« みんながんばれ  (2009年4月16日) | トップページ | 忘れられないプロゴルファー34「アニカ・ソレンスタム」 (2009年4月20日) »

2011年1月17日 (月)

出べそ考  (2009年4月19日)

Bu090419

「出べそ」っていうのは、ティーマークを結んだ線より前方にティーアップしてしまうこと。
そのまま打ってしまうと、正しい場所から打ち直しをしなくては失格となってしまう。

だけど、見ていると殆どのゴルファーが、まるで催眠状態にでもなったように、ティーマークを結んだ線ギリギリにティーアップする。
当然その場所は沢山の人が打った結果の、ダフった跡や、足が抉った跡や、踏み固められてでこぼこになった場所が多数あるのに。
見回せば、50センチほど後方には誰も使っていない、綺麗な状態のライがあるのに。

ルールではティーマークの後方、クラブ2本分の範囲がティーグラウンドとして使用できる。
それなのに、何故殆どの人がティーマークギリギリにティーアップするのか?
答えは、もちろん「少しでも飛ばしたい」からだろう。
いくらそれを否定しても、わずか50センチ後ろには最高のライの場所があるのに使わない理由は、それしかない!

でも考えてみて欲しい...そこのたった50センチが、本当に飛距離で50センチの差になるのか?
その50センチが、フェアウェイやグリーン上での現実の50センチの差になるのか?
やっと見つけた、線ギリギリのまあまあの場所で出べその心配をして打つのと、安心して良いライから振り切るのと。

スイングに入ろうとしているところを、そのまま打たせてペナルティーを食わせるのは可哀想だからと、注意する方も注意される方も、お互いリズムが狂い、気にして二人とも結果は良くないことになることが多い。
一度でも注意されたことがある人は、絶対に2度注意されるようなことをしていけないと思う。
50センチ、それが嫌なら、せめて30センチ後方にティーアップする、と肝に銘じるべきだ。
「出べそ」という行動には、本当はクセになっているだけの人が殆どだと思うけれど、その行為には「せこさ」を感じさせてしまうものだから、これだけは直した方が良いと思う。

ゴルフというのは恐ろしいところがある。
些細な行為で下手すれば人間性まで判断されてしまう...かくいう自分も何度「穴があったら入りたい」なんて経験をしてきたか...肝に銘じて「もう絶対に同じ事はしないぞ!」と反省してきたことが何度あったことか。

目指すは「特別上手くはないけれど、胸を張れるちゃんとしたゴルファー」だ。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


でべそ、昔はしそうになったことありますが、今はそれより
2クラブレングス以内で平らなところ、そこを探しています。
ダフったときのこと考えると前から順番に使ったほうが良いかな?
なんて少しは気にもしますけど・・・
Posted by:みずお at 2009年04月20日(月) 07:28

みずおさん、こんにちは。
出べそだけは、ゴルフを始めた頃に、他の人がいちいちそれを気にしてラインを確かめてから、ギリギリにティーアップするのを見ていて「かっこ悪いなあ...一センチでも前に行きたいのか?」なんて思ってから、疑いのあるようなところにもティーアップしません。
見栄ですけど(笑)。
Posted by:大叩き男 at 2009年04月20日(月) 10:01

老婆心ながら「デベソ」は、重大な違反でなければペナを付けてそのままプレーする「誤所からのプレー」<規則20-7c>とは異なり、正しいティーインググラウンドから打ち直さなければ失格となります。<規則11-4>
Posted by:yamasan at 2009年04月21日(火) 14:21

yamasan
さん、ありがとうございます。
その通りですね。
誤所からのプレーは、あとでペナルティーを足しますが、出べそは必ず打ち直しをさせますから...失格にさせないために。
うう、ルールを勉強しなくては。
助かります。
Posted by:大叩き男 at 2009年04月21日(火) 14:57 」

|

« みんながんばれ  (2009年4月16日) | トップページ | 忘れられないプロゴルファー34「アニカ・ソレンスタム」 (2009年4月20日) »

ああ,ゴルフ!」カテゴリの記事

ああ,ゴルフ!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1457285/38507077

この記事へのトラックバック一覧です: 出べそ考  (2009年4月19日):

« みんながんばれ  (2009年4月16日) | トップページ | 忘れられないプロゴルファー34「アニカ・ソレンスタム」 (2009年4月20日) »