« 祈り...  (2010年12月22日) | トップページ | クリスマス・イブ   (2010年12月24日) »

2011年1月18日 (火)

スポルディングのアイアン   (2010年12月23日)

Bu101223


天気と予算の関係で、なかなかラウンドの予定が決まらない今日この頃...オークションで格安のアイアンを手に入れた。
スポルディングのプロフォージド-1の3~P・Sの9本セットで、シャフトはDGのS-300。
程度は中古としては普通のレベルで、送料込みで5千円以下。

今まで使って来たアイアンの中で、特別に「柔らかい」感触で気に入っているアイアンがクラシックの黒トップ。
他のどんなアイアンよりも「ボールがくっつく」感じがあり、芯を食った時の快感は特別なものだ。
ただ、黒トップは(多分リシャフトものだが)ダイナミックのRシャフトで、ときにしなり過ぎる感じがあった。
そこで、(柔らかい感触の)スポルディングのアイアンのSシャフトのものを探していた所に、このプロフォージドー1があったという訳。

ただ、スポルディングのアイアンというものは、パーシモンの時代は「ウッドはマグレガー、アイアンはスポルディング」と言われていたほどの評判の良いものだったけれど、最近のスポルディングに評判の良いアイアンはない。
赤トップ、黒トップの時代には一世を風靡した「感触の良さ」、その名残はいつまで残っていたのか...あの「グレグ・ノーマン」グラインド辺りまで、その良さは残っていたのだろうか..

と、いうわけで...この「落とした」プロフォージドー1は、シャフトがSー300だったので、黒トップと交互に使うつもりなのだが...スポルディングの「良い鉄」の時代のアイアンなのか、ダメになってしまってからのアイアンなのか...凄く微妙。
もし柔らかい感触の鉄だったらどんどん使ってみたいが、硬かったらアウト。
練習場で一回打ってみたが、なんとなく柔らかそう...しかし、グリップがガチガチに固まった古いコード入りグリップだったため、グリップを柔らかいグリップに交換してみなければ本当の感触は判らなそう。

3番からサンドまでで、ロフトも少し寝ていて、今のアイアンより1番手くらいは飛ばないだろう。
ライ角はフラットではなく、使えそうな感じ。
グリップは全部交換してみたので、次のラウンドで打ってみたい。

しかし、安いからと手を出して、またアイアンが増えて行く...困ったもんだなあ。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


こんばんわ (=^・・^=)
 ゴルフ場へ 持って行けるのは 14本ですょ
 S300が 振れるのが羨ましい
 私の所に来た トツプフライは
 カーボンなのに  S400より手強い気がする
ウイルソンで 価格がお手頃で面白そな
 アイアンが・・・ ヤフオクに
Posted by:選ばれし物 at 2010年12月23日(木) 18:09

選ばれし物さん、こんばんは。
毎回違うクラシックなアイアンを使うのが楽しみで(笑)。
ダイナパワーは65年もの(多分復刻版)を持っていますが、顔はスポルディングの方が好きなので。
Posted by:大叩き男 at 2010年12月23日(木) 22:45 」

|

« 祈り...  (2010年12月22日) | トップページ | クリスマス・イブ   (2010年12月24日) »

道具で上手くなれるなら」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1457285/38519535

この記事へのトラックバック一覧です: スポルディングのアイアン   (2010年12月23日):

« 祈り...  (2010年12月22日) | トップページ | クリスマス・イブ   (2010年12月24日) »