事も感じさせてくれた。

そして特筆すべきはパッティング。
L字型のパターで、「シルキータッチ」と呼ばれたその柔らかいタッチはテレビで初めて見たときには感動した。
未だにこんなタッチでパットを打つゴルファーは見たことがない。

PGAで29勝、チャンピオンズで25勝以上、バードントロフィー5回、他にベン・ホーガン賞やら、プレーヤーオブザイヤーやら、表彰されたのは数知れず...ついでに75年には「13番ホール」で落雷に直撃され、九死に一生を得ている。

本当に、ゴルフの神にも悪魔にも愛されたゴルファーなのかも知れない。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「こんにちは。
忘年ゴルフ、楽しまれたようで良かったですね~
トレビノとマスターズは球筋より別の問題が大きかったとの噂ですが
日本のファンには愛されたキャラクターでしたね
Posted by:koba at 2008年12月22日(月) 14:09

kobaさん,こんばんは。
トレビノとマスターズ、色々な噂を聞いたことがあります。
まあ、ホントのところは闇の中なんでしょうが...
実績と、そのキャラと...落差があるゴルファーですよねえ。
スキンズマッチで二クラスと回ったとき、真面目にやろうとしている二クラスをコケにしまくっていて、二クラスが「もうどうにもならん」てな顔して呆れてたのを思い出します。
Posted by:大叩き男 at 2008年12月22日(月) 23:23

どこかの本で、トレビノと杉原Proを連れて賭けゴルフを挑んだら、絶対に負けないだろう.... あの変則的なフォームから、誰もが正確無比なショットを打てると思えないから....
確かこんな内容だったような気がします。
そう考えると、どんな変則フォームでも高い再現性ができればうまくなれるのかも.... って勘違いしちゃいます(苦笑)
Posted by:Golfers0725 at 2008年12月23日(火) 07:37

Golfers0725さん,こんにちは。
有名な話ですね。
実際それでトレビノは、結構な額の金を稼いでいたらしいですが。
プロの世界に入ったのだって、奥さんが勝手に全米オープンの予選に出場届けを出してしまって、予選をトップ、トップで通過して本戦で5位に入ったのがきっかけと言うから、ギャンブルで鍛えたここ一番の強さは本物だったんでしょう。
どんなスイングだって、高い再現性があれば...強いゴルファーになれると思いますよ。
自分の場合も「毎回違う変なスイング」なのが問題なんで、「毎回同じ変なスイング」なら...トレビノのようになれるかも(笑)、と。
Posted by:大叩き男 at 2008年12月23日(火) 11:21

こんにちわ
 私は 個性的で忘れられない 国内ゴルファーとして
 藤木三郎のスイングが一番最初に浮かびます。
 杉原さんはまだ現役ですから
 相当 古い人間ですね(≡^∇^≡)
Posted by:選ばれし物 at 2008年12月23日(火) 12:28

選ばれし物さん、こんにちは。
藤木三郎とは、渋い...
日本のプロでは、私の好きな変則スイングが他にいるのですが、それは後で描くことになると思います。
お楽しみに(笑)。
Posted by:大叩き男 at 2008年12月23日(火) 12:48 」

|

« 年に一度の忘年ゴルフ (2008年12月21日) | トップページ | 光と影  (2008年12月24日) »

忘れられないプロゴルファー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1457285/38504907

この記事へのトラックバック一覧です: 忘れられないプロゴルファー20「リー・トレビノ」(2008年12月22日):

« 年に一度の忘年ゴルフ (2008年12月21日) | トップページ | 光と影  (2008年12月24日) »