« バンカーショットは教科書通り (2009年11月16日) | トップページ | いつか、きっと... (2009年11月18日) »

2011年1月18日 (火)

上手くなれる訳じゃあ... (2009年11月17日)

Bu091117


もちろん、こんなことで上手くなれる訳じゃあない。
楽しみって奴だ。

同じ80や90で上がるなら、他人に判らない自分だけの楽しみも足してしまおうってわけだ。
それがアイアンでは、「銅下メッキのクラシックアイアンを使う」という楽しみ。

なぜ銅下メッキのアイアンにこだわるか、というと...美しくて気持ちがいい、の2点。
ただ、この二つは非常に個人的な感触であって、万国共通のゴルフに置ける普遍の真理という訳では決してない。

そもそも銅下メッキというものは、昔まだメッキの技術が発達してなかった時代に、ただのクロームメッキだとすぐに汚く割れたり剥げたりしたために、軟鉄とクロームの間に銅メッキをすることによってメッキの着きを良くしたってことらしい。
(古いアイアンで、メッキが醜く割れたりはがれているものは誰でも見たことがあると思う。)

おまけに銅下メッキをしたものは、ただのクロームメッキよりずっと表面が奇麗に仕上がったので、何十年も前にはそれが普及したらしい。
しかし、銅メッキには有害物質が発生することで、公害問題が知られるようになる頃(その時期にメッキ技術が発達したことも重なって)銅下メッキアイアンは作られなくなった。

だからほんの一部を除いて現在手に入る銅下メッキアイアンは昔のクラシックアイアンしか無く、オークションか古道具屋でしか手に入れられない。

よく銅下メッキアイアンは打感が柔らかいというけど、主直なところこれはメッキのせいより軟鉄の素材の違いみたいな気がする。
その証拠にメーカーが違うと同じ銅下メッキをしていても、感じは全然違う。
例えばミズノの銅下メッキアイアンは、クロームが非常に固くてメッキの性能がいいためか、紙ヤスリでも削れずに銅を出すことは無理(そんなことやってる自分がアホみたい)。
本間も手強いけど、頑張れば銅の色を見ることが出来る(そんなこと頑張ってどうすんだ?)。
そして黒トップ、割と簡単に銅の顔が見れて、クロームメッキ、銅メッキ、軟鉄の色の具合が非常に美しい。
...そう、銅下メッキアイアンは、銅メッキが顔を出してこそ美しい。
いくら銅下メッキアイアンと言っても、打球面がクロームメッキのままだったら普通のメッキのアイアンと何にも変わらない。
うっすらと銅メッキの部分が顔をのぞかせ、そのポイントでボールを捕まえる、これが最高!
「ああ、ゴルフっていいなあ...」


ま、そんな訳で、アイアンを構えるたびに銅下メッキの光り具合を確かめて、一人ニヤッとしてアドレスに入る...フェチなゴルファーになったなあ、と思う今日この頃。

こんな楽しみも、ありってことで...


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「こんにちは。
やっぱり、ロングアイアンになるほど、削る?量を減らして、
銅下メッキが見える大きさを小さくするんでしょうね。
Posted by:koba at 2009年11月17日(火) 17:25

kobaさん、こんばんは。
ハハハ、そんな姑息な真似はしませんて。
薄くすく目の細かい紙ヤスリ(というより布ヤスリ?)で拭いて行くと、光り方が違ってきます。
そこでもう少し吹き込むと、何となく赤い色が透けて見えるようになってきます。
そこでやめて、後は普通にボールを打つんです。
それはそこで打てば良い、というマークでもありますから、大きさは似たような物です。
まあ、自分用のアイアン、という気がしてきます(笑)。
Posted by:大叩き男 at 2009年11月17日(火) 22:02

|

« バンカーショットは教科書通り (2009年11月16日) | トップページ | いつか、きっと... (2009年11月18日) »

道具で上手くなれるなら」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1457285/38513654

この記事へのトラックバック一覧です: 上手くなれる訳じゃあ... (2009年11月17日):

« バンカーショットは教科書通り (2009年11月16日) | トップページ | いつか、きっと... (2009年11月18日) »