« 悲しみの多古オープン...1(2009年11月20日) | トップページ | ショットの前に...(2009年11月23日) »

2011年1月18日 (火)

悲しみの多古オープン...2(2009年11月21日)

Bu091121


こんな日にゴルフなんかしちゃあいけない...って典型の天気だった多古オープン。
初めてオープンコンペに参加する、という同伴競技者が二人いた。
60過ぎの強面大柄のX氏と、細身で49歳というM氏。

M氏は某有名コース二つのメンバーということで、プレーぶりもマナーも申し分なく、この寒さに唯一人身体がよく動いていた。

...問題はX氏。
良い人なのだ...それは間違いない。
きちんと挨拶し、オープンコンペに初挑戦ということで謙虚でもある人だった。
しかし、本当に驚いたことに、グリーン上でゴルファーならほぼ100パーセント常識として知っているようなことを知らなかったのだ。
「知らなかった」ということは、たまりかねて注意した時には驚いたような顔をしてすぐにやめたから。

はじめはパットをしようとした時に、カップの向こう側をのんびりと横切っていくX氏だったが、たまたまだろうと思って立ち止まるまで待っていた。
が、どのホールでも、他の人がパットの構えに入っているのに、のんびりとカップの反対側を自分のボールの方に歩いていく...全く他の人のパットには関心がないように。
たまりかねて、「止まってください」と声をかける。
「あ、申し訳ない」と、それからは動くのを注意するようになった...ところが今度はカップの真っ正面で、こっちを向いて立っている。
思わず手で、もう少し横にと頼む。

それからはカップの向こう側にはいなくなったが、今度は他の人がアドレスに入っている時に自分のスコアを大声で数えだす。
「いーち、にーい、さーん、フォーオン..だったな!」
アドレスに入った人は、やはりその声が終わるまでパットを打てずに待っていることになる...しかし、終わったと思ってパットしようとバックスイングに入ったとたんに、「あ!ファイブオンか!」とやられて、思わず30センチのパットを外してしまった時には、声が出てしまった。
「すみません、スコア数えるのは他の人がみんなパット終わってからにしてください!」
この時、一番年長だったSさんは喧嘩になるかもしれない、と思って緊張したと後で言っていた。
でも、Xさんは本当に知らなかったらしく、「ああ、ごめん、ごめん」と言ってそれをしなくなった。

そして極めつけの事件は最終ホールのグリーン。
X氏の携帯が鳴った。
それに出たX氏は、なんとグリーン上のその場で大きな声で話始めた!
パットをしようとしたM氏は固まってしまうし、さすがに温厚なS氏が切れて、「あっちで話して!」と後方を指差す!
するとX氏はグリーンから一歩離れただけで話を続けた。
さすがにこれだけ見てしまうと、考えざるを得ない。
人は良さそうなX氏だけれど、クラブやプレーを見ていて(少なくても10年以上はゴルフをやっているだろうに)誰も彼にそんなことを教える人はいなかったんだろうか?
彼は多分接待ばかりされて、ゴルフを続けて来てしまったんじゃないだろうか?

彼がこれから、今までと違う人たちとゴルフをする機会が多くなれば、大きなトラブルが続発するのは目に見えている。
ゴルファーにとって、ゴルフを始めた時にそういう当たり前のことを教えてもらわなかったのは、非常に不幸なこと...彼の様子を見ていると、そんなマナーを本当に知らなかったように見えたので、本気で心配している。
だから、彼は「トンでもゴルファー」というより本当は「不幸なゴルファー」と言った方が良いかもしれない...

そういえばもう一つびっくりしたのが、とあるホールで隣から打ち込んで来た若い男、我々の間に黙って歩いて来て、こちらが皆2打目を打とうとしている中で、いきなり黙って自分のホールに打とうとした!
こちら4人のボールの間にあるボールをだ!(こちらはみんな唖然としてしまった)
思わず「待て!待て!」「こちらが皆2打目を打ち終わるまで待っていたらどうだ!」
その男、なんでそんなことを言われるのかわからない、という顔できょとんとして立っている。
...この多古方面って、こんな訳のわかんないゴルファーが沢山生息しているのか?

パーティーでは料理も美味しく、うちの組ではパーの間に上手くトリやダボを叩いたM氏が、ハンデにハマって6位に入賞!
なんとふぐ刺しをゲットしたM氏、家族にも喜んでもらえたそうで...これでオープンコンペにハマったゴルファーが一人増えた(笑)。

くだんのX氏...パーティーの前に帰ってしまった。
オープンコンペが良い経験にはならなかったかもしれないな...残念。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


「こんにちは。
今回も大変楽しく拝見させていただきました
たぶんX氏は、大叩き男さんの推測通り、接待だけされていたんでしょうね。
打ち込んできた男の人にもびっくりです。
ゴルフ雑誌をみると、技術論ばかりですが、マナー特集も多めに組んで欲しいところです
Posted by:mogi at 2009年11月21日(土) 13:22

こんにちは。
プレー中に邪魔にならないようにすること…、視線に入らない、声を出さない、動かない、当たり前なんですが。
ここまでひどくはないのですが、隣ホールから来て、挨拶なし、自分優先はしばしばありますね。知らないのだとしか思えません。
Posted by:myひげおやじ at 2009年11月21日(土) 17:31

実は私も来月に初オープンコンペに1人で行ってみようと思っております。
いつもは知り合いばかりでプレーをしていますので、確かに甘えみたいなものが身に付いてるんでしょうね。私も気をつけて楽しめればと思っております。
Posted by:しもちゃん at 2009年11月21日(土) 23:52

mogiさん、こんばんは。

X氏は、ちょっと可哀想になりますね...あれでは、普通のコースのどこでプレーしても顰蹙を買うことになり、楽しいゴルフはできないでしょう。
思い返すと恐ろしくなるのは隣から来た男。
隣に打ち込んだ場合どうしたらいいか、知らないのか...
彼もやがてどこかで誰かにぶん殴られたりしそうです。
怖い人だってゴルフしてるんだから,..
Posted by:大叩き男 at 2009年11月22日(日) 00:02

ひげおやじさん、こんばんは。
本当に「マナーを知らない」ゴルファーが増えているのか?
ちょっと不安になるような出来事でした。
彼らが、そういうことを教えてくれる人とラウンドしたことが無いってのが、信じられません。
Posted by:大叩き男 at 2009年11月22日(日) 00:06

しもちゃんさん、こんばんは。
オープンコンペデビュー、楽しんできてください。
私が書いた人のような、マナーを知らない人なんてのはめったにいるもんじゃありません。
プレーさえ遅くなければ十分に楽しめます。
そうそう、他の人がひん曲げたボールを一緒に探してあげると、すぐに仲良くなれますよ(笑)。
Posted by:大叩き男 at 2009年11月22日(日) 00:10

こんばんわ (=^・・^=)
 どんな 顛末かと 期待してました。
 殴り合いに成ったとか(笑)
  聞くは 一時の恥 聞かぬは一生の恥と
 申しますから これは本人の為。
 マナーを知らない人・ルールを知らない人に
 知っている人が 教える これもマナーかも
 先日のオープンコンペで ご一緒した方が
 ボールマークに 水平機(水準器)?の
 ついたボールマーカーを使っていました。
 それは プライベート以外は使ったら
 駄目ですよと こっそり教えましたが
 オープンコンペは仲間内のコンペの延長と
 捕らえている人と居ますからね。
 Posted by:選ばれし物 at 2009年11月22日(日) 01:11

こんにちわ
昔はコースに出るのもメンバー同伴や紹介が必要だったり、プレーフィーもそこそこ出さないと行けませんでしたが、今は初心者同士でもネットで簡単にエントリーできちゃいますからね。
そういうマナー知らずの輩が増えるのは仕方ないと思います。
夏坂さんを読んでからコースに出て欲しいですね。
Posted by:yamasan at 2009年11月22日(日) 08:31

選ばれし物さん、こんにちは。
殴り合いなんてしませんが、悲しい思いにはなりましたね。
60を過ぎて、そんなマナーも知らないでゴルフやっているってこと...今までどれだけ陰で笑われていたか。
彼のゴルフ仲間に、友達はいなかったってことでしょう。
これから直すことも難しいと感じます。
Posted by:大叩き男 at 2009年11月22日(日) 16:37

yamasanさん、こんにちは。
隣から来た若い男...何を知ってゴルフをやっているのか...
じっくり聞きたい気がします。
でも、ゴルフじゃなくても他人のプレーしている場所にボールを打ち込んでおいて、黙ってその中に入っていって、黙ってさっさと打とうとする...これは信じられません。
「すみません」なり、何かの挨拶があって当たり前だと普通の人は思うでしょう。
あの若い男は、本当に頭が壊れているバカ人間としか思えません。
そんな奴が増えていくってのは,,,怖いなあ...
Posted by:大叩き男 at 2009年11月22日(日) 16:43

こんにちは。
まぁ、実生活の中でも非常識な人は沢山いますので、ゴルフ場にいてもおかしくありませんね。
ゴルフ場だけは、そうであって欲しくないと願っても叶えられない・・・時代なんでしょうか?
Posted by:koba at 2009年11月23日(月) 10:12

kobaさん、こんにちは。
その「非常識」ってのが、想像を絶する形で出てくるのが怖いなあ...
本当にこのラウンドではこの先どうなるんだ?」って気持ちになりました。
一日で二人、全くゴルフの常識のわからない人間にあったんですから...
どうなるんですかね..本当に。
Posted by:大叩き男 at 2009年11月23日(月) 13:01 」

|

« 悲しみの多古オープン...1(2009年11月20日) | トップページ | ショットの前に...(2009年11月23日) »

オープンコンペ挑戦」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1457285/38513687

この記事へのトラックバック一覧です: 悲しみの多古オープン...2(2009年11月21日):

« 悲しみの多古オープン...1(2009年11月20日) | トップページ | ショットの前に...(2009年11月23日) »