« 忘れられないプロゴルファー16「レイモンド・フロイド」 (2008年11月23日) | トップページ | 35年  (2008年11月26日) »

2011年1月17日 (月)

ダンロップフェニックス2008 (2008年11月24日)

Bu81124_2

石川遼、本物になってきたみたいだなあ...
優勝したP・マークセン、アジアサーキットで鍛え上げたタイ出身のプロゴルファー、ってところにゴルフが世界レベルで楽しまれるゲームになってきたことを実感できる。
スイングは身体に無理な動きをしない、シンプルなスイングでシンプルに攻める、まさに「オヤジ」の参考にすべきもの。
...これからの冬ゴルフの参考にしようっと。

で、石川遼,,,立派だろう。
彼の進歩には脱帽するしかないと思う。
まさに「見せる」ゴルフで上位に来ているのは、じつに素晴らしい。
...ただ、プレーが遅くないか?、と感じたのは俺だけか。
テレビの中継では、あまりそこのところは判らないのだけれど、打つまでの時間がちょっと掛かりすぎているような気がした...問題なければ良いんだけれど、これから世界に出て行くのなら、そんなことで突っ込まれないように気をつけた方が良い、という老婆心までに。
それと、じつに振り抜きが見事なんだけど、あれだけ振ると体中の関節や腱が悲鳴を上げているように感じてしょうがない。
今はまだ10代の若さだから大丈夫なんだろうけれど、20代の半ばまでに故障が発生する危険が、かなりあるんじゃないだろうか。
本当に優秀なトレーナーに、金をかけて身体のケアをやっていって欲しいと思う。

そして、俺が今一番好きな若手、B・スネデカー。
スイングと、スイングにはいるまでの早い決断とリズムが好きだ。
マスターズの時に、優勝したイメルマンより、このスネデカーの方が気に入ってしまった。
何か一つ、突き破ると大化けする気がするんだけど...

なにはともあれ、日本勢のトップに石川が来たことは、来年の日本のゴルフ界が「チェンジ」する兆しとして、大歓迎。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「こんにちは
石川遼プロ、
ここ数試合ちょっと“凄み”がありました
爽やかなまま、世界に登っていけると良いのですが...
Posted by:Shu at 2008年11月24日(月) 17:15

こんばんは。

まったく同感です。
遼くんの進歩、というより進化には、ただ、ただ、驚きの一言です。春先、「G-ONEオープン」で遼くんのプレーを見ましたが、ここまで活躍するとは、まったく予想できませんでした。
青木さんもシーズンはじめは、否定的な話をしていましたが、今では、驚きのコメントが多いようですね。
あとは、シーズンオフの過ごし方が重要でしょう。いろいろなイベントなどの出演依頼が殺到することが間違いない現状で、いかに交通整理をして、休養、基礎体力づくりのトレーニング時間に当てることができるのか…。彼のゴルフ人生にとって重要なシーズンオフになるのではないでしょうか。
そのためにも、メディアも含め協調体制をつくることが必要でしょう。日本ゴルフ界が「チェンジ」するためにも。
ながなが、申し訳ありません。また、寄らせていただきます。
Posted by:下総の彦十  at 2008年11月24日(月) 21:30

Shuさん、こんばんは。
まだ、身体は大人になりきっていませんからね。
これからが一番大事なのを周りが判っているかどうか...
ですね。
Posted by:大叩き男 at 2008年11月24日(月) 23:20

下総の彦十さん、こんばんは。
本当に、基礎体力が大事ですよね。
今はまだ、大衆車のエンジンで150キロ出しているようなスイングですから。
5000ccくらいのエンジン作って、下回りを補強して、巡航で200キロ出るくらいの身体を作り上げて欲しいですねえ。
Posted by:大叩き男 at 2008年11月24日(月) 23:24」

|

« 忘れられないプロゴルファー16「レイモンド・フロイド」 (2008年11月23日) | トップページ | 35年  (2008年11月26日) »

トーナメント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1457285/38503893

この記事へのトラックバック一覧です: ダンロップフェニックス2008 (2008年11月24日):

« 忘れられないプロゴルファー16「レイモンド・フロイド」 (2008年11月23日) | トップページ | 35年  (2008年11月26日) »