« 10月が終わる   (2010年10月31日) | トップページ | むち打ち   (2010年11月2日) »

2011年1月18日 (火)

カップは君が思うより常に1ヤード遠い (2010年11月1日)

Bu101101_2


「カップは君が思うより、アプローチなら1ヤード、パットなら1フィート常に遠い」...チャールズ・ベイリー。

チャールズ・ベイリーは、20世紀初め頃の著名な英国のゴルフ評論家。

パットの話では「ネバーアップ、ネバーイン」とか「届かなければ入らない」とかの言葉はよく聞くだろう。
しかし、実はアプローチでこそ我々は「無駄」で「みっともなく」「後悔する」...「短すぎるアプローチ」をやっていないだろうか?

勿論トップしたミスショットの大オーバーは関係ない。
「上手く打った」ときに、ワンピン以上のショートとかを結構やっていないだろうか。
パットと同じように「あ、強い!」なんて思った時に意外と寄っている...

それに我々は妙な知恵がついてしまって、「ショートか...でもオーバーよりいいだろう」なんて口に出して言ったりする。
おいおい、我々がプレー出来るような普通のコース状態で、上につけたら下りのパットが滅茶苦茶難しい、なんてケースが何回あった?
むしろ下りのパットの方が、ビビって打ったのが丁度良くて入ってしまったなんて経験、少なからずあるんじゃない?

「スピンが上手くかかり過ぎてしまった」とか「上手く打ち過ぎてしまった」とか「感じが出過ぎてしまった」とか...言い訳はいいけどさ、上りのアプローチでワンピン以上ショートなんて、アプローチ大失敗ってことだぜ。

1ヤードは91.44センチ、つまりワンピン残した失敗ショートアプローチだったら、もし1ヤード大きく打っていれば残るのは1メートルほどのナイスアプローチとなる。
はっきり言って、1メートル手前も1メートル向こう側も、我々がプレー出来るレベルのコースでは難しさに違いはない。
手前が絶対にいいなんて考えは捨てて、思っているよりも1ヤード向こう側のカップに向けてアプローチしてみるといい。
カップをオーバーさせればチップインする可能性だってあるし、しっかり打った事によって「強い」と感じたボールに上手くスピンがかかったりして、予想以上にピンに寄る結果となる事請け合いだ。
それに、もしワンピン以上ショートして結果入らないパットより、オーバーして入らなかったパットの方が絶対に後悔は少ないぞ。

パットも同じで、この場合の1フィートというのは、30.48センチの事。
やはり、思ったよりそれだけ遠い。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


「ヤードとかフィート
ナニを基準に決めたんでしょうね?
メートルは地球の直径だかをなんぼかで割った単位でしたっけか← うろ覚え(笑
尺とか寸に近いのが不思議です
今度ラウンドの時使タロかな
五尺七寸の上りやや右曲がりだな とか♪
Posted by:とりあへ at 2010年11月01日(月) 14:55

大叩き男さん、今晩は!
そうかも知れませんね。
でも、グリーンの傾斜によってはあまり突っ込まない方が
安全な場合もある様に思われます。
いずれにしても、的確な状況判断が必要だと思いますね。
Posted by:bogeyman at 2010年11月01日(月) 21:52

とりあへさん、こんにちは。
ゴルフを始めた時には「ヤード」で、すぐに「メートル」の変えられて、それからまた「ヤード」に戻した、なんてドタバタがゴルフ界にありましたね。
距離感もへったくれもなくなりました...
Posted by:大叩き男 at 2010年11月02日(火) 10:26

bogeymanさん、こんにちは。
思うんですが、奥は難しいからとショーット気味にアプローチした時に、そのパットが入ったという記憶があんまりないんですよねえ。
悪い時には安全に言って3パットとかも結構あるし。
奥に行ったからと言って、それは確かに難しいけれど結構2パットでおさめているような気がします。
Posted by:大叩き男 at 2010年11月02日(火) 10:30 」

|

« 10月が終わる   (2010年10月31日) | トップページ | むち打ち   (2010年11月2日) »

ゴルフ名言かってに解釈」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1457285/38518967

この記事へのトラックバック一覧です: カップは君が思うより常に1ヤード遠い (2010年11月1日):

« 10月が終わる   (2010年10月31日) | トップページ | むち打ち   (2010年11月2日) »