« たまには... (2010年2月7日) | トップページ | ゴルフスタイルの変化 (2010年2月9日) »

2011年1月18日 (火)

ロングアイアンに怯えるな! (2010年2月8日)

Bu100208_2

ゴルフ史に永遠に残る、時代を代表する二人の巨人からのアドバイスだ。

アーノルド・パーマー
「ロングアイアンに怯える事はない。
他のアイアンが打てるならロングアイアンだって打てる。
...一般のゴルファーがミスをする原因は、ロングアイアンでスイングする時に他のアイアンより強く打とうとするからだ。」

ジャック・ニクラス
「2番アイアンだって、7番アイアンと同じようなリズムとテンポでスイングすればいい。」

...そうなんだよなあ。
多分そうなんじゃないか、と理屈では判ってるんだよなあ。

ずっと前に、マスターズであのニック・ファルドが、2番アイアンをまるでショートアイアンのようにスイングするのを見て感動した事があった。
本当に、まるで9番アイアンかピッチングでも打つように柔らかくゆっくりと振って...見事にロングホールで2オンさせていた。
「あれだ!」と喜んだ俺は、すぐに練習場に行ってやってみた...が、2番アイアンで9番のようにと思って打ったボールは、情けなくお辞儀して100ヤード辺りでバウンドして転がって行くだけ...

スイングというものの基本がちゃんと出来ていない人間にとって、「2番をショートアイアンのように振る」というイメージは、ただ大きなクラブを「緩んで小さく」振るという結果になりやすい。
プロのショートアイアンのスイングは、「ゆっくり」とか「力を抜いて」とか形容されるけれど、実はスイングの基本に則って「しっかり」とスイングしている。
我々ヘボゴルファーは、この「しっかりとしたショートアイアンのスイング」を身につけた上で「ロングアイアンをショートアイアンのように振る」事をしなければいけない訳だ。

まず140ヤード以内からなら、8割以上グリーンオン出来るくらいにショートアイアンがちゃんと打てなければ、やっぱりロングアイアンは難しい...と思う。
そして、ショートアイアンがちゃんと打てないのにロングアイアンばかり練習すると、「ボールを上げよう」とか「捕まえに行く」という形になり、引っかけやチーピンが多発する事にもなる。

...それでも(苦労に苦労を重ねて)もし、パーマーやニクラスの言うようにロングアイアンが打てるようになったら、(スコアはともかく)ゴルフの楽しみと喜びは倍増するだろう。
なんたって、ショートウッドのように「カッポーン!」と打って後は風任せ...なんてのより、ロングアイアンで打ったボールには「これでどうだ!」って気合いと意思と根性が乗っているような気がするもの(笑)。
...そう、ロングアイアンを使うゴルフには、「戦う意思」が見える気がしないか?

ヘタレだって、たまにはボールに自分の気持ちを乗せて「いざ戦うゴルフへ!」...っての、どうだ?


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


「こんにちは。
寒い日はゴルフやんねー!って言う大叩き男さんの気持ちが
ちょっと判るようなラウンドをしてきましたよ(笑)
でも、終わってしまえば、それなりに面白かったわけで・・・
寒くても「戦う意思」があればなんとかなるかと・・・(爆)
Posted by:koba at 2010年02月08日(月) 16:23

最近になって
ロングアイアンに目覚めた僕にとって
これは「名言」です(笑)
身にしみます。。。
Posted by:YASO at 2010年02月08日(月) 17:54

はじめまして。
いつも楽しく拝見させて頂いてます。
名言、暴言のコーナー参考にしています。
私も記事に触発されまして、最近、2アイアンをバッグに入れました。
まだ打てるかどうかも分からないですが...
(勝手にリンク貼ってしまいました。ご迷惑でしたら、教えて下さい)
今回の名言も参考になります。
また、これからも拝見させて頂きます。
よろしくお願いします。
Posted by:こ”ろ at 2010年02月08日(月) 21:22

kobaさん、こんばんは。
寒い中、生還おめでとうございます。
そんな寒いゴルフ、根性だけでは死んでしまいます(笑)。
暖かくなったら、気合いでロングアイアン打ち始めます。
Posted by:大叩き男 at 2010年02月08日(月) 23:11

YASOさん、こんばんは。
本当にこれはロングアイアンの「極意」なんです。
が、それを実行するのはほんとうに難しい..。
でも、極たまに出来た時に、それは凄い感触を味わえます(笑)。
そのためにも、ロングアイアンはマッスルバックで!(笑)。
Posted by:大叩き男 at 2010年02月08日(月) 23:13

ごろさん、こんばんは。
リンクの件、どうぞどうぞ(笑)。
2アイアン打てたら気持ちいいですよ~(笑)。
今回の名言は絶対に正しいと思います。
が、その通り打つのはえらく難しいです(汗)。
...でも一度上手く打てたら、これは病みつきになります。
1番まで行くのは...ちょっと考えますが(笑)。
Posted by:大叩き男 at 2010年02月08日(月) 23:17

先日2Iのあるセット見つけてきました。
D社のDP-20っていうモデル、ちょっと四角い顔が好みじゃなかったのでリリースしてきましたが、ほぼ未使用品の美品、未だちょっとだけ気になってます・・・
Posted by:みずお at 2010年02月09日(火) 04:54

大叩き男さん、おはようございます。
1番は2番よりほんのちょっとロフトが立っていてちょっと長いだけですからあまり変わらないですよ(笑)
そして芯食った時の感触は2番よりちょっと×2だけ気持ち良いです。
でも0番や-1はさすがに勧めません(笑)
Posted by:ファルコンまつばら at 2010年02月09日(火) 08:06

おはようございます。
以前レッスン本か何かで、同じ様な事を目にした事があります。
でも、分かっててもなかなか出来ないんですよね^^;
なんだか3Iと4Iをバッグに戻したくなってきました。
やっぱりアカンか~ってなるんでしょうけど^^;
ロングアイアン打ちこなせたら気持ちイイでしょうね。
Posted by:たっけ at 2010年02月09日(火) 09:44

みずおさん、こんにちは。
DP-20というと、あの201じゃなくてフェースの四角い奴ですか...
それはちょっと? ですね(笑)。
みずおさんなら、時折ヤフーで出るプロの名を冠した限定モデルを狙った方がいいですよ。
1番からある場合もありますし、あまり使われてないのがほとんどで、そんなに高くなりませんし...
って、あおったりして(笑)。
Posted by:大叩き男 at 2010年02月09日(火) 10:46

ふぁるこんまつばらさん、こんにちは。
私も一時期1番アイアンを使っていましたから,よ~く知ってます(笑)。
何より他の人のドライバーショットを1番で越えるのが楽しくて(笑)...悪趣味だよなあ。
で、今欲しいのは黒トップの1番。
ヤフオクで探してます。
Posted by:大叩き男 at 2010年02月09日(火) 10:49

たっけさん、こんにちは。
そうして,ゴルフの渦の中に巻き込まれて行くんですよねえ(笑)。
可哀想に...そうなったら、もう抜け出る事は不可能ですから。
...1発いい当たりしたらもう...
Posted by:大叩き男 at 2010年02月09日(火) 10:51

レンジボールだと圧倒的にスピン量が足らなくてお辞儀してしまいますから無意識にカチあげてしまうんです
非力の嘆きです
Posted by:とりあへ at 2010年02月09日(火) 22:36

とりあへさん、こんばんは。
非力でも打てますって!
ロングアイアン、行きましょう(笑)。
Posted by:大叩き男 at 2010年02月10日(水) 00:10  」

|

« たまには... (2010年2月7日) | トップページ | ゴルフスタイルの変化 (2010年2月9日) »

ゴルフ名言かってに解釈」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1457285/38514603

この記事へのトラックバック一覧です: ロングアイアンに怯えるな! (2010年2月8日):

« たまには... (2010年2月7日) | トップページ | ゴルフスタイルの変化 (2010年2月9日) »