« スポルディングのアイアン   (2010年12月23日) | トップページ | 天下の暴論...20  (2010年12月25日) »

2011年1月18日 (火)

クリスマス・イブ   (2010年12月24日)

Bu101224_2


別にクリスチャンでもないし、かといって仏教徒でもないし...

あえて言えば、自分が畏怖を感じる全てのものに神がいる、とでも言うのが自分の「宗教心」か。
海でも、山でも、大木でも、川でも滝でも、古い人工物にでさえ、何かしらの精霊が住む(住んでいて欲しい)という...俗に言うアニミズム、九十九神、八百万の神々、精霊信仰、そんなものが近いかもしれない...それにしたって、日常的に信じている訳じゃあないんだが。

基本無宗教の自分は、色々な宗教行事には出来心で参加したりしなかったり。

...今日はクリスマス・イブ。
子供が小さい時にはサンタクロースになったりしたが、基本キリスト教の祭りは自分に関係ない。
ただ、クリスマス・イブと言うと、子供の頃に読んだディケンズの小説「クリスマス・キャロル」がずっと記憶に残っていて、ある種特別な日の意識がある。
今読み直せば、キリスト教的な道徳訓話の部分が鼻につくけれど、自分の印象に残ったのは「再生」「やり直しのチャンス」「後悔している過去の浄化のチャンス」とでも言えるところ。

「許される」という部分。

本当に俗物であると自覚する自分は、一年経てば悔いの残る事を何と沢山仕出かしている事か...
煩悩の数は百や二百で収まらず、顧みれば大汗をかくほどの失敗は数知れず、謝っても謝りきれない事ばかり...
何処の神様でもいいから、許されたいのだ。
やり直しが出来るなら、スクルージのようにやり直したい事が多いのだ。

クリスマス・イブだから...
どうか神様、仏様、ゴルフの女神様、俺を許して、俺にもほんの少しだけプレ...

|

« スポルディングのアイアン   (2010年12月23日) | トップページ | 天下の暴論...20  (2010年12月25日) »

間話休題(閑じゃない)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1457285/38519542

この記事へのトラックバック一覧です: クリスマス・イブ   (2010年12月24日):

« スポルディングのアイアン   (2010年12月23日) | トップページ | 天下の暴論...20  (2010年12月25日) »