« 忘れられないプロゴルファー31「ゲーリー・プレーヤー」(2009年3月16日) | トップページ | なあ、クラブ達... (2009年3月20日) »

2011年1月17日 (月)

三浦アイアン(プロイズム)の試打 (2009年3月19日)

Bu090319_2


打ちたかった「三浦製のマッスルバック」、ブリジストンのプロイズムを練習場で打ってきた。
今まで使っていたアイアンとどう違うのか、確認のために今メインで使っている「クリーブランドTA-3」(DGS-300)はキャディーバックごと。
他に「クラシック黒トップ」(DーR)、「ヒロホンマ-505」(DG-R400)のそれぞれ7番アイアンを持って行った。
ブリジストン「プロイズム」はDGS-400シャフト。
製法はTA-3は「フォームフォージド」という、軟鉄を鋳造した後高圧プレスをかけるという謂わば軟鉄鋳造鍛造法みたいなもの。
黒トップは、正式な軟鉄鍛造品。
本間は、軟鉄の鋳造。
そしてプロイズムは、三浦流の軟鉄鍛造品。

まず、全体にTA-3と打ち比べてみる。
驚いたのは捉まりの良さ。
はっきり言って、TA-3より捉まるし、曲がらない。
ややグース目の大きなフェースが、マッスルバックと思えないくらいボールを良く捕まえる。
見ないで打っていると、どっちがマッスルバックか判らないくらい。
飛距離も殆ど変わらず、以前のベン・ホーガンパーソナルの時のように、一番手以上飛ばないなんて事はない。
左右の曲がりも少なく、ちょっと芯を外したくらいでは飛距離もそれほど落ちない。
左右への曲げも、割と自由に打てて操作する面白さも十分味わえる。
気になったのは芯を外したときに、TA-3はセミキャビティ部に張られている、VASアイアン以来の「振動吸収パッド」のためか手にはそんなに嫌な振動が来ないのに、プロイズムは芯を外すと金属質の堅い振動の感覚が来る。

これは本間のアイアンも同じ。
黒トップは、なにも振動吸収の機構は無いのに、独特の「モチッ」とした柔らかい感触があり、堅い金属質の振動は来ない。

こうやって打ち比べてみると、材質としてクラシックの黒トップの軟鉄の材質が特別に柔らかいのではないかと思えてくる。

そして自分の感覚では特別に「打感」が柔らかいのは...TA-3...多分裏に貼り付けてある振動吸収パッドの効き目だと思う。(これは、後で気がついたのだが、シャフトがダイナミックゴールドのセンシコアだった。これは振動吸収シャフトとか言われていたっけ)
次は僅差で黒トップ。
3位と4位は殆ど変わらないが本間にプロイズム。

打ちやすさというか、易しさという観点から比べると、なんと一番打ちやすく感じたのがプロイズム。
少し受けている、ボールを包み込むような感覚と実際に打ったときの感じが一致している。

ただ、問題が一つ。
TA-3は、US版だから問題がないし、黒トップも大丈夫なのだが、このプロイズムはライ角がフラットすぎるのだ。
多分、ブリジストン製なのでいわゆる日本人向けに企画されているんだろう。
慎重が170センチくらいの人を対象にしていると思われる。
181.5センチの自分が構えると、ショートアイアンやウェッジではヒールが浮いてしまう。
ライ角通りに打とうとすると、青木みたいに低く構えなくてはならない。
残念...ライ角を調整してまで使う気にはなれない...以前の失敗があることだし。

結論。
三浦製マッスルバック...意外と打ちやすくて使える。
感触は結構堅い...芯で打てば問題なし。
背の高い人は、はじめから三浦で合わせて作った方が無難。
プロイズム...これは、手放すしかないなあ。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


「こんばんわ
 クリーブランドが 柔らかく感じると言うのは意外でした
 プロイズムは 自由契約になりそうですね
 それより ビックリしたのが 
 身長が 180cm有る事でした。
 メッキの厚みや硬さの違いも有る様な気がしますが
 その辺は 専門家ではないので全く解かりません
Posted by:選ばれし物 at 2009年03月19日(木) 17:42

選ばれし物さん、こんばんは。
ちょっとがっかりしました。
考えてみれば、今まで使ってきたアイアンは殆どがUSバージョンか、アップライトなことが判っていたアイアンでした。
つい三浦のアイアンを使ってみたいばっかりに手を出したんですが...
改めて思い出してみると、300フォージドも、シャフトのライフルが合わなかった以外に、フラットすぎる、ということもあったんだっけ...
つくづく自分の学習能力の無さに呆れます。
Posted by:大叩き男 at 2009年03月19日(木) 19:36 」

|

« 忘れられないプロゴルファー31「ゲーリー・プレーヤー」(2009年3月16日) | トップページ | なあ、クラブ達... (2009年3月20日) »

道具で上手くなれるなら」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1457285/38506664

この記事へのトラックバック一覧です: 三浦アイアン(プロイズム)の試打 (2009年3月19日):

« 忘れられないプロゴルファー31「ゲーリー・プレーヤー」(2009年3月16日) | トップページ | なあ、クラブ達... (2009年3月20日) »