« 上手くなれる訳じゃあ... (2009年11月17日) | トップページ | 悲しみの多古オープン...1(2009年11月20日) »

2011年1月18日 (火)

いつか、きっと... (2009年11月18日)

Bu091118


ゴルフ談義に花が咲いている。
平日だけど、二人ともジャケットの下はゴルフウェアのようだ。
やっと100を切るくらいの腕で、いい時には90を切る、なんて腕らしい。

「ねえ! モツの煮込みとイカ刺し追加ね。」
「あ、俺生もう一杯ね」

「店長、生一つとイカ刺し、煮込みはいります。」
慣れたものだと思う...彼らには立派な飲み屋のおばさんにしか見えないだろう。
週に3日夕方6時から閉店まで、この居酒屋で働き始めてからもう4年になる。
昼間の5時までは、毎日普通の会社で働いている。

夫と事情があって離婚してから5年、まだ学生の娘を育てるためには昼間の仕事だけでは収入が足りず、やっとこの店のパートを捜して働き始めた。
運がいいことに店長がいい人だったので、慣れないこの仕事も続けることができた。
身体はしんどいが、なんとか生活が出来るレベルになった。

「ねえ、おばちゃん、あ、おねえちゃんか...悪い悪い」
「ゴルフ、わかる? 今日はね、こいつが88の自分のベストスコア出したお祝いなの。」
「おまけにね、こいつ、バーディーなんかとっちゃったの!」
「わかる、ゴルフ? 300メートル先のちっちゃな穴にね、こいつ3回で入れちゃったの!」
「凄いでしょ~!..あ、ゴルフってね面白いからさ、やってみるといいよ~」

気持ちよく出来上がったお客さんから、そんなことを言われる。
「あ、おねえさん、よく見ると奇麗だねえ~、今度教えてあげるからさ、ゴルフやろうよ、ゴルフ!」
そんな風に誘われることも何回もある。
幸い悪酔いするようなお客さんはいないので、別に問題はないのだけれど...

ゴルフはよく知っている。
離婚する前はプロについてレッスンを受けていたし、今だってゴルフに興味はあるし、出来ることならプレーもしたい。
熱中していた頃は、良ければ80そこそこで回れていた...

今でもクラブは奇麗にしてあるし、古くなったかもしれないけれどウェアもとってある。
でも、余裕がない。
週に5日働いて、そのうち3日は夜遅くまで働いて、それでやっと子供との生活を送るので精一杯。
時間もお金も足りない。

誘ってくれるお客さんも数人いるけれど、その世話になって面倒なことには絶対になりたくない。
...4年の間ラウンドしていない、練習もしていない。
でも、ゴルフをやめたつもりはない...いつかきっとゴルフをまた始めるだろう、ということを信じている。
娘が大人になってからだろうか、どこかのいい男が私の生活を変えてくれてからだろうか、気まぐれに買っている宝くじが当たることがあってからだろうか...見当がつかないけれど。
日々を生きるのが精一杯の今、ゴルフへの情熱の火は決して消えなくても、それを表に出すことはない。

なんだかゴルフというものからは、遥かに離れてしまったような気はしている。

でも、遠い時間の先であっても、必ずゴルフをまた始めるつもりでいる。
...そして、どこかのコースの1番ホールのティーグランドに再び立つことが出来た時、より深くゴルフを理解し、楽しんでいる自分がいることを信じている。

そして...そのティーショットを打ったとき、自分は笑っているんだろうか、泣いているんだろうか...
それを知りたい。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


「不況で懐具合が大変ななかでも、クラブ換えてみたり
数は少なくてもラウンドできてるんだから、幸せなんですよね。
もっとかみしめてゴルフしなきゃって気持になりました。
GDOブログって豊かな集まりかもしれません・・
Posted by:ばたやん at 2009年11月18日(水) 16:16

15年ぶりにティーグランドに立った時
色んな意味で感動しましたよ。
またここに戻れて来れた!
15年間封印していた本当の意味を
言葉にはならない本当の意味を感じました。
今は昔よりもゴルフに対して優しく
接する事が出来る様になりました。
ほんと、
感謝です。。。。。
Posted by:YASO at 2009年11月18日(水) 17:34

ばたやんさん、こんばんは。
やはり、ゴルフには金がかかります。
不景気の真っ直中という今の世の中、やりたくてもいろいろな事情で出来なくなる人が増えています。
仰るようにGDOのブログをやっている方のほとんどは、世間一般から見たらやはり恵まれた人々である、と私も感じます。
だからこそ、「普通」のゴルフが好きな人々の話、描いていこうと思っています。
Posted by:大叩き男 at 2009年11月18日(水) 21:04

YASOさん、こんばんは。
15年ですか...
私は5年ほど離れたことはありましたが...
ゴルフを出来る幸せを、大事にしてください。
感謝の気持ち、わかります。
Posted by:大叩き男 at 2009年11月18日(水) 21:06

状況は違うと思いますが、私も来年結婚しますので
今みたいにゴルフできなくなるんですよね・・・
仕事、家庭、付き合い、そんな中どれくらいゴルフに
時間をかけれるか考えると、何となく憂鬱になります。
でも、今回の記事を読んで情熱だけはずっと持っていたいと思いました。
それさえあればいつか戻ってこれるんだと思いました。
Posted by:たっつん at 2009年11月19日(木) 20:04

たっつんさん、こんばんは。
幸いなことにゴルフは年をとっても、より深く楽しめるゲームです。
アマチュアゴルファーは、絶対に家族を犠牲にしてゴルフをしちゃあいけません。
時間はあります。
Posted by:大叩き男 at 2009年11月19日(木) 21:09 」

|

« 上手くなれる訳じゃあ... (2009年11月17日) | トップページ | 悲しみの多古オープン...1(2009年11月20日) »

ゴルフな人々」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1457285/38513659

この記事へのトラックバック一覧です: いつか、きっと... (2009年11月18日):

« 上手くなれる訳じゃあ... (2009年11月17日) | トップページ | 悲しみの多古オープン...1(2009年11月20日) »