« 天下の暴論...20  (2010年12月25日) | トップページ | この続きは...  (2010年12月28日) »

2011年1月18日 (火)

トップで右肘を...  (2010年12月27日)

Bu101227


「トップで右肘を身体から離している上手いゴルファーはいない」...ジーン・サラゼン。

今では古い化石のように思われている、聞き飽きたような名言だ。
「だって、ニクラウスのように明らかにトップで右肘が浮いていても、あれだけの実績を残したゴルファーがいるじゃないか。」
「今では、右肘は身体の前傾の角度と平行で良いと言われている。」
なんて反論が出るだろう。
確かに、ちょっと前までは右手は「出前持ちのように」なんてよく言われたけれど、今ではそんな事言う人もいない。

なぜそうなったかを考えてみると、この名言はパーシモンヘッドのドライバーの時代のもの。
...右肘を身体につけたトップだと、ダウンからインパクトにかけて手首のコックを使いやすい。
するとインパクトでヘッドスピードが上がり、かつインサイドから振りやすいので掴まったボールが打てる...つまりパーシモンで掴まった強いボールを打つには、最適の方法だった。
しかし、ヘッドが倍以上大きく、またシャフトの長さも長くなった今のチタンヘッドの時代には、このようにコックを使ってヘッドスピードを上げようとすれば、慣性モーメントが大き過ぎてインパクトゾーンでヘッドが素直にターンせずに、逆に球筋が乱れてしまう結果となりやすい。
今のドライバーに適したスイングは、コックを使わずに出来るだけ素直にインパクトゾーンを通過させる...ヘッドの無駄な挙動をさせずに振り切る事と言われている。

勿論フライングエルボーが良い訳ではなく、右肘を暴れさせればスイングプレーンから大きく外れて、とんでもないボールが出てしまう。
しかし、右肘を身体につけないで少しくらい離れたほうがスムーズなスイングになるというわけだ。

ただ、今の大型ヘッドのドライバーを使っている方々、何時も良い球が打てているだろうか?
ちゃんと飛びも方向も、満足しているだろうか?

もし、「ボールが掴まらない」「振り切れない」なんて思っている人がいたら、騙されたと思ってこの名言のように右肘を身体につけたトップを作ってみよう。
(右の脇にハンカチを挟んでスイングしてみると良い)
右肘が身体から離れないような意識でスイング出来ると、意外にボールが掴まるのにビックリするだろう...スイングプレーンが小さくなったような気がするだろうけれど、左手を伸ばしていればスイングプレーンは変わらない。
スライサーはフックが打てるかもしれない...右肘が身体についたトップからだと、インサイドから振りやすくなるのだ。
飛距離が出るかもしれない...右肘を身体につけたトップからだと、タメが作りやすくなってヘッドスピードが上がるのだ。

これは、アイアンでも言える。
「ボールが掴まらない」という時には、まず意識してスイング中右肘を身体につけておくようなイメージで振ると、ボールが掴まるはずだ(特にロング、ミドルアイアン)。
ただし、左に行きやすくはなるけれど。

ポイントは右肘を身体につけても、左手は伸ばしておいて曲げない事。

確かに、化石のようなパーシモン時代の名言だけど、その理由を考えれば今の時代のスイングにだって、ケースによっては生かせる所はある、という話。


ーーーーーーーーーーーーーーーーー

「こんばんは。左側の絵(左ひじが曲がりフライング・エルボー)は、自分のスイングの絵かと思いました...現在修正しようと努力中です。
Posted by:NOB at 2010年12月27日(月) 23:01

NOBさん、こんにちは。
肘が離れ過ぎた「大」フライングエルボーは、飛距離も正確性も無くしますから、治した方がいいですねえ。
でも、ある程度のオーバースイングは、治そうとするとスイングリズムが狂う事が多いので気をつけましょう。
プロのような奇麗なトップを、なんて思うとゴルフが苦しくなりますから..
Posted by:大叩き男 at 2010年12月28日(火) 11:53 」

|

« 天下の暴論...20  (2010年12月25日) | トップページ | この続きは...  (2010年12月28日) »

ゴルフ名言かってに解釈」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1457285/38519802

この記事へのトラックバック一覧です: トップで右肘を...  (2010年12月27日):

« 天下の暴論...20  (2010年12月25日) | トップページ | この続きは...  (2010年12月28日) »