« 来た!  (2010年2月25日) | トップページ | 人生は新ペリア? (2010年2月28日) »

2011年1月18日 (火)

天下の暴論...8 (2010年2月26日)

Bu100226


今回はあんまり「暴論」じゃあないんだけどね。
どっちかって言うと「提言」かなあ...

今主流となっている、ノーキャディーの「乗用カートセルフプレー」の場合。
「フェアウェー乗り入れ可」のコースではない場合、ボールの位置がカート路からはなれたところに行くケースって多い。
そんな時になれてない人は距離だけ見て、1ー2本のクラブを持ってボールのところに行って打つ。
ところが往々にして、「思ったより距離があった」「ライが悪かった」などの理由で不本意ながら持って行ったクラブではダメだ、ということになることが多い。
遠いカートまで取り替えに行っていてはプレーが遅くなるので、やむを得ずそのまま打つなんてことが殆ど...中にはいちいちカートまで取り替えに行く奴もいる...後ろの組をいらつかせながら。

ゴルフ雑誌には「その距離の前後のクラブを持って行け」と3本持って行くことを勧める記事が載っている。
3本じゃあ足りない。
例えば、残り130ヤードの林近くのラフにボールが行った場合。
まず見た目の残り距離のクラブ(8番だと仮定する)。
ライによって前後の距離のクラブ2本(7番と9番)。
前の木が邪魔な場合、上を越えるクラブ1本(サンド)、枝が邪魔な場合、下を抜くクラブ(5番)。
もしかして右に曲げたり左に曲げる場合に使えそうなクラブ1本(6番)。
アイデア次第でそこから使えそうなクラブ1本(3番または4wまたはパター)。
てな具合に考えると6本は持って行くことになる。

ゴルフってのは、「発想とアイデア」のゲームでもある。
ルール内ならどのクラブをどう使ってもいい。
ショートアイアンがダフってばかりなら、いっそ130ヤード以内7番やパターや4wで全部転がしだっていい。
真っすぐに飛ばないんなら、どんなところからだって曲げて打ちゃあいい。
100ヤードがピッチングの距離だからって、ピッチングを使わなくてはいけないって決まっている訳じゃない...ドライバーでも4番アイアンでも7番でもサンドでも打って構わない。
自分で自分のゴルフを狭くしないで、その時の自由なひらめきとアイデアを楽しむためにも、カートを離れる時には最低5ー6本のクラブを持って行こう(8本でも10本でも構わない)。
失敗を恐れちゃあ、なんにも始まらないぞ。

クラブなんてそう重いもんでもなし、遊ぶためにはそれくらいなんでもないだろう。

あ、クラブ忘れにはご用心。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


「おっしゃることに大賛成でございます。
林に入ったり、隣のホールに行ったり、遠くから見ただけじゃ
予想できないようなケースが多いですからね。
逆に沢山クラブを持っていくことによって、置いても目立つから
クラブ忘れも減るんじゃないですかね。
Posted by:コルレオーネX at 2010年02月26日(金) 11:21

恥ずかしながら、3本派でした^^;
確かに状況によっては、「あ~、持ってくれば良かった」
なんてこともあります。
そのまま打っちゃって後悔してみたり。
自分が楽しむためと思えば、全然苦にならなさそうですね。
今度挑戦してみます。
Posted by:たっけ at 2010年02月26日(金) 14:18

それと、目土袋もね。 ^^
Posted by:joshua at 2010年02月26日(金) 14:22

自分思いますに・・
要はカートなど使わず担ぎで回ればええんですよ
手元に最大14種類の武器持ってることになりますからね
経験上心安らいだラウンドになりました 
Posted by:とりあへ at 2010年02月26日(金) 20:41

コルレオーネXさん、こんばんは。
その場でライを見て、ひらめいたちょっと変わった打ち方をして、上手く行ったときなんかは最高なんですよねえ。
そういう可能性をなくさないために、クラブを沢山、です、
Posted by:大叩き男 at 2010年02月26日(金) 23:42

たっけさん、こんばんは。
3本は少ないです。
その場に行ってみると、殆どの場合その3本以外のクラブが使いたかった、なんてケースになりません?
これ、ゴルフの「不思議」です。
「殆どの場合、選んだ3本以外のクラブが必要となるのがゴルフである」なんてね(笑)。
Posted by:大叩き男 at 2010年02月26日(金) 23:46

joshuaさん、こんばんは。
カートに乗せてあれば使いますが、砂が入ってなかったりって多いなあ...
マイ目土袋を買うことまでしないし...
もちろんちゃんとしてれば使いますが。
Posted by:大叩き男 at 2010年02月26日(金) 23:50

とりあへさん、こんばんは。
今は担ぎじゃあ回らせてくれないでしょう...
ゴルフ始めた頃はよくやりましたけど。
Posted by:大叩き男 at 2010年02月26日(金) 23:51

賛成です。
グリーンを狙う打数以降はチョロやダフリもあるのでウェッジ、パター含めて使いそうなクラブをチョイスして、カートに戻らなくて良いようにしてます。
 結果的にグリーンに乗ったり、グリーン周りまで行けば、カートに戻って、カートを運びます。
全員がこれをしてくれると、
非常にスムーズにラウンドできるのですが・・・・
Posted by:さささ at 2010年02月27日(土) 13:02

セルフプレーが多い今日この頃!
忘れ物も多いですね~
忘れ物を回収するのも多いですが、こんな物も!
グリーンサイドに携帯電話を忘れる人・・・
何時だったか忘れましたが、前の組の忘れクラブを届けたら、
「有り難う」とお礼を言ったまま
ピンフラッグを次のホールに持って行った人が居ました。
幾ら礼儀正しいとは言ってもピンを持っていっちゃ~ね~
狙う場所が無くなってしまった私らにどうしろと
忘れ物は駄目ですが、ピンまで刺すのを忘れちゃ~ね~
Posted by:おっちゃん at 2010年02月27日(土) 18:53

もっていく本数もさることながら、カートの回し方やクラブの出し入れ方法等、ちょっと考えれば時間短縮できます。
ショット能力もさることながらラウンド能力を磨いてほしいですよね。
Posted by:yamasan at 2010年02月27日(土) 19:24

僕も妥協して手持ちのクラブで打っちゃう事ありますね~。
理想は手引きカートや担ぎ。。。
後はいちいちカートからバッグを降ろしちゃう(笑)
Posted by:YASO at 2010年02月27日(土) 21:37

こんばんは。
ですよね。。。
とりあへさんやYASOさんが仰るとおり、担ぎや
手引きカートで回れば一番ですけど
カート道とボールが離れてしまうことも多いですし、、、
また、クラブをバッグに挿す前に、とりあえずカートへ
乗って欲しいとも・・・思います
Posted by:Non at 2010年02月28日(日) 00:30

ささささん、こんばんは。
カートから遠くでグリーンを狙うショットには、アプローチ用のクラブは必携ですね。
まあ、そんなことをすると10本くらいになるかもしれませんが、大した重さじゃあないでしょう。
カートの全員がこうすれば、実にスムーズにラウンド出来ます。
Posted by:大叩き男 at 2010年02月28日(日) 01:10


おっちゃんさん、こんばんは。
ピン持って行っちゃう人結構いますよ(笑)。
同じ組の人でピン持って来ちゃった人もいましたし...
後ろの組が騒いでいるので、私も後ろを振り返って気がつきましたが、当人は自分がピンを持っているのに気がついていませんでした。
よっぽどいいパットをしたのか、逆だったのか...
Posted by:大叩き男 at 2010年02月28日(日) 01:13

yamasanさん、こんばんは。
本当に全員がこう出来たら、ラウンドはスムーズになります。
ラウンド能力もハンデに入れた方がいいかも...
Posted by:大叩き男 at 2010年02月28日(日) 01:16

YASOさん、こんばんは。
以前は担ぎや手引きもやりましたが、今はカートでいいです(笑)。
カートに乗って、スムーズにラウンドする方法を極めようと(笑)。
何しろ膝が痛むもので...
Posted by:大叩き男 at 2010年02月28日(日) 01:18

Nonさん、こんばんは。
いえいえ...わたくしめはカートでいいです(笑)。
そうそう、カートのところまで行ってモタモタしているのは嫌ですねえ。
私もまず動いて次の場所まで行ってから、クラブを戻した方がいいと思うんですけど...
でも、クラブを持ったまま乗ると急な山岳コースじゃあ、危険かも。
Posted by:大叩き男 at 2010年02月28日(日) 01:22 」

|

« 来た!  (2010年2月25日) | トップページ | 人生は新ペリア? (2010年2月28日) »

天下の暴論」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1457285/38514860

この記事へのトラックバック一覧です: 天下の暴論...8 (2010年2月26日):

« 来た!  (2010年2月25日) | トップページ | 人生は新ペリア? (2010年2月28日) »