« 08リコー全英女子オープン3日目 (2008年8月3日) | トップページ | 雷!   (2008年8月5日) »

2011年1月16日 (日)

08リコー全英女子オープン最終日 (2008年8月4日)

Bu80804


ゴルフの神様にどちらが愛されるんだろう?
なんて考えて見始まった、全英女子オープン最終日。
キャディーの助けを得て、初めて大きな壁を越えられるか期待した不動だったけど...相変わらずのショットの切れでいいところにつけるけれど、パットはすべてショート!
不動がどんなに近くにつけても、ことごとくパットをショートさせるのに対して、申はことごとく1mオーバーに打ってくる。
...ゴルフの神様に愛されたのは申だった。
昔からのゴルフの格言に、「届かないパットは永遠に入らない」とか「バーディパットをショートするような人間を信用してはいけない」なんてのがある。
前者は当たり前に知っていることだろうけれど、後者は「そんな人間は、ここ一番の肝心なときに臆病になり、逃げるから」と聞いた。
なにはともあれ、不動は「心」で申に負けたのだろう。
申にとっても、マッチプレーの試合のような展開で、どんなにチャンスにつけてもパットをショートさせる相手は実に戦いやすかったことだろう。
愛ちゃん...復活できただろうか。
最終ホールのダブルボギー...「プロ」がやっちゃいけないことだよなあ...勝つにはまだ長い時間がかかりそうだ。
経験を積めば、日本の選手では上田が一番近いところにいるのかも知れない...態度に注意、だけど。
まあ、ゴルフを「仕事」にしている「プロ」にだからこんなに勝手なこといってるけれど、我々普通のアマチュアにはこんな女子の試合ほど、自分のゴルフに対するヒントが一杯あって面白かった。

今週、どこかのオープンコンペで試してみるかな「あれ」を(笑)。


。。。。。。。。。。。。。。。


パターはショートしたら入らない。まったく同感です。プレー後、不動は「悔しくない。むしろ3位で満足」と言ってましたが、そんなことはないでしょう。日本で勝ち続けていた時、不動のパッティングは強気だっただけに、本心は相当ショックだったのでしょう。
Posted by:torachan at 2008年08月05日(火) 12:50

torachanさん、どうも。
あの不動のコメント。
違うでしょ、と感じるのは俺だけ?
プロなら、
「不甲斐ない自分が情けないです。悔しいです。」
だろ?
アマチュアの競技じゃないんだから。
Posted by:大叩き男 at 2008年08月05日(火) 17:50 」

|

« 08リコー全英女子オープン3日目 (2008年8月3日) | トップページ | 雷!   (2008年8月5日) »

トーナメント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1457285/38494099

この記事へのトラックバック一覧です: 08リコー全英女子オープン最終日 (2008年8月4日):

« 08リコー全英女子オープン3日目 (2008年8月3日) | トップページ | 雷!   (2008年8月5日) »