« 3月になったぞー! (2009年3月1日) | トップページ | ゴルフ小説挿絵ー6(ゴルフ本考察-3) (2009年3月5日) »

2011年1月17日 (月)

忘れられないプロゴルファー29「グレグ・ノーマン」 (2009年3月2日)

Bu090302


グレグ・ノーマン、「The Shark」と呼ばれた、1980年代から1990年代にかけての最強のゴルファー。
世界ランク1位を331週続け、PGAツア-20勝、世界合わせて80勝以上の成績を誇る...なのに、メジャー勝利は1986年と1993年の全英の2回のみ。

不思議なことに、これだけ強かったプロゴルファーなのに、我々のイメージにはこの男の勝利の姿より、敗れ去っていく姿ばかりが残る。
それを表すかのように、メジャーで2位になること8回...その他に優勝争いしながら3位以下に沈んだことは数知れず。
「負けた」エピソードがこれほど多いゴルファーもほかにはいないだろう。

一番いい例がマスターズ...彼が最も欲しかったタイトル。
まず、1986年、三日目を終わって首位。
...最終日も悪い出来ではなく、優勝できるはずだった...が、なんとニクラスがインで30の猛チャージ。
ニクラス46歳「奇跡の復活」優勝で、コースは「ニクラス カムバック!」の声で満たされた。

そして翌年1987年のマスターズ。
...セベ・バレステロス、ラリー・マイズとのプレーオフ。
何と、40ヤード以上のチップインバーディーを決められて破れた。

そして、あの1996年のマスターズ。
...三日目を終わって2位のファルドとは6打差の首位。
見ているのもつらい大崩壊で78を叩き3位に沈む。

もう一度チャンスのあった1999年のマスターズ。
...最終日13番でイーグルを獲り、この時点で首位に立った。
なのに続く14番、15番で連続ボギーを打ち、脱落。

強かったと思う...特に1986年の彼は、「全部のメジャーで三日目を終わって首位!」だった...タイガーだったら「年間グランドスラム」を達成していたかもしれない。
勝てなかった理由は「アグレッシブすぎる」とか「彼はチョーカーだから」とか言われたが、確かに脆かった。
しかし、「普通だったらあり得ない」ような負け方が多くあるのも事実。
ラリー・マイズのチップインは、誰がやったって二度と入らないだろうなんて「奇跡のチップイン」だったし、同じ86年の全米オープンでは「絶対によらない」というバンカーから、ボブ・ツウエイに「奇跡のカップイン」をされて負けている。
ニクラスの30だって、結局あれが最後の輝きだった。

姿形が格好よく、女にモテて、莫大な金を稼いで、事業もうまくいき、恵まれすぎた男にゴルフの女神が嫉妬したのかな、なんてことさえ思う。

昨年の全英オープンでの久しぶりの活躍が、あの「アイス・ドール」テニスのクリス・エバートとの再婚の後だったことを思うと、彼女の強さがノーマンの弱点をカバーできれば「もう一花」があるかもしれないと期待してしまう。
あの全英オープンの3位のおかげで、今年は本当に久しぶりにノーマン因縁のマスターズに出場となる。
石川遼で話題のマスターズだけれど、ノーマン50歳のマスターズ雪辱戦も、今年は期待したい。

エバート、がんばれ!
...違うか。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「こんばんは。ラリー・マイズの強めに入ったと見えたアプローチショットがチップインバーディーとなり、グレッグ・ノーマンがバーディーパットを外して敗れたシーンは、今でも目に浮かびます。エバートじゃなかったノーマンには、頑張って欲しいですね。
Posted by:NOB at 2009年03月02日(月) 22:00

大叩き男さん、こんばんは。
2年前迄はゴルフに興味がなく(それまではテニス)、テレビ中継など見た事なかったのですが、昨年位からは週末になると、『パパ、またゴルフ見てるのぉ~』と言われる程になりました
勿論全英OPもノーマンの復活劇を食い入るように見ていました。
今年のマスターズはホント見所一杯でホント待ち遠しいです
Posted by:まいごう at 2009年03月02日(月) 22:47

友達登録有難う御座いました
今後とも宜しくお願い致します
昔、ノーマンにあこがれてコブラで揃えたことも
昨年の全英も勝てたと思うんですけどね
やさしいんでしょうかね
Posted by:あっじぃー at 2009年03月02日(月) 22:56

NOBさん、こんばんは。
あんなアプローチを入れられたら、呪いの言葉でも吐きたくなりますよね。
じっと、しゃがんだまま耐えていたノーマンも大したものです。
あのシーンもまた、ゴルフ史に残る名シーンでしょう。
Posted by:大叩き男 at 2009年03月02日(月) 23:43

まいごうさん、こんばんは。
今年のマスターズは、きっと歴史に残るマスターズになります。
新旧誰が一番話題になるかも楽しみです。
Posted by:大叩き男 at 2009年03月02日(月) 23:45

あっじいーさん、こんばんは。
前に全英オープンのときに予言しましたが、彼が勝つパターンは、相手が先に勝手にこけるか、自分にラッキーバーディーが続けてくるかのどっちかです。
序盤にリードされたら、負け決定です。
だから、エバートの力が...
Posted by:大叩き男 at 2009年03月02日(月) 23:48

素敵なイラストですね
友達登録お願いします。
Posted by:ひよこ。。。 at 2009年03月03日(火) 08:11

ひよこ。。。さん、こんにちは。
友達登録の件、了解しました。
Posted by:大叩き男 at 2009年03月03日(火) 10:03 」

|

« 3月になったぞー! (2009年3月1日) | トップページ | ゴルフ小説挿絵ー6(ゴルフ本考察-3) (2009年3月5日) »

忘れられないプロゴルファー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1457285/38506419

この記事へのトラックバック一覧です: 忘れられないプロゴルファー29「グレグ・ノーマン」 (2009年3月2日):

« 3月になったぞー! (2009年3月1日) | トップページ | ゴルフ小説挿絵ー6(ゴルフ本考察-3) (2009年3月5日) »