« 旅  (2009年12月5日) | トップページ | 今日発売のパーゴルフ (2009年12月8日) »

2011年1月18日 (火)

ボールの位置は... (2009年12月7日)

Bu091207


「ダウンヒルでも、アップヒルでも ボールは常に高い方の足の近く」...ジャック・バーク。

たまには、名人達の技術的なアドバイスも。
ゴルフ理論てのは、ちゃんと打てる名人が後から理屈を付けたものが多くて、読んで理解するには非常に判りにくいものが多い。
そして、我々大人になって(年をとって)ゴルフを始めたアマチュアは、そんな理論を懸命に覚えようとしたって、ボールを打つ瞬間にはそんなことは奇麗さっぱり忘れていることがほとんど。
「ああ、そう言えば...」と勉強した結果を思い出すのは、失敗したショットを反省と後悔とともに見送った後ばっかりだ。

だけど、こんなシンプルな一言なら結構忘れないで思い出すかもしれない。
「左足上がりでも下がりでも、ボールは高い足の方」ってね。
面白いことに、こうしてボールの位置を変えると斜面に対して、打ちやすい立ち方になる。
ま、どっちみち平らなところじゃないんだから、プロみたいなスーパーショットを夢見ちゃいけないんだけどね(笑)。

同じようなことで、以前レッスンの取材をしたプロが、「つま先上がりやつま先下がりは、ボールの位置は真ん中でいい」なんてこと言っていたなあ...
それにしたって、そんなところにボールを打った自分がいけないんだから、「そこから番手なりの飛距離の普通のショットを望んじゃいけない」、ってことが根底にあるんだけれど。

余計な難しい理屈はともかく、こんなことでも覚えていると結構プレーに思い切りがでてくる。
結果は自分の腕のせい...他人のせいにしないで、ちょっと思い出して打ってみたら?

「グッショッ!」なんて、言えたらいいね(笑)。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


「これはシンプルで覚えやすいですね!
それに大事なのは、そういう場所に打ち込まない様にするか?
そういう状況を想定して練習してあるか?...でしょうか
無理さえしなけりゃ、ほとんど脱出できるハズなんですがねぇ~
Posted by:Shu at 2009年12月07日(月) 19:46

Shuさん、こんばんは。
簡単でいいでしょう(笑)
ただし、それでナイスショットが出るかどうかは全く責任は取りませんのであしからず。
Posted by:大叩き男 at 2009年12月07日(月) 20:52

これいいですね!簡単!
あとは無理して振り回さないことですね・・・
私はフェアウェイど真ん中の方が実は苦手なんですが・・・苦笑
どうも力が入りすぎるようです
Posted by:たっつん at 2009年12月08日(火) 09:22

たっつんさん、こんにちは。
私と同じ「悪球打ち」ですか(笑)。
私もフェアウェイの真ん中のボールより、トラブルショットの方がグリーンをとらえる確率がずっと高いです。
だからマッチプレーに強いのかもしれないけど(笑)。
...つまり、フェアウェイからだと振り回しすぎるから..って判っているじゃあないですか(笑)。
Posted by:大叩き男 at 2009年12月08日(火) 10:43 」

|

« 旅  (2009年12月5日) | トップページ | 今日発売のパーゴルフ (2009年12月8日) »

ゴルフ名言かってに解釈」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1457285/38513878

この記事へのトラックバック一覧です: ボールの位置は... (2009年12月7日):

« 旅  (2009年12月5日) | トップページ | 今日発売のパーゴルフ (2009年12月8日) »