« 春は遠いなあ (2010年2月14日) | トップページ | 立ち上がるゴルファー (2010年2月16日) »

2011年1月18日 (火)

ゴルフに逆転ホームランは... (2010年2月15日)

Bu100215


「ゴルフに逆転ホームランは存在しない。自滅によって決着がつくだけである。」...ベーブ・ルース。

ゴルフに逆転ホームランは存在しない...なんて、数々の逆転ホームランでアメリカの野球史を彩ったベーブ・ルース以外の人間が言った言葉だったら、説得力はないだろう。
そのベーブ・ルースが「自滅」によって決着がつくだけ、と言っているのは...なんだか自分たちと同じように痛い目にさんざん合っているゴルファーの言葉として好感を持ってしまうなあ。

きっと、ベーブ・ルースも野球と同じように、逆転ホームランを狙ったことがさんざんあったに違いない。
逆転ホームラン、それも満塁サヨナラ逆点大ホームラン、なんかをね。
でも、多分、全部失敗したんだ(笑)。
そして自嘲とともに、「自滅によって決着がつくだけだ」と腹の底から納得した...

我々アマチュアヘボゴルファーも、身に覚えがあるだろう。
つまんないダボやトリを打った後、「ショートカットして300ヤードワンオンしてイーグルをとってやる」とか、「池越えのツーオン狙ってイーグルだ」とか、「真上から落としてホールインワンだ」とか...
その結果、今度はダブルパーや2桁叩いてますます崩れて行く。
ボールは自分が打たなくては、普通はまず自分から動こうとはしないものだ...誰かが何かをするとか、敵が邪魔をするとかも...普通はない。
ボールに災難や事故や悲劇が起きるのは、自分がボールに何かをしたからだ。
つまり原因も責任も全て自分にある...だから結果を怒るのも呪うのも悪態つくのも、全部自分に対するしかない...こんな状態になることを「自滅」という(笑)。

他のスポーツやゲームやギャンブルには逆転ホームランはあるかもしれないが、ゴルフには...ない。
ただ「バーディーやイーグルで取り返す」ことが出来るような気がしてしまう。
でも、そこで取り返すことが出来るのなら、既にトップアマやプロになっている、と知るべき。

...ゴルフの女神は気まぐれなもので、ゴルフにより深く引きずり込むためにほとんどのゴルファーに時々「触れなば落ちん」風情を見せる。
本当は凄い偶然とラッキーの賜物なのに、いかにも自分の力でとれたように、バーディーやイーグルの甘い果実を味合わせる。
でもね、ここで自分を失っちゃあおしまいだよ...うしろに自滅への深い闇が控えているぞ。

...って、うーーん、なんだかねえ...書いていてゴルフって奴が、性悪女の誘惑に耐えて、持てない自分を自覚して行く貧乏坊主の修行みたいに見えて来たぞ。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


「あはははっ
渡辺様、こんにちは
ゴルフの女神様が性悪女ですか
この性悪女、『逆転一発を狙ったら?』と
誘惑してきます。
皆に、平等に、私みたいなへタレゴルファーにも囁いてくれます。
男としては、貢ぐだけ貢いですってんてん、なんて末路も本懐ではないでしょうか?
 なんて、修行が足りないという事ですね(苦笑)
Posted by:黒いひつじ at 2010年02月15日(月) 12:51

狙いにいって、うまくいった試しがありません(泣)
パー5の2オンなんてのは最たるもので、ティショットから連続OBのオンパレードです(悲)
後から考えれば逆転ホームラン狙いなんかやめときゃよかったって思いばかり
スコアは加算されていく一方で、懲りません
モテない訳です(笑)
Posted by:myひげおやじ at 2010年02月15日(月) 12:59

本当にそうですよね~
打ち上げ砲台グリーンでパーオン狙いが入っていてイーグル!
入る瞬間も見えず、嬉しさ半減
ショートでナイスカップイン!
             これもプレ4から・・・・・
素直に喜べるプレーは見当たりませんね~
      自滅って言葉が、私に延し掛かってきます
Posted by:おっちゃん at 2010年02月15日(月) 13:38

いや~、
偶然とび出すミラクルショット
コレがあるからヤメられない・・・。
惨憺たる結果であってもその日は
たったの1打で大満足
今日までのゴルフ人生にまで感謝してしまう程
浮かれ飛ぶ・・・。  
Posted by:joshua at 2010年02月15日(月) 14:43

つくづくゴルフって,「足し算」なんですね。
だんだんパーおじさんが,
意地悪に見えてきました。
Posted by:はなたれ at 2010年02月15日(月) 18:59

届きそうで届かないトコに打たれるノック
こんな感じが自分のゴルフ
結果重視 過程重視
どっち?
終了後に
あーおもろかったな!
コレ言えるのは後者
忘れたころに自慢できるのは前者
ケドどっちも自分のやったことなんですねー
どっちが○どっちが×なんて決められませんねぇ
Posted by:とりあへ at 2010年02月15日(月) 19:49

黒いひつじさん、こんばんは。
情の深い性悪女にそそのかされて、引き返しようもない深みにはまって...
ゴルフってなあ、落ちて行く喜びを味わうようなゲームかい!....って声が聞こえそう(笑)。
Posted by:大叩き男 at 2010年02月15日(月) 22:55

ひげおやじさん、こんばんは。
いくら上手く行かないと思っていても、「狙って、お願い」なんてささやくのがゴルフの女神です(笑)。
そのくせ、失敗すると「なーに、あなたってダメなのね」って冷たく突き放して...
後悔するくらいなら、囁きに耳を貸してはいけません。
Posted by:大叩き男 at 2010年02月15日(月) 23:01

おっちゃんさん、こんばんは。
そうです...忘れた頃に、あの悪女は信じられない結果を我々ヘボゴルファーにもたらして、甘い夢を見させるんですよ(笑)。
いくら堅実に行こうと思っていても、我々はそんな誘惑にはからっきし弱いものなあ(笑)。
Posted by:大叩き男 at 2010年02月15日(月) 23:04

joshuaさん、こんばんは。
もう、こんなゴルフなんてやめてやろう、なんて思ったとたんに自分のものとも思われないようなスーパーショットが飛び出す。
絶対無理だ、プロだって寄らないさ...なんていう状況でベタピンに寄る。
諦めて打った複雑なラインのロングパットが奇麗なラインを描いてカップインする...
あの魔女はコースのいろんなところに、そんな罠を仕掛けています(笑)。
Posted by:大叩き男 at 2010年02月15日(月) 23:08

はなたれさん、こんばんは。
いえ、違います。
パーおじさんは親切で紳士なんです。
あのゴルフの女神が、気まぐれで意地悪で、情が深くて気が多くて、いたずらな嘘つきの浮気ものなんです。
Posted by:大叩き男 at 2010年02月15日(月) 23:10

とりあへさん、こんばんは。
うーーん、とりあへさんは気が多くて意地悪で色気たっぷりのゴルフの女神さんが好きそうだもんなあ(笑)。
けっこう、翻弄されて楽しんでいるような気がします、どっちにしたって(笑)。
Posted by:大叩き男 at 2010年02月15日(月) 23:13

けっしてMではありません
むしろSです
どっかに書いてますコノフレーズは(笑
簡単に手に入らないのが面白み
リカバリーに燃えるのも一興ですね
Posted by:とりあへ at 2010年02月16日(火) 01:34

とりあへさんは、Sですか(笑)。
でも、「簡単に手に入らないのが面白い」?
「リカバリーに燃える」?
そりゃあ、Mです(笑)。
Posted by:大叩き男 at 2010年02月16日(火) 11:41

こんにちは。

昨日は雨の中のラウンドでした。
大叩き男さんなら絶対キャンセルするんだろうな~
なんて考えてました(笑)
結果は見事に自滅です。
正に修行のようでした。
でも楽しかったんでOKです(笑)
Posted by:たっけ at 2010年02月16日(火) 12:40

たっけさん、こんばんは。
やらないでしょうねえ、そんな冷たい雨の中....わがままではありません、ドクターストップであるからですが(笑)。
でも、楽しめたんなら、「あり」です。
それもゴルフだと。
Posted by:大叩き男 at 2010年02月17日(水) 00:4 」

|

« 春は遠いなあ (2010年2月14日) | トップページ | 立ち上がるゴルファー (2010年2月16日) »

ゴルフ名言かってに解釈」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1457285/38514715

この記事へのトラックバック一覧です: ゴルフに逆転ホームランは... (2010年2月15日):

« 春は遠いなあ (2010年2月14日) | トップページ | 立ち上がるゴルファー (2010年2月16日) »